【 広告 】

誤魔化す、フリをする、そして『逃げない』ということ(2)

 

この記事からの続き:

誤魔化す、フリをする、そして『逃げない』ということ(1)
コロナに関して、私は これまでの流れ、つまり 疫病発生から各国の様々な被害状況、ロックダウンから封鎖解除、そして現在までの経緯 これは実はコロナ側からしたら軽い小手調べで、そこで得た手応えから 秋以降本格的にどっ...

 

ちょっと前に『 ドイツの第一人者が日本を手本にって言った!ホラ!やっぱり日本凄い! 』的情報がネットの日本語界隈で流れていました。

コロナ対策、日本が「手本」 ドイツ第一人者が指摘
【ベルリン=石川潤】ドイツの著名なウイルス学者であるシャリテ大学病院のクリスティアン・ドロステン氏が28日、日本の新型コロナウイルス対策を「近い将来の手本にしなければならない」と語った。一部の感染者から多くの感染が広がっている現象に注目し、日本のクラスター(感染者集団)対策が感染の第2波を防ぐ決め手になりうるとの考えを...

 

これ見た時に

はぁ??

と思ったのですよ。

ここで出て来るドイツのウイルス学者って、私が以前にご紹介したイケメン大学院長のクリスチアン・ドロステン氏です。

渦中のイケメンを見たいか(+追記)
ニュースを見ても現実世界の周りでもアレの話題でいまいち明るくない世相なので、本日はドイツのイケメンをご紹介しよう。 常々人の顔の判別がつかずイケメン・非イケメンが良く分からない私の独断と偏見によるので、異論は認める。 ...

 

( 先に一応断っておきますが、私は日本を嫌いでは全くありませんし

何でもかんでも『 自分の住む国はこーんなに凄い、それに比べて日本は駄目 』調の海外出羽守隊は好きではありませんし

そういう意図はないことをここに記しておきます。)

 

人口1000人当たり検査数

UAE 265人

NZ 63人

ドイツ 56人

日本 2.7人 (ソース)

 

日本のコロナ検査数はトリニダード・トバゴ、バングラデシュ、ウガンダ、セネガル、スリランカ、モンゴル、アルバニア、ジャマイカ・・あたりより 更に少ないです。

私が日本に住んでいたら耐えられない。

しかしそんなデータ、あのドロステンさんは100も承知ですわ。

 

あのドロステンさん

Titelbild (Digital) DER SPIEGEL 23/2020 相変わらず無茶苦茶男前

 

 

それを分かった上でホントに「 日本凄い、日本を手本に 」って言ってんのか??

と思って、彼のPodcastを聴いたのですよね。

一体どういう意味合いなのか。

彼はコロナに関する情報はあちこちバラバラに小出しにせず、このPodcastでまとめて全出ししています。

 

で、件の話題が出た回を聴いてみると( 以下のリンクは書き起こし )

(44) Coronavirus-Update: Die rote Murmel kontrollieren
Superspreading: Welche Bedeutung wenige Infizierte für die Epidemie haben. Wie wir unsere Strategie ändern müssen und was man dabei von Japan lernen kann.

 

確かに『 日本を手本に 』という 言葉は使っている。

でも全部を聴いた時に、彼の言わんとするところはこんな感じ

 

日本は全体的に検査を徹底するよりも、スーパースプレッダーをメインに検査数をかなり抑えて、感染者を抑え込むことができた例。

しかしこれは( 相当際どい手法で、下手するとスウェーデンやブラジルのように国民全体が総崩れにならんとも限らない )イチかバチかの掛け手法

( いやいやよくこんな危険なチャレンジを国を挙げてやったもんだ。)

しかし日本という一つの国がこの手法を( 体当たりで国民の命を賭けて実験的に )やってみてくれたおかげで

その結果を我々も参考にさせてもらうことはできる。

その意味で手本にしてもいい( けれど如何せん日本は検査数が少ないから、その辺の考慮は外せないわ。)

 

というトーンの話しぶりでしたよ。

諸手を挙げて賞賛!ではない。

 

もちろんダイレクトに『 こんなめちゃくちゃ危険な実験ようやらはりましたなあ!』なんて間違っても言ってませんが、前後の流れではっきりそれが分かります。

彼はこのPodcastの中でよく『 人の命が掛かっているから、滅多な冒険はしてはいけない 』的なことをよく仰るのです。

そして実際 本当に日本がドイツにとって手本となる成功モデルなのであれば

ドロステンさんなら日本についてとことん研究して

その研究過程や手法を嬉々として 延々話します(笑)

私、このPodcast面白くて殆ど毎回聴いてますのでね(※)

上の書き起こし見て貰ったら分かりますが、彼はものすごい喋り倒す人。

書き起こしもすごい量になっています。

でも日本の話題が出て来るのはこの回の最後の方、本当にちょろっとだけです。

 

コロナに対する姿勢も対策も、ドイツと日本では明らかに何もかもが違う。

そんなことも踏まえた上で、次回は私が

人類はコロナにこういう挑戦を挑まれてるんじゃないの?

こういうところテストされてるんじゃないの?

と思っていることを書いてみます。

 

次回記事:

誤魔化す、フリをする、そして『逃げない』ということ(3)
間が空いてしまいましたが、この記事からの続き: ダイヤモンドプリンセスで一躍有名になられたあの岩田先生が、とてもいいことを仰っていました。 あの岩田先生: と...

 

 

(※)

このPodcastはドロステンさんが司会者の質問に答える形で進むのですが

司会者1:ドロステンさん100 くらいの比率で彼がずーっと話しています。

しかも話が凄い分かりやすく面白くて、グリムオンライン賞にノミネートされました。

Grimme Online Award - Grimme Online Award

 

いや、世界的に未知の疫病が大流行している時に、その専門家がその疫病についてのみ延々話す番組が賞にノミネートされるって

どれだけ面白いねんって話ですよ。

実際これ聴衆が凄い人数で、3月の時点で1500万人がアクセスしています。

Apple Podcast でのランキングは以下の記事の時点でずっとトップ。

トップ10のうち6つはドロステンさんの別の回のお話。

Spotifyでも科学分野の放送カテゴリーでナンバー2

Youtubeでも90万アクセス

Über 15 Mio. Abrufe: Der gewaltige Erfolg des "Coronavirus Update" mit Professor Christian Drosten | MEEDIA
Das "Coronavirus Update" von NDR Info mit Professor Christian Drosten von der Charité ist sicher eines der meist beachteten Medien-Formate zur Coronakrise. Wann...

 

いや、だからどんだけ面白いねんって感じですが、ホントにね!

ドイツ語できて知識欲旺盛な玉堂・龍高持ちの人には絶賛お勧め。

と突然出てくる算命学

 

 

呼吸関連ってことでこの空気清浄機、欧米ランキング1位らしい・・・本当か知らないけど、大きさも値段も手頃なので自分の部屋に欲しい。

と思って調べたら、こっちにも売ってたわ!確かに売れている模様。よし、買おう♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました