◆ 算命学

鑑定を受けて「?」という人は伸びしろが無限『ここにあなたの井戸がありますよ』の話

私は鑑定で何をしているかというと、その方に あなたの敷地にはここ!ここを掘れば井戸が湧いてきますよ。 またそっちを掘れば金塊が埋まっていますよ。 というのをお知らせしているのです。
◆ 算命学

普通命式を見ると感動する、の巻

普通命式の人をたまーに鑑定で見ると おお~!なんてこの世的で生きやすそうな命式なんだ、すごい! こんな現世カラー濃い命式だと社会に馴染みやすいよなあ。 と凄い新鮮さを感じるのです。
◆ 私について

迷った時は基本に立ち返る。あなたの基本は何でしょう?

私が戻ってくるのはいつもここ。必ずここ。
世界を旅する

東京2週間に詰め込めるだけ詰め込み・・・すぎか

春に東京に帰れたらしたいこと、行きたいところが沢山あります。こんな感じ。
◆ 私について

私が出会った天使の話(3)私の中にほわんとした光のように生き続ける言葉をくれた人

誰かにとってはあまりにも当たり前のことが、他の人にはとって衝撃的で助けになることってことは結構ありますよね。 私にとっては衝撃的で助けになったけれど、皆様には当たり前のことかもしれない。でも私にとってと同じように助けになる人もいるかも知れないので書いてみますね。
音楽

東京でのチケットを取りましたぞ

来年4月、東京でのコンサートのチケットはもうお取りになられましたか? 私は取りましたよ♪ 初の文化会館、素敵なホールなようで楽しみです。
◆ 算命学

結婚に関して難しい宿命ってある。果たしてその意味は。

結婚に関して、ああこれはどう頑張っても難しいだろう・・・という命式ってあります。どう考えても難しい。 私がここでいうのは単に日干支が日座中殺ですね、とかその程度の話ではなく。そこが日座中殺だろうがなかろうが、 難しい条件がこれでもかと重なっている宿命の人。
◆ 算命学

『天中殺では天は味方してくれない』は本当なのか

苦しい中、私は自分の人生堪能して味わい尽くしてるな と思ったところから。
音楽

コンサート:シューベルトの交響曲『未完成』

今回、後半のプログラムがシューベルトの交響曲『未完成』。
◆ 私について

マリアナ海溝出身の私から見て標高の高さが眩し過ぎる人、『これだ!』を見つけた美術家maisさん(2)

この方にとっては当たり前の標高の高さが眩しくて眩しくてね。 とても羨ましいには違いないけれど、だからといってこういう恵まれた人を恨むとか妬むとか、この野郎!と思うことは全くない(笑)
◆ 私について

マリアナ海溝出身の私から見て標高の高さが眩し過ぎる人、『これだ!』を見つけた美術家maisさん(1)

私が今まで何度も書いてきている、人生で見つける自分だけの宝物『 これだ!』に出会う話と全く同じ経験をなさっている。表面に現れる形は異なれど。
◆ 私について

過酷な運気周りでの現象の出方の癖、私の場合

厳しい運気周りでの私の 運の出方の癖 に今回気付いた。 辛亥の月、ピークで苦しかった時頭痛で頭の血管切れるんちゃう?と本気で思ったのだけれど、結局そうはならずにこうして元気に記事を書けている。その代わりその次の日、天剋地冲まで...
◆ 私について

抜けた抜けた!やっと12月の始まり。

やっっっっと現世に復帰したー!! やっっっっと娑婆に出られた―という感じです。
◆ 算命学

干支・十干・十二支が重なると衝撃は大きい、そして身強の方がやはり持ちこたえやすい

12月の壬子に入るまでの期間で、最後から2番目の山場が昨日来ていました。昨日は丁亥の日だったので、日運も合わせると6重冲動、うち2つは天剋地冲という踏んだり蹴ったりな感じの暦だったのです。
ドイツ日常生活

社会生活を送るのに必要な読解力や学力、日本やドイツでは

ドイツでも同じような問題があると知ったのは実はごく最近。 コロナでワクチンを打つ・打たない、どこに行くのに何の書類が要る・要らない、ワクチン証明の書類がアプリに変わった時ダウンロードから記入まで説明を読んで理解しなくちゃいけない・・・ というのが出来ない人がめちゃくちゃ多いんですわこれが!という新聞記事を読んだのですよね。
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました