【 広告 】

屋外スケート行ってきました

 

本日も算命学には関係ない内容となっております。

 


 

 

昨日も書きました寒空の下屋外のスケートリンク、子供のクラスイベントに付き添いで行ってきました。

ちょっと徒然に書かせてくださいよ・・
本日の記事はちょっと凹み気味です。 *** ああ、なんと大変!今気づきましたわ。この間のこの記事 最後にこんなこと書いたのをふと思い出しまして・・ いやいやいや...

 

結論:楽しかった!

人生は修行なんて書きましたが訂正です。このイベントは人生の修行の部分じゃなくて楽しい部分でした。

 

氷上に乗らなかったので端っこからの撮影

 

いや~びっくりしたのは、いや毎度スケートリンクに行くたび驚くのですが、皆上手なのよ大人も子供も!皆さんスケートできます?日本でも寒い地方の人は子供の頃から普通にスケートしたりするのかな。夫は北ドイツ出身で冬はあっちもこっちも凍り付いていたので、湖でスケートをするのは当たり前だったそうです。だから出来るのですって。いいなあ。

私はスケートもローラースケートもインラインスケートもスケボーも親が完全禁止だったので( ドライヤーすら使用禁止の親がそんなもの許してくれるはずもなく )全く駄目です。できません。

 

なのでなんとなく当然自分の子も出来ないものと思ってしまうのですが、既に数回スケートの経験のある長男は全く問題なくすいすい滑るわ、下の双子も始めはこういう初心者のための練習トナカイ(?)につかまりながら滑れるものを使っていたのですが

 

2時間後にはそれナシですごいスピードで滑れるようになってました。なにあれ?!

 

そして私は寒いだろうと思って沢山着込みロボコン状態(写真右)

で行き、実際骨の芯まで冷えましたが、子供たちは動き回ってるので氷の上なのに暑いのね!?汗かいてました。そういうものなのか・・・感心

 

長男と双子は4歳違いなのですが、長男のクラスイベントに既に数回参加している双子は顔が知れており、長男の友人たちが入れ代わり立ち代わり滑れるように一緒に練習してくれ、気を配ってくれて、転ければすぐ助けてくれますし本当にありがたかったです。子供たちが楽しく幸せなのが一番ですね!

 

 

スケートリンクには当然ビアガーデンも併設。あったかいグリューワインも飲めます。写真には写っていませんが、この近辺にはクリスマスマーケットも沢山あってものすごく雰囲気が良いのです。ああなんと平和で美しく幸せなクリスマス!としみじみ感じ入るような。

多分こういうイベントって税金からも補助金が出てるはずなのですよね。こういう風に税金が使われるのなら、喜んで納税しますよ!

 

デュッセルドルフ市の旗の下休憩する子。

 

子供たちにこういう『 世界には楽しいことが色々あるよ 』ということを経験させてあげられるのはとても幸せなことです。

しかしよく考えると、私一人で生きていれば行動範囲なんて家&コンサートホール&美術館ばかりになりそう。間違ってもスケートなんて自発的には行かないので、私こそこういう経験ができるのは子供たちのおかげでもあるのですよね。ありがたいことですホントに。

 

お母さんもちょっと練習すればすぐできるようになるよ!

 

と子供たちにやんややんや言われているので、長男が要らないというスキーズボンを履いて次回は参戦しようかと思います。まずはトナカイにしがみ付きながら・・・ブルブル

 

応援ありがとうございます♪  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました