【 広告 】

人生は様々なバランスを取りながら進む綱渡りのよう

 

本日はこの記事の続き的な話になります。

個人の、夫婦の、そして家系の陰陽バランス
一個人の世界のバランスが傾くと、この世界(自然界、宇宙でもいい)は必ずその人の身近な部分でバランスを取らせにかかってきます。

 

人生ってある種綱渡りのようなものだな、と上の記事を書いた後考えていました。

心と体のバランス、活動と休息のバランス、一人時間と皆で一緒にいる時間のバランス、エネルギー補給と消費のバランス・・・

様々な面で自分なりのバランスを取りながら進んでいる。

 

 

でも皆各自持って生まれたものや様子は異なるので、綱渡りのやり方だって皆が皆上の写真のようなわけじゃない。

たとえば天南星を持って生まれた人はこんな感じかも知れないし

( いつも華やか、バランス崩して飛ばされそうな時もスタイリッシュ )

 

『 普通に前進するだけじゃつまらんやろ?どうせならとことんまで個性出した方がええやん。ていうか実はこの方がバランスとりやすいねん。 』という特殊命式の人や

 

『 みんなに笑ってもらったり喜んでもらいながら進んだら自分も楽しいやん♪』とサービス精神旺盛な禄存星人

 

など千差万別です。

 

そして夫婦となると今度は2人で互いの腰と腰に命綱を繋げて渡ることになります。

片方が右に偏りがちな姿勢の人であれば、もう片方は左に偏りがちな姿勢であると上手くバランスが取れる。そうやって夫婦で一つのチームとして運命共同体状態で進んで行くのです。

 

そこに子供が生まれると子供はバランスのとり方が分からないので、夫婦のバランスを取り直して子供も含めて全体でバランスが取れるように調整し進んで行く。この時親が既にバランスを崩してバラバラになっていたり、一緒にはいるけれどまったくバランスの取れない(大人になり切れていない)ダメ親だったりすると、子供は生き延びるためにかなり頑張る部分が出てきたりもする。逆に親のバランスを取ってあげなければならない苦しい子供時代を送る子もいるでしょう(例:親子の役割逆転)

 

他にも病気をしたり事故で怪我をしたり、歳を取って自ら力強くバランスを取りながら進むことが難しくなってきたりなど、やはり誰かの助けを得ながら進んで行くことだってありますね。

 

最近よく見かける『 何でも自己責任派 』の人というのは

誰でも皆頑張ればこういう風に出来るだろ!?

 

と言っているのと変わらないのです。

出来ない奴は甘え、俺様・アタクシが出来てるんだから皆そうであれと。

それが如何に不自然なことか。でもそういう人ほど、実は誰かの支えがあって今の自分はバランスを取れているのだということに気付いていない。

 

 

そのバランスはまず個人で取るのはもちろん大切。それが偏ると夫婦内で、次に家族内で、家系内で、身近なコミュニティーで、そして国で、世界全体で、この世全体で・・・とやはり最終的には全体でバランスを取らされる。世界はそう作られているからです。

 

なので社会や国、そこまで行かなくとも夫婦関係や家族に貢献したいと考える時、まずは自分でバランスを取る。それは何でも50:50でバランスを取っていけという話ではなく、自分らしく・自分であれということ。

 

こういう人が

 

無理にこんな人のフリをして生きていて

誰かと結婚したとする。

自分の本性というのはどれだけ頑張っても必ず現れて来るものです。特に家族みたいな身近な人間関係においては。

そうすると相手の人は

君、こういう人やと思ってたのに

なんか実はこういう人やったん!?

 

思てたんと違う!そんな華やかな人と僕は釣り合わないよ・・・

 

みたいなことになって、やっぱりバランスが崩れますよね。無理・不自然は続かないからです。

 

自分らしくあるということ。それが一番大切で、それは誰かの言う完璧さの条件を満たしていなくても全然いい。皆必ずどこかに凸凹があるからです。その凸凹を自分ではっきり認め思い切って打ち出して行くことで、それにピッタリ合うパートナー(プライベートに限らずあらゆる場面で)が現れて来る。

そして自分の偏りこそが誰かの助けとなり得るのです。それが分かれば、全て自己責任で!なんて考えなくともいいことが分かります。それが如何に不自然かも。だって皆持ちつ持たれつで生きて行くように出来ているから。

その凸凹や偏りがどうなっているのか?を陰陽五行で解析し把握していくのが算命学。

 

私もこんな感じで

綱渡(=この世を生きる)に全く不向きなタイプですが、それを隠さず『 まあこれもええよ♪』と開き直って生きて行きましょう。

 

応援ありがとうございます♪  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました