【 広告 】

鑑定スタイルの話(2)

 

昨日から

https://kayo-ruhe.com/?p=2097

の続き

 

でも鑑定結果を伝える、その伝え方ってほんと難しいなと思ったのです。

 

私は四柱推命も算命学も知識があるので、その100枚以上の鑑定結果を細かく分析して理解できますが

随所に専門用語が散らばっていて知識のない人が見たらややこしくて難しいのではないかな・・・

 

一方、その方が授業などで解説されている動画を見ると、文章の固さとは打って変わって愉快ですっごい分かりやすいわけです。

これきっと同じ人に鑑定を受けても、対面鑑定とメール鑑定とでは受ける印象と理解度がエライ変わるなぁと。

対面だと分からなければその場で『それ何?』って聞けますからね。

 

自分で鑑定する場合にも、メール鑑定を多くご依頼頂いていますが、私もとことん細かく穴がないように、伝え忘れのないようにとつい気合が入って分量が多くなります。

しかし果たして鑑定結果が言わんとしていることは相手にちゃんと伝わっているだろうか?

そもそも長文を読むのが苦手って人もいることを考えると、1週間の質問し放題フォロー期間をつけたところで、メール鑑定って限界があるのかな?としばしば思ったりするわけです。

 

UMAくん

 

更にその上出た結果を 日常的に有効に《利用》していくにはどうすればいいかを伝えるのって、果たして1時間とかそこらの対面鑑定で足りるかな?と。

なのでゆくゆくは 鑑定結果をどう活かすか、のミニ講座 みたいなのを開ければと思っています。

まぁ、ま〜っだまだ先の話 が チュー

 

 

それ以前にスカイプ鑑定を始めなければ・・

なぜまだ開始してないかというと

 

私が電話大嫌いだからー 笑い泣き

 

電話血

 

ほんっとに苦手なんですよ、顔が見えない状態で音だけで繋がって意思疎通するのって。

私は基本的に電話がかかって来ても出ませんからね( ←威張るな バイキンくん

 

いや、スカイプにはビデオ通話があるじゃないかって?

それもなぁ・・・

 

一体どうしたものか。思い切ってスタートするべきか。

 

と、本日はオチなしでございます <(_ _)> 

 

応援ありがとうございます♪  

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >イタリア留学アドバイザー、日本語教師、橋本いずみさん
    コメントどうもありがとうございます(*^▽^*)
    フィレンツェ、懐かしい~!Borgo Pintiというストリートに住んでいました(たった1ヶ月ですが)。
    私から見るとイタリア在住ってものすごい羨ましいですが、実際に住んで見ると色々あるのでしょうね・・とブログ見せていただいて思いました。
    スカイプ鑑定、スタートした時にはこちらで告知いたしますので、是非よろしくお願いいたしますね(*^ー^)ノ

  2. SECRET: 0
    PASS:
    2000年からフィレンツェに住んでいる者です。ブログをいつも楽しみにしています。フィレンツェにお住まいだったとのことで親近感も湧いています・・私が算命学などに興味があって自分でもちょこちょこと本などで読んでいるのですが、いつか是非鑑定をお願いしたいと思っていました。スカイプ対面、是非ご検討くださればと思います。

タイトルとURLをコピーしました