【 広告 】

世に出ているノウハウ、その有効性、利用する人の背景など

 

「 こうすればああなります 」系のノウハウ。本や講義、動画などたくさんありますよね。

あれ。

万人に平等に有効なものももちろんあります。◎◎という銀行に△△円預けると今なら利子はこれくらい、とか。物理的に条件全部揃えれば結果は同じになるようなもの。

でも精神的なもの、気力、内面が関わるものに関してはそうじゃない。

何故かというとああいうノウハウというのは、基本全て『 健常家庭育ち(非毒親育ち、非機能不全家族育ち)』を大前提としているからです。

なのであれを猛毒親育ち、ほぼ中身ぶっ壊れた家庭で育った人が見ても参考にならないことが多い。

 

何故なら、前提となる背景がこれくらい違うから。

( 図が携帯で見辛かったらごめんなさいね )

 

水中深くに沈められて息も出来ないようなところにいるんですか?それとも紆余曲折ありつつもちゃんと生まれた時から空気を吸わせてもらいながら生きて来たんですか?で大変な違いが出ますよね。

なので今現在のあなたはどれくらいのところにいるんですか?によって、そのノウハウを使えるか使えないかがものすごく変わってくる。

 

目に見える物質世界というのは、目に見えない世界で起こっている本質のヒントなのです。

たとえば東南アジアの貧しい国では、親が五体満足に生まれた子供の四肢を切断してわざと不具にする。それを見世物にして周りの同情を買い、お金を得て生き延びるというようなことがあると聞いたことがあります。その子が大人になった時、ある程度の生活水準も愛情もある状態で育ってきた健康体向けの筋トレノウハウ本がダイレクトにその人の役に立つかい?と考えたら分かりやすいかな。目に見えない家庭内虐待(本当は犯罪)を経て生きてきた人もそれと全く同じなんだよね。

 

でもこの世界は健常家庭育ちがスタンダードで出来ている世界。

どれだけ家庭内で犯罪級の虐待が行われ続けても、被害者が死なない限り単なる内輪もめでしょ?とスルーされる。

今ロシアの侵略戦争で現地の女性たちが性的暴行を受けて『 ひどい!』というニュースが流れて来る。もちろん許してはいけない行為なのだけれど、これがいざ国内の家庭内で起こった話となるといきなり、それがたとえ20年ずっと続いていたとしても『 まあでも親だって完璧じゃないんだし 』『 あなた(子側)にも悪いところがあったのでしょう 』など弱いものの口封じに一気に流れが変わる。そしてなかったことにされる。内輪の問題を外に出してくるな、面倒臭い!とばかりに臭いものには蓋をして、被害者にも蓋をして、世界は今日も綺麗に平常運転、幸せだよね♪に持っていかれる。

 

そんな世界で持て囃されるノウハウは毒親育ちに向けては書かれていないので、すぐには使えないなと思うことが多いのです。

自分の存在や歴史がなかったことにされる世界のノウハウなんて参考にならなくて当たり前、くらいに思っていて大丈夫。まずは時間をかけて空気が吸えるところまで浮上するのが先決。話はそれからだ、と。

 

これは私が一旦マリアナ海溝まで沈められて、その後本格的に解毒に向き合い、長い時間をかけて水面上まで解毒が進んだので分かること。1mmずつゆっくり浮上し、全ての段階を体験してきたから見えること。

 

 

などということを今朝、五宮同均について考えていた時思いました。

 

陽占のエネルギーが循環し続けるオールマイティーの人、五宮同均
あの襲われそうになっていた女児を暴漢から救い出し、懐からホットケーキを差し出し慰めたプロレスラー、O-カーン(オーカーン)さん!笑 彼が記事になっていたので読んでみたところ 大変面白かった ので皆様にもお勧めい...

 

五宮同均の人は天才と結婚するとか、配偶者が天才になる、などと言われます。

そりゃそうだよね、だって五宮同均の人自体がオールマイティーなのだから、相手もそれ相応でなければ釣り合いが取れない。

とここまで考えて

 

但し健常家庭育ちに限る!

 

という言葉がぽん!と内側に出てきたのです。

毒親に暴虐の限りを尽くされ、どこからも本当には愛されず成長してしまうと、人の愛への渇望が巨大になり過ぎる。愛に飢えすぎて、能力を伸ばしたりその能力を使って自らを豊かに幸せにする、人物を見極める・・・なんてところとは遥かに離れた位置に自分を置いてしまう。存在するだけで息も絶え絶え。相手がどんな人物であれチラッと気を向けて貰えれば、全てをぶん投げてでもそこに縋りついてしまうような。

 

算命学を勉強していると、やはり算命学も健常家庭育ちさんをスタンダードに全て書かれているなとよく思います。

もちろんそれでいい。

愛情深く育ってきたのですか?人として尊重され、最低限の礼節と敬意をもって家族に接してもらいながら成人しましたか?などはこの右側

の『 環境=自分で変えられる部分 』だから。それは命式からは見えない部分。算命学の担当は左側の宿命理解。

でもこの環境の部分が人生に及ぼす影響は大きく(約50%)、成長過程でどんな環境だったのですか?で命式の読み込みから現実への適用という過程が本当に全然変わって来る。

 

その辺を私はもっともっと深く掘っていきたいし、専門にしたいし、このサイトで書いて行きたいなと改めて思うのです。

 

応援ありがとうございます♪  

 

La Famille Indigente by Théophile Alexandre Steinlen

 

鑑定ご予約はこちら

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました