【 広告 】

子供のための工作に燃えてしまう話

 

ドイツでは子供たちが学校に上がる時、こういうプレゼントやお菓子がぎっしり詰まったシュールテューテというものを用意するのですが

長男の時も私が作りました。

これ

長男入学と Schultüte
早い、信じられない! この間生まれたばっかりで、この間幼稚園に行き始めたばかりなのに!! というわけで長男が小学校生活スタートさせました。 で、こちらでは新一年生はこういう巨大三角帽みたいな入れ物に お菓子とかお...

 

いや~・・・これ当時の記事を読んでいただいたら分かるかも知れないのですが

 

めちゃくちゃ大変やってん、作るの!!

 

いや、別に買ってそのまま使えるものでも全然OKなんですけどね

何となく

 

せっかくならパッと派手にさぁ!!

 

と思う生粋の関西人。

でも前回があまりに大変だったので、次回(つまり今回)は手抜きで行こう・・・

と思っていたのに!

やっぱり色々見て

これはイケてるな

と思うのを買って、実際に組み立て始めたら結構面倒で

それだけでも大変なんだからそれだけで満足してりゃいいものを

こういう工作を始めたら止まらない調舒星+天将星。

 

子供たちの好みをあれこれ聞いて、あれもこれもくっつけて出来上がったのがこちら。

 

ルフィ、忍者GO、ワンパンマン、ナルト、悟空なんかも振るって参加してくれてます

 

手抜きするつもりが、気付いたら熱で溶かして使うピストル型接着剤まで購入しとる!

 

案の定火傷しつつ作成

 

頑張りすぎだろ!

 

しかもかなりの大きさで、子供が持つと身長とあまり変わらない・・

 

 

でも彼らはこのシュールテューテを首を長くして待ちに待っていたので、大喜びでした。

良かったよかった・・

 

 

そして昨日、今日と3人とも学校がスタート

つまり入学式・・みたいな面倒なものはドイツではほぼなくて( 素敵!最高!そうでなくっちゃ!!)

ちょっとしたミニセレモニーがあるだけ。

 

でもやっぱりそこはホレ、時間感覚のいつも狂っている天報星×2 のわたくしですので

 

随分前から緊張してたのですよね。

ちゃんと時間内に辿り着くか。

ちゃんと方向音痴の私が子連れで現地に辿り着くか。

どんなレベル

 

結果:ちゃんと辿り着きました、ワーイ!!

 

しかし入学ともなると、あれこれ揃えなければいけない文房具類の多いこと多いこと。

これを揃えるのだけでもめちゃくちゃ大変だったといつか書いたと思いますが

これの一つ一つに名前を書かねばならん修行人生な。

しかも双子のため 漏れなく ×2 になりますんで、気が遠くなりながら名前書きしましたわ。

 

そして長男も新学期始まってから買うものリストを貰ってきまして

もうあの表を片手に、店員のいない、すなわち誰に聞くこともできない店で首を傾げながら一つ一つ探す拷問はパスしたいので

Amazonで全部注文。

と言っても、それでも探すのが大変なほどノートの種類が無茶苦茶あるんですが、日本もそうだっけ?

 

  1. 横線の入ってるもの、格子線が入ってるもの、何もないもの

  2. 枠に余白があるもの、余白が太いもの、細いもの、余白がないもの

  3. 横線の間隔が〇〇mmのもの、格子の大きさが一辺〇〇mmのもの

  4. A4のもの、A5のもの

  5. 背表紙がしっかりしてるもの

ルーズリーフでも1~4を繰り返し

 

はぁ?!( 死んだ魚の目 )

 

ってなりながら、頑張って探して注文しましたよ。

こっちはもう長男に自分で名前を書かせようそうしよう。

 

そしてこれから学校の送り迎え地獄が始まるのである・・

下の子の学校に至っては 片道45分!

これを丸4年。

子丑天中殺明けたら近くに引っ越せるよう準備しよう。

 

 

そうそう、学校と言えばこれ

体力激減の中、日本語教育・ホームスクーリング始めました
ただですら生命力激弱天報星人、エネルギーレベル1から12のうち3である私の生命力が更に下がって しかもそんな私を尻目に男3兄弟の盛り上がりはとどまるところを知らず、連日就寝が23時! なんでやねん!ええかげんにせんかい。

 

ホワイトボードを買ったと以前書きましたが

このホワイトボードがあると信じられないほど色々捗ることが分かりました。

もう今年の買って良かったコスパ大賞はぶっちぎりでこれが1位ですわ。

何がって、これがあることで授業できるんですよ!

それまでやらなくちゃ・・と思って手付かずだった日本語教育。

どうせ私午未天中殺で子供に何も継承しなくていい人だから日本語もええか・・・と手を付けていなかった日本語教育。

↑ 算命学のダメな使い方代表例

ホワイトボードが来て以降、週末を除く平日ほぼ毎日1日1時間授業してます。

たったこれだけのもので、何かを教えるのにこんなに楽で便利になるとは目から鱗。

あるのとないのとでは天と地ほどの差があります。

ホンマにすごい。

ホワイトボード発明した人は一族末代まで幸運であれ。

ついでに算数とアルファベットも余力がある時に教えています。

 

毎日1時間授業に取られるのは、時間もエネルギーも結構かかりますが

毎週1日だけ正味1時間半とかの授業のためにわざわざお弁当おやつ水筒準備して

洋服やら何やらも準備して、電車バス乗り継いで、ほぼ丸1日潰して補習校に通うことを考えたら

もの凄い省エネ!!!

しかも家で全部準備できるので、プリントが足りなければすぐコピーできるし

手すきの合間に料理出来るし( 妙に器用 )

何より子供3人なので、全員に目が行き届いて、学校の方針、授業計画みたいな面倒なモノなしに

子供のペースに合わせて進度も勝手に調整できるので

そもそもなんで日本語勉強できるところに通わせようなんて思ったんだろう?

と我ながら不思議です。

( とはいえ当方こういう仕事の経験が何年もあって、ノウハウあるので出来るというのもあるかも )

 

といったように日々一杯いっぱいやることが詰まっていて、それを片っ端からこなすだけで一日が終わっていくような毎日を送っています。

なので、もうちょっと落ち着いたらブログにも力注げるようになるかな。

 

応援ありがとうございます♪  

コメント

  1. 佳代さん
    先日はありがとうございました。
    シュールテューテ、センスの良さも随所に表れていて素晴らしいクオリティですね‼︎ 私もその製作系の作業は、やり出すと次々と拘りが出てきてしまい、誰にも求められていない完璧を目指して自分の首を締めるというオチを毎回やってしまいます。次があったら手を抜こうと言いつつ、学習しない。凄い似てる‼︎と思ったら私も、調舒星+天将星でした。
    関係ないですが、ドイツ語って表記された文字見るととても可愛いですね。ところどころ笑っているように見えます。

    • こんにちは。
      そうですよね、ぐれぃすさんも調舒星お持ちなので凝り始めたら止まらなくなりますね(笑
      そこが良いところなので、我々是非自分なりの完璧を目指しましょう♪

タイトルとURLをコピーしました