【 広告 】

精神疾患の特徴と算命学的特徴が重なる時

 

昨日見つけた みんなの医学チャンネルが精神疾患系などとても分かりやすくスッキリまとめてあるのでちょこちょこ見ています。

 

見ていて思うのは、ADHDや毒親育ち系などの特徴として挙げられるものに、算命学でも出て来る星の特徴が重なることが結構あるなということ。

例えばアスペルガーの人に見られる特徴の一つとして

言葉で伝える時の表現が独特

というのがありました(もしかしてアスペルガーじゃなかったかも、色々見たので頭の中で混ざっています)

これって三大奇星の調舒星の説明と同じです。

またADHDの説明だったかな?

思いついた瞬間にそっちの方へ行ってしまう、それを始めてしまう

興味あることにはものすごい集中力でのめり込む、それ以外は無理

みたいな説明も、これ天馳星だなあなどと思いながら観ていました。

(いい悪いの話ではありません。動画でも『 こういう特徴がある、だからダメだ 』なんていわれていませんのでね。ただそういう特徴がみられますよ、という話です。)

 

毒親育ちだから苦しいと分かっている人は最近では増えて来たと思います。

でも未だに『 めちゃくちゃ苦しいけど何が原因か分からない、でもどうにかしないと身が持たない 』という人も多いでしょう。そんな時にその人およびその人の人生を対象に、様々な面から分析し突破口を見つけることができます。

このYoutubeの先生であれば精神医学的観点から。

私であれば陰陽五行の観点から算命学で解析してその人の性質や親子関係などを見ることができる。

全く別の路線としてはヒプノセラピーで過去の記憶を探ったり

霊能系であれば誰々の念がナントカで成仏させた方がとか

色々見方がありますよね。

そのうちのどれか一つで解決に至った、楽になったからといってそれ以外の方法が嘘だったり駄目なわけではない。人によって解決に繋がる糸口はバラバラです。どれが正しいかよりも、どれと縁があるのかの話なのでしょうね。

 

この動画の最後の方に、毒親育ちがメンタルを健康に保つためのコツがまとめられています。

こんな感じ。

 

私は精神科医でも心理カウンセラーでもありませんが自らの長い解毒経験から同じことをここで書いてきました。

『 幼少期の辛かった体験を吐き出す 』はまさに私の言うドブさらい。

機能不全家族のドブさらいと6種類の天中殺(1)
他家のドブさらいの邪魔はしちゃいけないし ドブさらいをやってる方は、事情を知らない人の戯言を真に受けてドブさらいを中断しちゃダメです。

 

そして『 理想の自分に捉われない 』に関しては偏った個性的な命式、浮世離れした命式などの人に鑑定でよく申し上げるのですが

世間一般が良しとする理想形に自分を無理に合わせようとしない。

動画で言う『 理想の自分 』というのはほぼ100%の確率で毒親が思い描く理想の息子・娘像。そして毒親は周りに賞賛され認められることに渇望しているので、毒親の理想は自然と『 世間一般が良しとする理想 』となります。

理想の自分=毒親が思い描く理想の息子・娘像=世間一般が良しとする理想。

なので私が言っていることと同じなのですよね。

 

精神科の観点から見て辿り着くところと、算命学や私の経験から見て辿り着くところは結局大変シンプルで全く同じ。

ただしシンプルだからと言ってその道中が楽だというわけではありません。どうしても時間もエネルギーも必要となる。

まず元凶である親から離れる。この段階でチャレンジャー海溝まで引きずり降ろされた状態です。そのチャレンジャー海溝から水面まで浮上するのには時間がかかる。潜水でも一気に浮上したら肺が破裂するとか?あれと同じです。早く早くと急ぎたいのは分かるけれどどうしても時間がかかる。

でもそれでいい。

算命学の観点では人間も自然、そして宇宙の事象の一つ。そして自然の変化には必ず時間がかかるものです。

ゆっくりでも進んでいればいい。大丈夫、水面に出られる時は必ず来ます。

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 

 

水面に顔を出した時の風景がこれだったならば。

Bretagne, France

 

鑑定ご予約はこちら

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました