◆ 算命学

◆ 算命学

幸福の科学の大川隆法氏のご長男・宏洋さんと、全く同じ誕生日の霊媒師さんとの対談

この方は家系のドブさらいを逃げずに全力の体当たりで取り組んでらっしゃる方ですよ。すごいわ。
◆ あの世系の話

あの世に繋がったことのない人は天馳星を理解し辛いかも?という話

1度でもあの世と繋がったことがある人は、その経験というのはあまりにもこの世の常識では考えられないような異質且つ強烈にクリアなものなので絶対に忘れることはなく、従って天馳星の性質もめちゃくちゃよく分かるものです。
異常干支

『異常干支の人は払う税金が高いのです』とは

本日の神の一曲。 こんなのもう完全に『 聴く哲学書 』なんだよなあと思いながら何周も聴いています。一日中でも聴けてしまうほど好き。 さて。 最近また三柱異常干支の人を見つけました...
天中殺

天中殺で失ったお金はどうなったか、後日談

夫の年運天中殺や私の月運天中殺に ああ、なんという無駄な出費・・・でも天中殺の面倒が出たのが金銭面だけで良かったな などと思っていた部分。結構あったのですが例えばこれなど あれらの出費が今に...
◆ 算命学

エリザベス女王崩御とチャールズ新国王

女王も多分この世に生まれてくるのは今回が最終回という偉大な魂の方だったのだろうなと思います。どう考えても大変すぎる人生、逃げもせずスキャンダルもなく、多大なる神のご加護があったからこそ最後まで立派にお勤めになったのでしょうね。
◆ 算命学

一休さんが凄い

いや~変わってるねえ~!なにこの随分周りと違って変わった感じ!?一体どんな命式なんだろう? と思って見てみましたら
◆ 算命学

魂は経験を求める、そして倍速・スーパー倍速で進みたい魂もある。二度運、そして天報星。

人生途中で生き方が激変するようなパターンの人は、言ってみれば1つの人生で2つの人生を経験するようなもの。魂視点で見れば倍速です。
◆ 算命学

地球温暖化など環境の危機より人口激減の方が大きな問題なのか

現代病でも何でもなく、有史以来ずっと飽きもせず反省も改良もせずキープし続けてきた人類の毒。これが今の社会を作っているし、今の自然環境の原因でもあるんだよ。
◆ 算命学

2種類のインプットのバランスに注意する、相乗分類と一極二元論から

ふと湧いてくる考え、ふと閃くアイディア(同じか?)、直感、違和感 などと言ったものも実はインプットの一種なのかも知れないなと思っていたのです。
◆ 算命学

占いと気を付けた方がいい宗教、というか距離を置いた方がいい対象の目安

大きな甲殻類が何匹か顔にがっつりくっついていて、顔が見えない。でもそれは女性だけ、という様子が見えた話。
◆ 算命学

様々な解決法が存在することを認識しできないことをハッキリさせる、そして自分の専門分野は極める

目に見えない世界を扱う専門分野の境界線が曖昧になりがちなのは、自分の専門分野をよく分かっていないから。スポーツ専門家が枕を売り始める、みたいな頓珍漢さをよく見かけます。
◆ 算命学

第六旬を抜ける時に目の前で娘を失ったプーチンの右腕(頭脳)である側近

彼は年干支と日干支が律音なので、今までの10年間は天剋地冲が二重に重なっていました。 で、その天剋地冲で何が粉々にされていたかというと、まさに彼にとっての子供が粉々と出ています。
◆ 重要

宿命中殺、天剋地冲、異常干支持ちさんのこの世での役割

私たちのいる世界、物質面と非物質面、あまりに片方に比重が傾き過ぎるとバランスが崩れて存在自体を保つのが難しくなってくる。これは世界も人間も同じで、形や物質面さえ充実していれば精神や心なんて放っておいても勝手に豊かになって幸せに生きていけるんです♪なんてことにはならないように、
◆ 算命学

家系の因縁と生霊(1)また出て来た大型のドブ

これがもし本当であれば、その時無茶苦茶された大勢の人たちの怒り的なものを何とかするために、子々孫々たちがめっちゃ頑張って罪を償う的な、徳を積んでプラマイゼロに持って行かなくちゃいけない的な生き方必至となるわけですよ。
◆ 算命学

晩年期身強と宿命天剋地冲、66歳超高齢出産の女性から

本日は下の双子が誕生日パーティーに招かれて不在ですので家が静か~!素晴らしき哉静寂。 さてYoutubeお勧めで以下の動画があがっていました。 こんなニュースあったのですね、知らなかった。短くまとめると66歳で出...
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました