【 広告 】

ファッション感覚で毒親持ちを名乗っても、良いことなんて何もないよ

 

私は時々毒親について記事を書きますし

毒親という言葉も段々市民権を得て来た感がありますよね。

 

で、ちらほらニュースやブログ記事、本なんかで毒親について読んだ時

あらやだ?

私の親ももしかして毒親だったのかも!

そういえば私・・・

 

実家にいた時楽しかった記憶がないわ?

 

くらいであれば

 

これはもう100%

 

あなたの親は毒親ではない

 

断じてない

 

と言い切れます。

安心して下さい。

 

そんなヌルいレベルで

血の繋がった、育て且つ実の親との縁を

ぶった切る必要があると思うか??

って話です。

 

毒親というのは

何十年にも渡って間断なく、何の良心の呵責もなく

平気で子供の人生を隅から隅まで徹底して干渉し、搾取し、積極的にぶち壊し

精神面においても物理的な面においても

こちら側の日常生活が全く成り立たなくなるほどの

現実的な実害を及ぼしてくる存在

 

のことです。

 

そしてこちらに目に見える悪影響、実害が出ても当然のように責任なんか取りませんよ?

それどころか、こちらが弱っていることにニヤニヤしながら更につけ込んできて

ますます厚かましく、こちら側の人生をコントロールしようとしてきます。

そのくせ外向きの顔は

こんな災難に陥っている子供の世話をしなくちゃいけない

とても可哀想なワタクシ

こ~んなに可哀想なのに健気に努力する良妻賢母なワタクシ

を完全に演じ切り、世間の目を見事に欺きます。

 

ファッション感覚で

毒親持ちを名乗ってみようかな♪

程度の人には想像もつかない世界です。

 

そしてこんなもの、想像なんてつかない方が良いに決まっているのです。

 

毒親なんて言葉に一生関わらずに過ごせるのであれば、その方が良い。

流行のファッションを追う感覚で 『 アタクシも毒親持ちで~ 』 を気取ってみたところで

はいはい

アテクシ可哀想・・・な悲劇のヒロイン気取りね、よしよーし(棒)

と周りには白い目を向けられて、無駄に嫌な思いをして終わるだけ。

 

百害あって一利なし

 

ときっぱり言い切れます。

 

たとえ世界全体からそのような白い目を向けられたところで

それでも思い切って親との縁をぶった切らないことには

大袈裟でなく、こちらが食い潰される

殺されるよりは世界中に白い目で見られた方がまだマシ

 

そういう

何ちゃら味のカレーか、カレー味の何ちゃらか

というギリギリの瀬戸際まで追い詰められているのが毒親持ち。

 

もう一度言います。

もしかして・・・私の親も毒親かも

疑問形で考える余裕のあるあなたの親御さんは

間違いなく毒親ではありません。

 

ごく普通に常識的・標準的感覚で、子供として親に感謝して

親との関係をより良いものにしていけばいいじゃないですか。

 

Old Man at Celeyran, 1882 Lautrec ( フランス ) やっぱりロートレック上手いな、上手い。唸るわ。

 

毒親サバイバル
親に押しつぶされなかった有名無名11人の、赤裸々な体験談。 アルコール依存症の父親との顛末を描いた「酔うと化け物になる父がつらい」で 世に衝撃と共感をもたらした菊池真理子さんが 今度は毒親から生還した10人を取材してコミックにまとめました。 菊池さん自身も含めて登場する、有名無名の11人の人々が 親から受けた傷はみんな...
子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)
子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)
虐待父がようやく死んだ (BAMBOO ESSAY SELECTION)
本当は私が殺したかったのに――。 父の死は私の“希望”。 虐待を受け育った作者が描くコミックエッセイ。 暴力・性的虐待・面前DV・人格否定。 ――父が私にしたこと。これが、私の日常だった。 子どもの頃は、家を出るお金もなければ、歯向かうための腕力もない。 虐待する親の元に生まれた私には、耐えるしか道がなかった――。 ―...
気づけない毒親
高齢な毒親が増えている。 その毒親に育てられた子どもが成人し、子どもを育てる世代になった今、こじれた親子関係の修復法を伝授する。 「仲良し親子」「友だち親子」と呼ばれる親子が増えています。 でも、実はそれが、知らず知らずのうちに子どもにとっての呪縛になっているケースがあるのです。 「娘との関係はちゃんとできているから大...
ルポ教育虐待 毒親と追いつめられる⼦どもたち (ディスカヴァー携書)
ルポ教育虐待 毒親と追いつめられる⼦どもたち (ディスカヴァー携書)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました