【 広告 】

2019年、簡潔化政策の実施へ

 

政策じゃないけども。

ZOOM鑑定の際に何を資料として送呈すればいいのか。

  • 命式
    0~100歳までの後天運表
    命式に出てくる十大主星5つの意味
    命式に出てくる十二大従星3つの意味

の4つを考えてるのですが。

鑑定で自分のことを分かった以上は、ご本人がそれを実生活に活かせるようにこちらも準備したい。

 

鑑定で話を聞いて分かった気になっても、やはり時間が経つにつれて色々忘れてしまう。

その時に 『 あれって何だったっけ?』 ともう一度見返すことができるように

命式に出てくる星の意味は一覧にして付けようかな?と思っているのですが

これ短く、ほぼキーワードだけ!くらいに簡略化しようと思っています。

頭に入れやすいように。

 

今まではあれもこれもたくさん書いていたのですが、教科書ちゃうもんね。

貰う情報が多すぎると 特に面倒くさがりさんは ←私ですw もうええわ~!となって実生活で役立て辛いかな?と。

で、結局何なの?みたいになりかねないし。

 

如何に効果的に実生活に役立てられるか、そのための情報を伝えられるか。

算命学みたいに得られる情報が膨大だと、伝える時に大事なのは逆に 何を切り捨てて伝えるか

になってくるなぁと思います。

うん、私の先生も

ポイントだけ絞って伝えるねん、あれもこれもいっぱい言わんでええねん

って言ってはったし!( なお関西弁はお話にならない模様 )

で、後天運表も要るかな?やめとこうかな?

基礎知識がなければあんなものもらっても珍紛漢紛 ( チンプンカンプンという漢字があった!w) なだけだよね。

私が例えば西洋占星術のあの円盤図を貰っても、謎の記号集にしか見えないのと同じで。

重要ポイントが頭に残りやすいように模索中でございます。

 

模索中の私↓

Der Gemeindeschreiber、Albert Anker( スイス )

ほら、ここにも後ろに例の暖房器具が♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました