◆ あの世系の話

◆ あの世系の話◆ あの世系の話
◆ あの世系の話

念の強さと持っているエネルギーの大きさ、エネルギーの使い道を意識しよう

思いって目に見えないだけで距離も時間も関係なく届くものです。 ただその強弱はある。
◆ あの世系の話

死に対する感覚の違い、次男が泣いて(私が)反省した話

この間子供たちと外を歩いている時に、次男が お母さんが80歳とか90歳とかもっと年取ったらナンタラ~ という話をしたので・・
◆ あの世系の話

偶然見つけた、私にしては大変珍しいスピ系お勧めサイト

この世の言葉に直すのが結構難しい内容を、よくぞここまで要点は落とさず、でも無駄はなく、ストレートに分かりやすくスッキリまとめられるものだなあ・・と感心しています。普通だと『えっ、そう??』というようなこともスパッと言い切ってらっしゃるのもすごく良い。本当によく分かってないとこれは書けないよ。
◆ あの世系の話

自●をした人はその最後の行為を死後延々繰り返さなくちゃいけないのか、それは天罰なのか

あの世の人もこの世の人も、体があるかないかだけの違いで本質は同じ。
◆ あの世系の話

皆前世の影響を受けて今世を生きている

どんな人も前世の影響を今世では受けて生まれてきています。というより前世の経験から、今世をどんな感じにするか自分で決めている部分が大いにあるのです。
◆ あの世系の話

この世で徳を積むということとお金、そして遺産相続

誰かが亡くなって相続問題が出る時。多いですよね~相続で揉めるファミリー。こういう時にこそ各々の本性が笑っちゃうほどあからさまになっちゃう相続問題。
◆ あの世系の話

あの世に帰ってから可哀想な人にならないために。まとめ&超重要。

こんな重要な情報を、私は何故無料公開しているのだろうか。 でもこれも徳積みと思えばいとをかし、ね。
◆ あの世系の話

あの世に帰ってから可哀想な人、可哀想の内容第三弾

魂の高潔さや下劣さみたいなのは確かにあるからまあ完全には間違ってはいないものの、もっと正確には気の合うもの同士としかつるめない、つまりどう頑張っても自分と同レベルの魂と固まっちゃうので、こういうピラミッドの段階というよりはあちこちに分布するという感じなのです。
◆ あの世系の話

あの世に帰ってから可哀想な人、可哀想の内容第二弾

まあそういうわけで、我が父は人の目ばかり気にして体裁は必死に取り繕うが中身は・・?という人生を終え、あの世で丸裸にされてたいそう居心地が悪かろう。でもま、したことは全部自分に返ってくるってことで ...
◆ あの世系の話

あの世に帰ってから可哀想な人、可哀想の内容第一弾

死んであの世に行くということは、自分の存在形態が変わるということ。体から抜けて、時間と空間のある世界からも抜け出して、自分は本質だけになる。そして本質だけになった自分が別のステージに移動して、そこのシステムに合わせてまた自分を続けるということなのです。
◆ あの世系の話

幽霊は滑る、父の場合

この記事にちょっと関連して そういえば思い出したことがまたあります。 上記の記事に関連してといいますか、父の死に関して。 人は亡くなる時に近しい人の枕元に立つと言いますよね。...
◆ あの世系の話

期間限定で縁のある人

自分の人生が次のステップに移る時、誰かとの縁が切れてしまっても別に悲しむ必要はないんですよ。
◆ あの世系の話

人間として生まれてくる最終段階人生も、そこに向かう道中である現在の人生の意味も知っている

ここのお部屋に泊まりたい!モン・サン・ミシェルがバルコンから見えるなんて、何と贅沢なのでしょう。 Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram ...
◆ あの世系の話

あの世に繋がったことのない人は天馳星を理解し辛いかも?という話

1度でもあの世と繋がったことがある人は、その経験というのはあまりにもこの世の常識では考えられないような異質且つ強烈にクリアなものなので絶対に忘れることはなく、従って天馳星の性質もめちゃくちゃよく分かるものです。
◆ あの世系の話

あの世のことをこの世語で翻訳すること

私が持っている記憶とか知識、経験なんて本当にちょっとだけしかないのです。そのちょーっとだけのことを、何も知らない一般の人にこの世語で説明しようとするとものすごい分量になってしまう。
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました