【 広告 】

鑑定のご感想『自分の不甲斐なさではないんだと思えたのは救いです』

 

本日の神の一曲。

Griboyedov: 2 Waltzes – No. 2 in E Minor (Live)

 

この作曲家、アレクサンドル・グリボエードフもロシアの人です。このワルツで初めて知りました。

ロシアの芸術レベルってどうしてこうも異次元なのでしょうね?この曲も好きすぎて何度も繰り返して聴いてしまう。ロシアの絵画も音楽も最高過ぎて離れられません。芸術レベルがここまで突き抜けて高いのはやっぱりその歴史の中で人々が抑圧されてきたから?究極の苦しみの中から最高に研ぎ澄まされ洗練されたものが出て来るのか?とも思うけどその理屈で行くと独裁国なんかは全部そうじゃないといけないよね。でもそうじゃない。何故なのか、ロシア。奥が深すぎるロシア。政治さえ狂っていなければね・・・今すぐにでも行きたい。

 


 

 

さて。

鑑定のご感想、紹介させて頂こうと思うものが溜っているのですがなかなかできていません。

また久々になってしまいましたが、直近のご感想です。(ご本人に許可を頂いております。)

 

30代、日本在住、Hさま

 

今回いろいろと解説を聞かせていただいた内容はとても面白く、自分の中の好きな方向性や感じている違和感は変ではないんだと思えたのは嬉しかったです。

年少のときは自分の星の影響が弱いという説明で、どうして昔はまじめに普通に生きることについてそんなに疑問も苦労もなかったのに、今になって苦しいと思うのか腑に落ちます。

財星がないというのも、お金儲けや数字を気にしても疲れるだけで楽しくないと思う気持ちになる理由なんだなと感じましたし、財を求めて動く方が悪く作用するというのも感覚的に自分にとっては納得します。世間的なお金を稼ぐという感覚を気にせずに、自分が好きなものを追求するほうが楽しい。楽しいこと遊ぶことをもっと本気でやってもいいかもしれないと・・・昔だったら不真面目なことですが、楽しいことをしないと自分の心が不満でいっぱいになって自棄になりそうな危機感は感じます。

でも急な方向転換ではなく〇〇歳までは流れに沿いながら自分の好きなことを始めたらいいという現実的なアドバイスをいただいて、それならできそうだなと思えました。

△△歳に大きな転機があったはずとのことですが、ちょうどその時に職場で移動があって今の■■課に配属されました。(中略)

そこから■■と■■■■という現実的かつ法令厳守で厳格でスケジュールも決まっている部署になって(中略)まったく気持ちが合わなくて、最初から慣れるのに四苦八苦して4年たった今も苦しいと感じているのは、財星もないし一匹狼気質があるからなんだなと、自分の不甲斐なさではないんだと思えたのは救いです。

 

まじめに普通に周りの期待に応えたいと思う真面目な気持ちと自分が好きではないことはしたくない無理はしたくないという不真面目な気持ちが常に対立するし、周りにあわせて平和でいたいという気持ちと不自由が苦しくて自由に好きにふるまいたいと思う気持ちも対立するのですが、そうゆう極端な内なる気持ちも星に出てると思うと、算命学ってすごいなあと思います。


それに体力がないと感じてるけど◎◎の時以外は病弱ではないし、好きなことをするときは移動距離が長くても気にならないし、すぐに行きたいし、一瞬だけなら気力で無理もできる感覚があります。それも、星の説明と合ってるなあと感じます。


自分は普通だと思ってることがどうやら変わってるらしいというのは、社会に出て今になってうすうす感じているけれど、これからもっとそれを強く感じるようになってしまったときに、自分の気持ちを守るにはやはり今から徐々に好きな方向に伏線を張っておく必要がありそうだと思いました。

二足の草鞋でやっていいというのも方法として自分の気持にあうので、星の示唆って面白いですね。

佳代さまが指摘してくれることが自分の中の本音に一致するので、心地よく解説が聞けました。自分にとって自然体でいれる環境を見つけ出すことがこの先大事に思えました。指針として今回の鑑定とても参考になりました。

ありがとうございます。

 

追記のメールもありがとうございます。

自分の命式をネットで読むと三大奇星とか天馳星とか普通じゃない変人で大変そうだと書いてて、そんなに個性的とは思ってないし、むしろ地味で真面目で平凡に思ってる身からすると気になっていましたが、鑑定の中で自分が感じてるつらさや欲求というのが、星の性質にも出てる本質的なものだと思うと、確かに変わってるなあと感じました。

 

お金を稼ぐことついては考えないといけないと思ってるけど好きじゃない。でも、現実を生きるには稼ぐことは必要だからと第一優先で考えないといけないと真面目に思ってましたが、財星がないんだから第一目的にしないで後ろに回した方が無理がなくて自然で、表現活動をするのも絵を描いたりは好きだから趣味でもっとやってもいいし、もっと気持ちを打ち込める楽しいことを見つけて学ぶことが何か自分の思う理想的な環境を作れそうな方向性を感じました。今の仕事を続けながら並行的にできること見つけてみることが運の流れに合うと知ったこともよかったです。

 

イーロン・マスク氏も変わり者そうですね。自分の変な部分にも自信をもてればきっと良いんだろうなと思います。小心者で自信をもてる才能もないと感じてる自分ですが、変わり者になりたくなくて、普通のことしかしなかったせいかなと思います。

 

話の中に突然イーロン・マスク氏が出てきているのは、この方の命式と彼の命式に共通点があったので命式説明の際に分かりやすい例として挙げたからです。

Hさま、こちらこそどうもありがとうございました。

 

応援ありがとうございます♪  


Odessa, Port. 1898 by Wassily Kandinsky 

 

鑑定ご予約はこちら

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました