ご来訪ありがとうございます

***

古代中国では自然観察によって陰陽論、五行論が見出され、それらから編み出された暦学は

世界を、国を、そして人間を新たな視点から解析・理解し直す契機となりました。

その暦学をベースにした算命学という処世術、思想学のサイトです。


従って霊感商法、スピリチュアル、新興宗教、予言・呪詛の類とは一切無関係です。

算命学

李舜臣はやはり。

韓国のドラマを観ていると、結構な頻度で 李舜臣 が出て来るんですよね。 例: あまりによく出て来るので、これはもしかして歴史上の有名人なのか?と思って名前を調べてみると 韓国では救国の英雄らしく、何...
私について

撒いてきた人生のハイライトの種

誰でも生まれる前に “ 人生で咲かせることができるハイライトの種 ” をいくつか撒いて来ていると思う。 それがない人はない。 分かりやすい例の一つが恋愛じゃないだろうか。 この時期にこの魂とこういう形で出会って...
私について

過去だけでなく未来の自分に助けられることもある

ずっと昔、中学生の頃。 学校生活がとにかく合わずに苦しく、家での生活は狂気じみた母の執拗な粘着と虐待でもっと苦しく あの逃げ場がなくて苦しくて堪らなかった時期。 ある日ベッドの縁に腰掛けて、心の重さに耐えがたく押し...
私について

その人にとってその時期にしかできない旬のことってある

なんと本日から学校が一部再開しています。 11月からの長~いロックダウンが少し緩められて、幼稚園と小学校は段階的に再開。 なので以前のように一気に元に戻るわけではなく、1クラスを2つに分けて月水金曜日の週と火木の週を交代...
映画

韓国歴史ドラマ『ミスターサンシャイン』軽めの感想

ここからの続き、軽めの感想と言いながらすごい長文 主役のイ・ビョンホンは癸巳(かも) 私はよく書いているように、現実にありうる残酷で悲しい、後を引く映画・ドラマは見ません。 精神的に大ダメージを受けて回復に...
映画

韓国歴史ドラマ『ミスターサンシャイン』から歴史的感想

この記事の続き: 最近見た韓国のドラマ『 ミスター サンシャイン 』 これは1875年江華島事件あたりから1904年の日韓議定書後あたりまでの歴史もの。 その歴史に登場人物たちの運命...
私について

かつての夢を今生きている

( 前回の記事の続きは次回にまわします。) かつて喉から手が出るほど切望した夢を、私はこの人生で、今実現しつつ生きているな とこの間お風呂に入りながらふと思った。 思ったというより、分かった。 ...
映画

日本と近隣諸国、私の原体験

私がいたクラシックギターの世界は、殆どが男性です。 女性で演奏家として活動しているのは全体の1桁%、ほんの僅か。 その男性陣も殆どが白人男性。 アジア人はごくたまにいるくらいで、圧倒的少数派。 南米の人もごく...
算命学

冬生まれの水性には戊が吉。

この辺りは今頃の季節になると川が増水します。 私は関西の特に大きな川もない地域の出身なので、始めは意味が分かっていませんでした。 これ、この時期になるとアルプス山脈の雪が溶けてどんどん川に流れ込ん...
算命学

『ザ・キング 永遠の君主』の主役が何もかも揃い過ぎてすごい

この韓国ドラマを観てるんですが (←『 愛の不時着 』ですっかり韓国モノへの抵抗が薄れた模様 ) 主役の人、もの凄い分かりやすいイケメンなのです。 どこからどう見ても整いすぎ。 で、...
ドイツ日常生活

コロナまだまだ長引きそうで芸術に餓(かつ)える

 鑑定受付再開しました。→ こちら ねぇ、この絵すっごくいいと思いませんか? Abram Efimovich Arkhipov というロシアの画家の、村娘たちが集まってお喋りしている作品。 ...
算命学

満を持して『愛の不時着』を観た

ようやく 愛の不時着 を観ました。 こういうの観るのって、ある程度元気じゃないとできないですよね? 2021年度も始まり、ようやく運気の気流が安定してきて私も元気になってきたので。 私の中で...
天剋地冲

カーペンターズのカレン・カーペンターさん、彼女も毒親の犠牲者だった

最近子供たちがシュレック2を観ていまして この中でカーペンターズのこの曲が流れるんですよ。 私はポピュラー音楽は一切聴かないのですが、彼女の声はハッとするほど気を惹かれるものがあります。 い...
毒親の生態

三柱異常干支仲間を3人発見(その2)Epoさん

この記事の続き。 もうお一方見つけた三柱異常干支仲間さんですが、Epoさんという日本の歌手。 私はこの方を存じ上げませんでしたが、この記事を読んであまりにも ああ、私と同じ経験をしてきた人がここにもいる...
私について

本当は全てが愛しい。・・・はず。

随分前の記事にも書いたことがありますが 私の勘が冴えたり、というよりもっとはっきり言うと あっち側の世界に通じる時 って 台所で北東46度に向いて作業してる時に多いです。 で、去年12月末あ...
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました