2020-12

ドイツ日常生活

今年も1年ありがとうございました

Twitterみて気付いたのですが、日本はもう新年を迎えたのですね! こちらはまだあと7時間くらいあります。 2020年も沢山の方々とご縁を頂き、鑑定させて頂き、暖かいメッセージも頂きまして 本当にありがと...
私について

三途の川、外国では

昨日の記事、書きかけのこと少しだけ続きを。 臨死体験についての大分前の記事に面白いことが書いてありました。 各国の医師や研究者の報告によると、臨死体験は各文化の影響をやはり強く受けており ...
算命学

算命学で生死について100%分かることはない

私は算命学で人の生死を完全に読むことはできないと思っています。 算命学の看板を掲げて鑑定なさっている方で、死期が分かる人もきっといらしゃるでしょう。 もし仮に100発100中で読めたとして、そういう方は算命学以外の別の能...
世界を旅する

この時期に思い出す風景

台の天辺に飾られた立派なマグロの頭とか、路上で売っているのにすごく新鮮でおいしそうな刺身用の塊とか 実際は寒いのにあちこちにぶら下がる黄色いランプで何となく雰囲気は暖かく あれもこれも美味しそうで、魅力的で、ものすごくワクワクしたのを覚えています。
異常干支

私の天報星の使命

昨日書いた天報星の性質。 複数の異なる世界に通じることが出来るので、それらの世界の橋渡しができるという部分。 現実的には 自分はあくまで中立の立場で、対立する2国間の間に入って仲を取り持つとか 結婚相談所で男...
算命学

リリー・ウォシャウスキーさんの今世での使命を天報星を絡めて考えた

ウォシャウスキー姉妹のこのドラマの中で ほんの一瞬なのですが、あの世とこの世の両方に存在する人たちというのが出て来ます。 私たちはあの世とこの世のちょうど境目に存在していて、両方に存在しているし両方分かる。 ...
ドイツ日常生活

ドイツのスーパーマーケットEDEKAのクリスマスCMがとてもいい

皆さま、メリークリスマス! 日本ではイブがメインという感じですが、本格的キリスト教国では本日が本番(?) ということで本日は私はクリスマスケーキを作りました。 本当はもっと見た目凝ったケーキ...
ドイツ日常生活

ドイツでクリスマスに最も食されるものNo.1~5

ドイツでクリスマスに最もよく食べられるもの( お菓子類ではなく食事 )ナンバー1から5までが発表されていたので ご紹介しましょう。 ◆ ナンバー5: フォンデュー 色んなものを溶かしたチーズにつけて...
異常干支

2020年12月23日生まれの特殊命式

庚子・戊子・庚子という律音ありの天極星3つという超身弱で変わった命式。 おそらく霊感が強い、感性がクリアに澄み渡る、月も星もハッキリ見える冬の夜の空気みたいな人。
映画

ウォシャウスキー姉妹のものすごいドラマを観ている

私はマトリックスがすごい好きで今まで何度も観たのですが Netflixにウォシャウスキー姉妹( マトリックスの時は兄弟だった )作のドラマがあるのですよ。 センス8というのですが こ...
天中殺

日干支律音同士のご結婚

外に出る時、人に会う時はマスク必須!というのがすっかり身についてしまって ZOOM鑑定の時にまでつい『 マスクしなきゃ!』と思い、その後不要だとハッと気づくことを繰り返しております。 ところでご結...
絵画

無名でも美術館になくとも素晴らしい絵画はある

私はブログにもよく載せているように絵が好きです。 自分では描きませんが、観るのがです。 とは言っても、何でも好き嫌いがパカッと分かれる調舒星が代表星のわたくし 印象派 → 表現派 → 分離派 といった1900年前後...
ドイツ日常生活

風が合うからこの国の宝を感じることが出来る

『 水が合う 』という表現が日本語にはありますよね。 その土地に自分が馴染んで生活していきやすいかどうか。 私の場合は水よりも 風 だ!と最近気づきました。 夏が終わって秋に入り始める頃から初夏あたりまで、お天気の...
天剋地冲

『仕事とは、楽しくて、大好きなものでなければいけない。』

最近織田無道さんがお亡くなりというニュースがありましたよね。 ああ、あの霊能者僧侶の? と、日本のテレビや芸能人に疎い私でもおぼろげに思い出しました。 まずは心からご冥福をお祈りいたします。 で、霊能者ってこ...
算命学

Facebookザッカーバーグ氏の現在

最近FacebookのCEO、ザッカーバーグ氏が良くニュースに出て来るじゃないですか? 私は興味がないのでその内容は全く追っていないのですが、やたら彼の名前が出て来るので何となく命式を見てみました。 彼は...
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました