【 広告 】

広告、いいねボタン設置、そして現実直視

 

本日2つ目の記事です。算命学あまり関係ありません。

 

最近Googleアドセンスを使っての広告をページに出せるようにしてみました。

その代わりAmazonの広告を減らしてみたり。

まだまだ試行錯誤中なのですが、何故アドセンスの広告を貼ろうと思ったかというと

これ読者の興味に合わせて広告が勝手に出るようになってるのですよね。

今私が自分のサイトを開くとこんな感じで広告が出てます。

 

これはバカンス用に借りれる家のサイト広告

最近見た洋服のお店?

 

以前この “ 読者に合わせた広告 ” を見るためだけにFacebookを見てた時期があります(笑笑

例えば夏のワンピースを探していると、ちょうど私の好みの範疇のものや探している大体の価格帯のお店、それも全然知らないお店がどんどん出てきて

ああ、こういうお店あるんだ!知らなかったわ~

あ、ここもなかなかいいじゃない?

みたいにどんどん出てきてすごく楽しかったのですよね。

まだまだ配置とか表示件数など鬱陶しくならないように変えていくと思いますが、よろしくお願いいたします。

 

 

そして本日からいいねボタンを設置してみました。

WP付属の、クリック一つで設置できるいいねボタンもあったのですが

  • 表示がやたら大きすぎる
  • いちいちFBに繋がる
  • いいね押すのにログイン必要

 

みたいに面倒そうで気に入らなかったのですが、それら全てクリアした単純ないいねボタンを見つけまして。

毎記事の下の方にありますので、よろしければ押していただけると嬉しいです♪

上のハート+1は設置後ゼロで寂しいので自分で押してみました(笑

これ、誰が押して下さったか裏ページで分かるのかなぁ・・?

 

 

そして

ああそうそう、まさにこういうことを言いたかった!

というこのツイート:

現実を直視したり、論理的に考え続けるには勇気が必要で、多くは恐怖のために思考停止に至る。

これは日本のみならず世界中で見られる共通現象。

 

これよ、これ!

本当のところが見えたら怖いから見なかった振りをする、なかったことにする。

こういう人はどこの国にもわんさかいます。

誤魔化す、フリをする、そして『逃げない』ということ(3)
間が空いてしまいましたが、この記事からの続き: ダイヤモンドプリンセスで一躍有名になられたあの岩田先生が、とてもいいことを仰っていました。 あの岩田先生: と...

 

だから多数派に属することを身を守ることと混同し、長いものに巻かれることに慣れ切ってしまっている付和雷同チームは危険なんだよなあ

( もちろん疫病だけは本当にどこで貰ってくるか分からないので、罹患する人がダメだとかそういう話では全くありません )。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました