【 広告 】

『 典子は今 』の白井のり子さん

 

何となく書き始めて何となくシリーズ記事のようになっている

宿命の天干や地支に同じものが重なる人シリーズ、第4弾。

その1

今月生まれの人で “ 刺激的な人生を送りそうな命式 ”上位3種
この記事は 宿命の天干や地支に同じものが重なる人シリーズ、その1 になります。 先ほど万年暦を見ておりまして 今現在、2022年1月の暦は月干支も年干支も辛丑なのでこうなります。 ...

その2

宿命に天干や地支が重なる人、ジョン・レジェンドさん
昨日の記事にも出て来た、天干や地支に同じものが重なる命式。それも律音=同じ干支が2つ以上。 そして天剋地冲が2つ。

その3

宿命の天干や地支に同じものが重なる人シリーズ、その3
宿命の天干や地支に同じものが重なる人シリーズ、その3です。 その1 その2 その4 その5 この間チラッと見かけたこのニュース。 チェスキーは18日「 今日から...

その5

宿命の天干や地支に同じものが重なる人シリーズ、その5:一気生成格
このシリーズは宿命内に同じ十干や十二支が重なると後天運との関係で運気の波が大きくなりますよ、という話からスタートしたのでした。そしてその重なりが2より3つの方が大きいですし、上下バラバラより同じ干支が重なる方がやっぱり影響を大きく受ける。

 

これらはもともとシリーズ化するつもりは全くなかったお話なのですが、最近調べる人調べる人天干一気格(天干に同じ十干が3つ出る)や地支一気格の人ばかりで、何となくそちらに気が行って書き始めたものです。

最近では息子の担任の先生が辛(かのと)の天干一気格だと分かりました(笑

こういう時は同じ特徴の命式の人が鑑定にいらっしゃるんだよなあ、なんて書こうと思っていた矢先にやはりそういう方からの鑑定依頼が入りましたね。

 

そうそう、それはともかく。

皆様『 典子は今 』という映画ご存知ですか?大昔の映画ですが、私は小学生の頃その本を読んだか映画を観たか・・・両方かも知れませんが、知っています。主人公の典子さんは両腕が生まれつきなく、腕が無いのに一人で泳いでらっしゃるのを見てすごいなあ!と感心したのを覚えています。

 

 

などというのを昨日思い出し、何となく検索してみましたらば

白井 のり子(1962127日、旧姓名:辻典子)は熊本県熊本市出身の熊本市役所に勤務していたサリドマイド胎芽病児である。

 

なるほど、サリドマイドが原因だったのか・・・小学校でこの話を見た時はそこまで分からなかったわ、などと思い。

もちろんついでに命式を見てみるわけです。

 

 

またしても地支一気格=十二大従星が3つとも同じ人!(そういう人はなかなかいません)

 

それにしてもこの『 まるで今月=2022年1月に生まれました 』的な既視感ありありの命式、これは本当に今月生まれの人にもいるんじゃない?と思って見てみましたらば、既にちょっと前の記事に掲載していました

今月生まれの人で “ 刺激的な人生を送りそうな命式 ”上位3種
この記事は 宿命の天干や地支に同じものが重なる人シリーズ、その1 になります。 先ほど万年暦を見ておりまして 今現在、2022年1月の暦は月干支も年干支も辛丑なのでこうなります。 ...

 

で、同じ天堂星3つの人の欄にまずは書き込んでおこうと思ってこのページを見てみたところ

十二大従星 (十二運勢)が3つとも同じ人一覧
十二大従星が3つとも同じ人 ( 一般人除く ) を一覧にしてみたのです

 

金賢姫( 大韓航空機爆破事件犯人 )さんと同じ生年月日。

 

とここまできたらあれもこれも詳しく調べたくなるのですが、今から子供を迎えに行かなければいけないので本日は尻切れトンボで終わります。ごめんね~

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました