【 広告 】

レーピンの作品をナマで観たいのだ

 

5月16日、昨日は松尾芭蕉が奥の細道の旅に出た記念日として 『 旅の日 』 だったらしく

さて、次はどこに行こうか? 

と真剣に考えてたのですが  ( 旅の日じゃなくてもいつも考えている )

 

ロシアの画家に イリヤ・レーピン という人がおりまして

 

レーピンさん自画像

 

彼の作品をナマで観ないことには死ねぬわ!

 

と常々思っているのです。

多分クリムトより好き。

 

私が一番好きな作品

Judas

 

人間の深いところにある複雑に絡み合った感情を

絵一枚でここまで表現できるって

 

一体どうなってるの!??

 

 

これをナマで観たいのですが、ロシア美術館 に行けばあるのかどうか・・・分からない!

 

ってことは

 

取り敢えず行ってみなければ!!

 

 

で、ロシア美術館 はサンクト・ペテルブルクにあるのですが、同じ街に エルミタージュ美術館 もあるのですよ。

いいやん!

 

一度行けば一石二鳥、これは行くしかない!

 

と思って

5日間: 飛行機+ホテルのセット

を探してみましたらば

 

 

全部込みで

 

198ユーロからある!(≒24000円)

 

 

 

 

まぁ最安値198ユーロだけど、これはユースホステルみたいに相部屋だから最低限3つ星ホテルから見てみて・・・

 

それでも 210ユーロって!!

 

変わらんやんw

 

 

いやいやいやいや・・・

 

どうなってるの?

 

何故こんなに安いの?

 

人気ないの?

それとも物価が異常に安いとか? 謎 謎 謎

 

ロシアまで飛行機ノンストップで2時間40分。

飛行機往復+宿代 ですよ。

大丈夫です、実際にはちゃんとしたグレードのホテルを取ります

 

航空会社もホテルもこれで一体どうやって採算とれるのか?

 

いや、他人の心配をしている場合ではない

これは行くしかないよね、もう!!

 

しかしウィーンに行くのと同じような感じでいたけど、よく考えたら

ロシア語!

ロシア語・・・     ← 第二外国語ロシア語だった人

 

もしかしてビザなんかも必要だったりするんだろうか。

 

で、モスクワの トレチャコフ美術館 にもレーピンの絵があるので

ついでに行ったらええやん♪

と思って見てみたら

 

 

今現在レーピン展やってる!!!ヤバイ!!

 

 

こ、こ、これは・・・

今すぐにでも行きたい!!

 

どどどどうしよう  オチツケワタシ

 

で、ロシア美術館のついでに行ったらどうかいね?と思って調べてみたら

めちゃくちゃ遠い!

 

709㎞、徒歩で144時間!w

 

どうもロシア美術館もエルミタージュも両方大変な規模らしく

全部見ようと思ったら何日も必要ならしいので、とりあえず両方一気には無理ですね。

 

でもロシアどうなのかな~

怖いのかな~

人が怖いイメージだなあ・・

治安どうだろうかね ?

 

 

『 あ゛ぁ?!誰なんだい、ロシア人が怖いとか言ってんのはっ!? 』 これもレーピンさんの作品です。

 

レーピンとロシア近代絵画の煌めき (ToBi selection) | 昌夫, 籾山 |本 | 通販
Amazonで昌夫, 籾山のレーピンとロシア近代絵画の煌めき (ToBi selection)。アマゾンならポイント還元本が多数。昌夫, 籾山作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またレーピンとロシア近代絵画の煌めき (ToBi selection)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >933さん
    やはりそんな感じなんですね。
    ロシアに行った人たちによるととあまりいいことを聞かず・・その空港での待ち時間とかそういうのが苦手で、どうしたものか考えてしまいます。
    が、ロシアってホントいい画家がたくさんいるんですよね!その意味では魅惑の国ロシアだわ。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >Mrs.Maddonaさん
    飛行機はその時々で色々ありますね、途中下車ありかノンストップかでも変わって来るようです。
    エアロフロートは昔は色々酷い話を聞きましたが、今は随分改善されてるらしいですよ。
    ゴッホは是非見に来て下さい~(と私が言うのも変ですが近所なのでw)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    日本からですとビザが要りました。
    入国も出国もなんだか厳しかったです。ものすごく時間がかかりました。どんなに混んでいても退勤時間になったらピシャッと窓口を閉じるお役所仕事のせいもありましたが(笑)。
    入国の時に発行される管理カードを失くしたら、冗談ではなくオオゴトになります、と重々注意されました。パックツアーに参加しましたので。
    失くさないためスーツケースの奥に貼りつけておくほうがいいと助言があり、郊外に一泊するときそのままスーツケースを置いて行ったら、
    郊外の宿泊先で詰問されました…現地ガイドさんの交渉によりなんとか泊めてもらえましたが。チェックイン時にはパスポートと共に必要なんですね。
    そして帰国時に回収されました。失くしていたら出国できないそうです。
    それから、帰国便チェックインのため並んでいると、係官がリスト(おそらくビザ発給リスト?)を持って一人一人確認しに来ました。念がいってます。
    事情に通じたローカルガイドの指示通りに、かなり余裕を持った時間設定でした。
    それでも帰国便の空港では 結構ギリギリでした。
    以上印綬持ちからのささやかな情報でした♪
    ちなみに、私は美術専門家同行ツアーで行ったのです。短期集中効率重視で主だったところは見ました。飽和しそうでした。
    お目当ての作品の在り処が不明とのこと、
    どこに何を置くか、ロシア美術行政としてもいろいろ整理している、正に進行形かもしれません。
    現在開催中の展覧会のカタログを入手なさるともしかして カタログレゾネ=全作品目録 が付いている可能性はありますね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    航空会社はエアロフロートですか?弟夫婦がクロアチアに来るときに乗ってきたのがエアロフロート。お客が少ない時は飛行機の重量バランスを取るために、お客を前の席に移動させてからテイクオッフと言う、一生に一度でいいから経験として乗ってみたいと思う航空会社です。笑 見たい絵があるなら絶対に行くべきです。私もゴッホの夜のカフェテラスが死ぬ前に1度見たいわ!頑張る!w

タイトルとURLをコピーしました