【 広告 】

アバンティーズ エイジ氏の律音 ( りっちん )

 

【悲報】 アバンティーズ・エイジ死亡時にそばにいたユーチューバーが激白 「 自分の力では水から出してやれなかった 」

 

私はこの方存じ上げないのですが、最近ニュースになっていたので何となく命式を見てみました。

 

まずは心よりお悔やみ申し上げます。

 

 

この方、こんな感じで律音 ( りっちん ) が重なっている時期だったのですね。

曲者の律音(りっちん)その1 以降のシリーズ記事でも書きましたが

曲者の律音(りっちん)その1
最近どうも気にかかっていること、それが  律音(りっちん) これまた 書かなくちゃ!という気が強くしているので、律音情報が必要な人がこの後鑑定を依頼してこられるのだと思います。 毎度このパターン さて、今年は 戊戌 とい...

 

律音の時期は運気が背中を押してくれる。

なので普段の自分を遥かに上回る現実的成果が得られたりします。

波打ち際にいて波が来る時、海を背に立っている自分は力を抜いていても波の力で前へ強く押し出されます。

それが律音の時期。

ただ、律音が終わって波が引いていく時は?

波が浅くとも、引き潮に攫われそうになったりしますよね。

まさにあのイメージです ( 分かりにくければ上の律音シリーズ記事をご覧ください )

で、先ほどお亡くなりになったという日の暦を見て驚いたのが

日運まで戊戌で月柱律音だったのです。

そして今現在ちょうど2019年立春から庚子の日柱律音であった大運が切り替わる時期でした。

つまり

  • 大運の律音
  • 年運の律音
  • 日運の律音

という 3重の波が一気に重なって引き潮になって行っている運気 だった。

 

これ、律音パワーの運気の後押しが強ければ強いほど、律音が終わる時期の引き潮も強く、そして終わってからの落ち込みが激しいです。

運気のレベルゼロポイントが4になってまたゼロに戻る

みたいな単純な話ではなく

 

ゼロポイントが、律音より後の運気を前借して4になって、その後マイナス2がしばらく続く

 

といったイメージでしょうか。

数値はイメージのため適当に書いています、人によって違うので

 

これで年運で日柱律音一つくらいならまぁ何とかなりますが

この場合のように律音が何重にも重なったり

その後に天中殺や天剋地冲などが控えていたりすると運気の変動が大きすぎてものすごい打撃を受けたりします。

 

打撃だけで済めばいいですが、今回のように人生が終わることもある。

なので律音だからといって わーいわーいラッキーラッキー 爆笑 音譜 と言ってられないのですよね。

 

かく言う私自身が律音の年の次の年から天中殺で本当に大変な時期を過ごし

正直思い出すだけで病気になりそうなくらい酷かったので身をもってよく分かるのです。

私の場合は命式内に既に律音があって、そこに更に後天運の律音が重なるパターンなので、これもちょっと特殊です

 

なので

律音の追い風現象はありがたいし大いに波に乗ればいいのですが、引き際には注意するにこしたことはない。

 

ただ、今回のように人生が終わってしまう場合。

これはもう あの時こうしていれば と言ったように注意して云々ではないのだろうと思います。

 

昨日の記事でも書きましたが、人生で発生する、その後の人生を大きく変えてしまうようなとても大きな出来事というのは

始めから織り込み済みで、特に人生の終わりといった最も重要な出来事は

  • あの時頑張ったから・頑張らなかったから
  • 注意したから・しなかったから 云々

ではないと私は考えています。

 

まだお若くしてお亡くなりになりファンの方々にも大変残念なことでしたが

ご本人はもちろん周りの誰かがこうしていたら・・・といった責任の話ではない、と私は考えています。

今一度、心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >みーさん
    ファンの方なのですね、かなりの人気だったようですね。
    お役に立てていれば嬉しいです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    私はアバンティーズの一視聴者で、大好きでした。私が知るYouTuberの中でエイジさんが一番好きで、エイジみたいな人見つけて結婚するんだ!と周りにも言うほどでした。
    画面越しですが、とても尊敬する存在でした。人間としての魅力に溢れ、才能をとても感じていましたし、そう考えていた人が大勢いると思います。同い年ということもあって、自分の未来を期待するのと同じくエイジさんのこれからがとっても楽しみだったのです。
    訃報を耳にして、とてもとても悲しく残念でならず、色々なことをここ毎日考えていました。
    そんな中、佳代さんが今回取りあげていたことに本当に嬉しく思いました。
    死について考えている中だったのですが、律音の背景もあったのか…と、とても奥深く、驚きました。
    言葉選びが正しくなかったら申し訳ありません。
    これを伝えたい!!と勝手ながらコメントさせていただきました。
    いつも楽しく拝見しております。これからのブログも楽しみにしています^ ^

タイトルとURLをコピーしました