【 広告 】

鑑定スタイルの話(1)

 

ず〜っと

一体どうやったら一般の〝 算命学や四柱推命を全く知らない人 〟に

鑑定結果を有効利用 してもらえるだろうか

というのを考えています。

 

 

算命学も四柱推命も《 占い 》というレッテルが貼られ、まぁ間違いではないのですが、そうなるとイメージ的にどうしても

 

きゃ〜!当たってる〜

え?全然当たってない、インチキ〜!?

 

みたいなトンチンカンな《 当て物遊び 》的捉え方 をされてしまいます。

けれども実際はそうじゃない。

はじめに《 有効利用 》と書いたように、人生にどんどん活かして使っていく、利用できるツールなのですよ。

 

だからこそ鑑定士さんたちも、本当によく分かってる人は間違っても

当たるよ?面白いよ?

みたいなことは言わず

これを使えば自分の本質を視覚的に把握して、自分ど真ん中を生きることができて

自分にとっての本当の幸せを実現する人生を送る役に立てられるよ!

と言っているはずです。

 

パンダDASH!

 

最近算命学の鑑定士さんの鑑定結果を拝見する機会を得たのですが、さすがにその方は何十年もその道で勉強され、研究され、鑑定もされて来て、先生もなさってるだけあってとてもとても丁寧な鑑定結果でした。

( メール鑑定ね )

 

算命学は膨大な量の占技や見方があって、依頼人さんに一つの漏れもないようにとことん丁寧に本当の意味での鑑定をして伝えようとすると

そりゃもう文章で表せば膨大な量になるわけです。

その方の鑑定も、A4用紙100枚は優に超える分量で

 

そうそう、本気で鑑定結果をちゃんと伝えようと思ったら絶対にそれくらいになるよね!

( 私のメール鑑定もそこまでではないけれど分量がすごいので )

 

と共感しました。

 

手抜きがない。

依頼主に全力で力になりたいという真摯な心意気が伝わってくるものでした。

もちろんお値段も私の何倍もあり、鑑定結果も数ヶ月待ち。

そりゃそうでしょう、一人当たりにこれだけ丁寧にこれだけの分量を書けば、一人に費やすエネルギーも時間もめちゃくちゃかかりますよ。

あの値段でも安いんじゃないだろうか・・・キョロキョロ

 

( ´∀`)σσ 長くなったので続く

鑑定スタイルの話(2)
昨日から の続き でも鑑定結果を伝える、その伝え方ってほんと難しいなと思ったのです。 私は四柱推命も算命学も知識があるので、その100枚以上の鑑定結果を細かく分析して理解できますが ...

 

 

Peder Severin Krøyer, 鑑定中のおじさん(違)

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました