【 広告 】

宿命に半会と冲動のような大きな矛盾を併せ持つ場合

 

宿命に半会と冲動という矛盾する条件を持つ場合。

両者の意味としては大雑把なところ

半会:スピード感を持ってことが一気に進む、広がる、成就する

冲動:180度ひっくり返る、急にパッと離れる・やめる・終わる、分裂・分散する

くらいのイメージで大丈夫です。

 

これが両方宿命にあれば、人生の進み方がバッと拡大して仕上がったと思ったら崩れた、バラバラのゼロに戻ったかと思ったらまたすごい勢いで結果が拡大成就、みたいな感じになりがちです。階段を1歩1歩とんとんとん・・・とゆっくり昇ってる人の隣で10段抜かしで上がって行ったと思ったら9段くらい転がり落ちて来たけど?え、今の何?と思ってるうちにまた今度は12段一気に上がって行きはったわ・・・

みたいなこともあり得るのがこのタイプのイメージ( いつもそういうわけじゃないですけどね )

 

最近『 これやな!』と思った最適例が2件ありましてね。

Antisemitismus: Gil Ofarim bleibt bei seiner Darstellung – „Habe nicht gelogen“ - WELT
Der Sänger Gil Ofarim wurde nach eigenen Angaben in einem Leipziger Hotel antisemitisch angefeindet. Laut Medienberichten hat die Polizei Zweifel an seinen Schi...

 

このGil Ofarimさんはユダヤ系のドイツ人ミュージシャン。

 

10月に、ライプツィヒのホテルでユダヤ人差別をされた!と自撮り半泣き動画を投稿してそれが一気にドイツ全土に広がりました。彼の主張では『 ( 彼が着けていたユダヤ人の象徴ともいえるダビデの星=六芒星の )ペンダントを取らないと、ホテルで受付してやらないって言われた!』ということだったのです。

 

イメージ図:

 

『 そんな差別許せない!』とまあ思いますよね、私もその動画を見て思いましたよ。だって落ち込みっぷりとか半泣き具合が真に迫っていたからです。それに火がついてそのライプツィヒに突撃電話、突撃訪問する人も沢山出て来て大きなニュースになりました。

で、ホテル側も『 誠意調査いたします。そのようなことのないように気を付けているつもりですが、今後ますます気を引き締めて従業員の教育に努めてまいりたいと思います。』みたいなコメントを出し、警察も出て来て捜査されてみましたらば!

件のシーンが映った防犯カメラを見ると、彼はなんとそのダビデの星のネックレスをしていないじゃないか!ということが分かり『 なにええ加減なこと言うとんねん 』と今度はドイツ全土から総叩きの目に遭うことになります。

( 上に貼った記事は『 でも嘘ついてないもん!』という彼の主張についてのニュース。)

 

この一気にドイツ全土みたいな大規模な範囲を味方につけて思いを達成し、したかと思うと一気に崩れるこの感じ。

これは宿命に半会と冲動なタイプちゃう?と思って見てみましたら、彼の宿命は大半会天剋地冲という更に輪をかけて矛盾が強く出る形でした。

しかも宿命にある戊・戊の大半会に去年は庚で水の三合会局が出ていて、( 何度も書いていますが )この水の三合会局の影響と思われる大きな現象が今年にズレ込んで出ている人がものすごく多い。なので大半会天剋地冲というよりも三合会局と天剋地冲というますます大きな拡大&崩れ現象になったのだろうなと。

 

***

 

もう一つの例はこれとは完全に別件。ある人の手記を読んでいたら、こんな話がありました。

彼にはもう人生終わりや・・もう終わらせた方がええんや・・・くらい大変気がかりな問題があったと。そんな時ある女性に出会い何となくそれについて話してみると、『 ああ、そんなもん全然大したことないで。そんなくらいなら行ける行ける。』と言われ実際に具体的解決法など提示され、その一瞬で何年も重く圧し掛かっていた心の暗雲が一気に晴れて神が降臨したのかと思ったと( そして実際その方法で解決した )

更に生まれてこのかた結婚なんて絶対にしないからな!と思っていたし仲間たちにもそう言ったばかりなのに、突然気が変わって俄然結婚したい意欲が湧いてきて、1週間後にその彼女とスピード婚約。

 

これ。

今までの狭い視野での思い込み、固定観念が一瞬で崩れて自分が新たに生まれ変わり、今度は180度正反対の方へ一気に現実が動いて拡大していくこの感じ。

この人の生年月日は分からないのでこの方が矛盾を抱えた宿命なのかは分かりませんが、多分半会と冲動みたいな矛盾系の組み合わせ命式だろうなと。

 

こんな風に『 冲動=壊れる 』と言ってもその人にとって不要な、進路の邪魔になっている観念や環境、物事が壊れる方にも大いに作用するわけです。壊れると言われるとあまり嬉しくないイメージですが、壁が雲散霧消するのも冲動ですのでね。

 

自分が宿命に持っていない条件というのは、教科書で学んでなるほどと思ってもイマイチ具体例がよく分からなかったりしますよね。そんな中、こういう分かりやすい例がありましたよというお話でした。

 

応援ありがとうございます♪  

 

追記:

このGil Ofarimさん

見るからに天南星=冠帯なんだよなあ。この独特の華やかさよ!

案の定、戊辰の天南星人でしたねえ。ホント天南星人さん羨ましいわ。

 

ってそれよりも!この方以前にGiora Feidmanと共演してるのですよ!

 

滅茶苦茶ええやん!!私Giora Feidman好きで過去に2回コンサート聴きに行ってます(笑

彼はユダヤ系のクレッツマーという音楽専門のクラリネット奏者で、素晴らしい演奏をするんだよ・・・

この記事でもちょっと触れています。

デュッセルドルフのコンサートホール、Ton Halleの内側
この間ドン・ジョヴァンニを聴いた Ton Halleという コンサートホールの内側をチラ見せです。 これは外観。 ホールの外はこんな感じで、丸い広場状のものを囲む形で座る場所があって、規模の小さいコロッセオみたい...

コメント

  1. では、大半会と納音が両方ある相性はどうでしょうか?

  2. 初めてコメントします。
    冲動と半会持ち女です。
    佳代さんの解釈に、心当たりがありすぎて笑ってしまいました!
    心の中では中庸を望んでいるのですが、なかなかそうはいきませんね。

    • コメントありがとうございます。あれ?でもお名前お見かけしたことあるような・・・?
      と思ったらインスタの方でかも知れませんね。
      半会と冲動の解釈に笑っていただけて良かったです!何でも笑い飛ばしながら生きて行けるといいなと。

タイトルとURLをコピーしました