【 広告 】

こっちのお寿司、子供の送り迎えなど

 

このような大変邪道なものを目撃してしまいましたので、つい激写してまいりました。

ご精査くださいませ。

 

寿司マヨ

 

私が住んでいるところはありがたいことに日本人経営の日本食屋さんが多く

お寿司を食べる時は迷わず日本人のお店に行くので、トンチンカンなものを出されてビックリ!ということはありません。

 

しかし小さめの街に住む友人談によると

そういう日本人が殆どいない街でお寿司を食べようとなると大抵非日本人経営のお店しかなく

 

パパイヤのお寿司

 

苺、チーズ、豆のフレッシュ寿司

 

なんちゃら寿司に衣をつけて揚げたお寿司

もはや何が何だか

 

など邪道を超えて

お腹ペコペコで行っても

見た瞬間にゲンナリして帰って来るレベルのナニモノか

がお寿司として提供されているらしいです。

 

そしてそういう寿司にお約束なのが、冒頭で挙げたようなものでしょうか

マヨネーズの掛かったもの。

 

お好み焼きにマヨネーズをかけるかの如く波々と網状に掛かっている

このお好み焼きは流石に美味しそうだ

 

ちなみにドイツ生活人生半分の私ですが、今のところ邪道寿司は口にしたことがありません。

 

 

 

 

いや、そんなことを書きたかったんじゃない。

 

 

ドイツでは、というか日本以外の国では大抵そうなのでは?と思われますが

子供の学校の行き帰りは親が付き添います。

集団登校で野放しみたいなのはありません。

 

で、長男の小学校は電車に乗ってちょっと遠いところなので

毎日の送り迎えが結構な心理的時間的エネルギー的負担でした。

 

よって

下の双子はパッと行ってパッと帰って来れるもっと近いところにしよう

と思っていたのです。

 

 

 

そういうわけで学校が決まりました。

 

 

 

 

 

長男の学校より大分遠いところに・・・(泣)

 

 

 

 

 

 

今後4年間毎日、仕事などがガッツリ送り迎えに中断され、そっちに時間が取られることが決定。

 

夫はそんな私に車を買いたがっているのですが

電車で行くより車の方が楽やろ?って意味で

 

 

このわたくしに車を運転しろと!?

 

お気は確か?

 

 

としか・・・

携帯のナビが切れたが最後、2㎞先でも遭難確実なほど方向音痴のわたくしに?

 

以前夫が免停になっていた時、夫の代わりに運転してあげてたことがあったのですが

初日、駐車状態からバックで路上に出て

反対側に止めてあった車にゴツンとぶつかり・・・

 

運転し始めて2秒で事故

というほどでもないが、車の傷もほぼ見えない程度だったので 

 

2秒で車の保険料を上げた経歴があります。

 

こんなメカ音痴の私が子供を乗せて車を運転して大丈夫なはずがないわな・・・

というわけで車購入は申し出だけありがたく受け取り、かたく遠慮しておきました。

 

その学校の近くに引っ越せればいいのですが、夫の天中殺は始まったばかり。

行けても丸2年経った後。

頑張って電車で通います。

 

というわけで、鑑定できる時間がもっと減るかなあ。

 

 

Self portrait, 1923 Repin

 

見るだけで楽しく学べる「暮らし」と「文化」 ドイツのことば図鑑
100の単語で、言葉の由来も、ドイツ文化も学べる! ドイツ大使館公式HPで連載中の人気コラム「今週のドイツ語」が書籍化! かわいいイラストとともに、たくさんのドイツ語を紹介。 へんてこな言いまわしやおもしろい表現から、言葉の語源や由来はもちろん、ドイツの文化や風習など奥深く楽しく学べる1冊です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました