【 広告 】

バカンスに行きたいけれど、やはり。

 

イタリアって、ホントにちょっと食料品店やレストランの裏道に入ると

その店のママやお婆ちゃんがこんな感じで路上に机と椅子を出して、昔ながらの手作業でパスタを作ってたりするんですよね。

 

 

初めてイタリアに行った時、まさにこういう写真どおりワイワイやりながら

または一人で黙々と手作りパスタを作っているのを見て

きっとずーっと昔からこの地の人はこうやって、気持ちのいい天気の日には外で作業してたんだなあ

なんて思ったのを覚えています。

で、また次の裏道に行くと別のおばちゃんたちがこうやってパスタを作っているわけです。

懐かしいなあ。

 

こういうのを見ると

また早くイタリアに行きたいなあ!!

と強く思います。

基本私たちはほぼ毎季節飛行機に乗ってあちこちに旅行しに行く 車騎星家族 なので

特に長距離を頻繁に動き回らないと宿命を消化できない( と勝手に思っている・笑 )私は

ここ9か月以上もうずっと遠距離旅行をしていないので、心身ともにかなりしんどいのです。

動き回れず苦しい。

 

 

が。

 

昨日の続きになりますけれど

誤魔化す、フリをする、そして『逃げない』ということ(3)
間が空いてしまいましたが、この記事からの続き: ダイヤモンドプリンセスで一躍有名になられたあの岩田先生が、とてもいいことを仰っていました。 あの岩田先生: と...

 

最新のPodcastにおけるドイツの政府アドバイザー、トップウイルス学者のドロステンさんの最新の発言:

僕は新型肺炎コロナに関しては、楽観的に

1か月後今のような平和な状況が続いているとは思えない。

もし皆が危険察知センサーのスイッチをONにしなければ( 今みたいにすっかりコロナが過ぎ去ったかのような調子でいけば )

2か月後には大変なことになるだろうと思ってるよ。

 

Corona in NRW: Virologe Drosten warnt vor zweiter Welle
"In zwei Monaten werden wir ein Problem haben, wenn wir nicht jetzt wieder alle Alarmsensoren anschalten": Christian Drosten hat im NDR-Podcast mehr Unterstützu...

 ↓

気温が上がると感染が抑制されるのではと期待されていたけれど、実際アメリカ南部といった気温の高いところでは

時期尚早なロックダウン解除も相俟って、子供病院が成人コロナ感染者に場所を空けないといけないくらいエライことになってる。

だから第二波を抑えるためにも、皆気を引き締めて医療機関を助けるつもりでいて欲しい。

とのこと。

 

ドロステンさんのお話では数回前のPodcastまでは

この調子でいけば第二波は秋以降、もしくは来ないまま上手くやり過ごせるかも

みたいな 楽観調が見られたのです。

ホンマかいな?

と思ってましたよ、龍高星持ちで何でも疑ってかかる私は。

 

やっぱりな。

ここにきてこう来たか。

 

昨日の記事に書いたように、ホントにこのままではまたドカンと来てもおかしくない。

来て欲しくないよ、またあの苦しい日々が復活するなんてもう耐えられません。

しかしむやみに悲観的に考えるというわけでなく、数値とこれまでの事実を追って行けばどう考えてもそうなるんだよ。

 

なので 長距離旅行はまーっだまだですね。

苦しいけれど耐えなければ。

 

 

余談:

この点、夫も私と同じくらい危機管理力が高く

またどこかの情報を鵜呑みにするでなく、自分で数値を追って自分で考えられる人なので

コロナに関しての見解は私とほぼ同じ。

ぶつかることがなくてありがたいのです。

これで夫が何も考えず

もうええやん、どうせ何もないんやろ?前みたいに楽しく生きようや♪

みたいなボンクラだったらストレス倍増だったでしょうからね。

 

 

人気店が教える 小さなバルの絶品レシピ
ごく小さなキッチンで、本格的で美味しい料理をスピーディーに提供する「バル」には、家飲みやおもてなしに役立つ工夫がいっぱい。3つの人気店が、そのメソッドを活かしたレシピを大公開!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました