【 算命学を使った人生戦略作戦会議 】にご来訪ありがとうございます

***

古代中国では自然観察によって陰陽論、五行論が見出され、それらから編み出された暦学は

世界を、国を、そして人間を新たな視点から解析・理解し直す契機となりました。

その暦学をベースにした算命学という処世術、思想学のサイトです。


従って霊感商法、スピリチュアル、新興宗教、予言・呪詛の類とは一切無関係です。

ドイツ日常生活

ちょっと徒然に書かせてくださいよ・・

本日の記事はちょっと凹み気味です。 *** ああ、なんと大変!今気づきましたわ。この間のこの記事 最後にこんなこと書いたのをふと思い出しまして・・ いやいやいや...
◆ 算命学

日運の影響

普段私は日運なんて全然気にも留めていませんし、実際日運の影響ってとても僅かなものです。が、宿命に大きく影響を及ぼす大運、接運、年運などの条件で厳しいものが重なっている場合、ぎりっぎりの崖っぷちに辛うじてつま先で立っている状態・・・みたいなところに微風が吹いて『 あれ~・・・』とバランスを崩すようなイメージ。その微風が日運です。
◆ 算命学

粉々に輪がかかって定期的に謙虚になる時期

きっと己(おのれ)の無力さを目の当たりにして、自分以外の無数の大きな何かにこの世での存在自体を助けられていることを痛感すればいい、それを忘れんように謙虚になる時期が1年に1か月間くらいあった方がええやろ?ってことで私の宿命はこんな作りになっているのかも知れません。
◆ 重要

憑依体質の人は先に空っぽのバケツを自分で満たせばいい

ある意味自分の中に『 どうぞ居座って下さいな 』的な場所がある人、自分の中に空っぽのバケツがあると言ってもいい憑依体質の話。
◆ 算命学

ドイツの新連立内閣メンバーと身強

Ampelkoalition / 信号連立政権と言われる SPD=赤、FDP=黄色、Bündnis90/Grün=緑の3党から成るドイツの新連立政権内閣、メンバーが決まりました。 せっかくなので全員分命式を貼ってみましょう。 ...
お知らせ

予約フォーム、お問い合わせフォームの故障についてのお知らせ

手入れしてみたところ、PCからの書き込みはできるようになりました。 が、携帯からのフォームが壊れたまま・・・なんで?
◆ 重要

憑依って何だ?

憑依されやすい命式ってあるのです。 でもその憑依ってなぁ・・・私は霊感がないのでイマイチ具体的に分からなかったのですよね。
◆ 算命学

運格と人格と子丑天中殺

運格は人格を落とす、人格は運格を落とす、の話
◆ 算命学

食べ物で守護神を取り込む、五行のバランス調整をする

皆さんおはようございます。 私は相変わらず9時に寝て2時に起きてしまうというような変な睡眠リズムで生きておりまして、本日は朝の2時半からカレーを作りました!なので後はご飯を炊いてサラダ作るくらいでヨシ。 ♪ ...
◆ 算命学

天将星をおもう

天将星の激しさ、極端さ、強烈さ、大きさは群を抜いていてある種劇薬のようなもの。そんな劇薬だからこそ、それを使うべき何かがその人の人生にはあった。もしくはある。どうしてもそれでなければ乗り越えられない、成し遂げられない環境や目的なんかがあった。
◆ 重要

割と盲点:異次元との遭遇でものすごく重要なこと

『 自分が変われば相手も変わる 』のは最低限、相手も自分と同じ程度の誠意を持っている場合のみです。 こちらが頑張ってみても何も変わらない、苦しい関係が続く場合は、相手が自分の善意につけ込み自分をいいように食い物にしていないかを疑った方がいい。
◆ 算命学

自分と世界や次元が違う人との遭遇(2)宿命に害や半会・大半会を持つ人

この世では異次元不渡りの法がシステムに組み込まれていながらも、実は緩い。締めが甘いと言いますか、枠が緩いといいますか、例外がちょくちょく出て来る。これはきっと皆様もよくご存じでしょう。
◆ 算命学

自分と世界や次元が違う人との遭遇(1)

人生『 禍福は糾える縄の如し 』。今世内でもそう、でももっともっと長いスパンで自分の存在を考えた時もそう。ここでも陰陽がバランスを取りながら表になり裏になり、山に登り谷に下り進んで行く。
◆ 私について

人間って刺激が強すぎると思わないかい?(思わないよね・・)の話

海水浴に行って海からの照り返しが強すぎると目がものすごい疲れるとか、キャンプファイヤーで火から十分離れていないと熱すぎてこちら側の肌がチクチクするとか、例えて言うとそんな感じかな。
◆ 算命学

異次元不渡りの法を知り身を守る(2)

誰でも最初は『 楽して、手っ取り早く、誰よりも多くの果実を獲得したい♪ 』と怠惰が顔を覗かせます。分かります、私も悟りを開いた聖人君子ではないのでそういう部分がありました。
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました