【 広告 】

ジンバブエ大統領ロバート・ムガベ氏のこの時期は(4)

 

昨日の記事

エネルギーの使い道、ジンバブエ大統領ロバート・ムガベ氏(3)
からの続き 以下部分的に wiki より抜粋 1980年3月4日初代首相に就任 政権獲得直後のムガベは、スミス元首相ら白人旧政権指導者に対し努めて寛容な態度で臨んだ。 白人社会との融和...

からの続き

 

ムガちゃんシリーズ最後の記事です。

さてムガちゃんの後妻さん、41歳年下の奥様。

女装したサミュエル・ジャクソンかな?

 

 

 

 

いや、この写真の写りがアレなだけだな、きっと・・・

 

 

 

あれ?

 

 

なんだやっぱりサミュエルか・・・

 

 

この奥さんがですね、彼と相性を見てみると

『 何故結婚した ??』

という 宿命的にさっぱり縁もないし相性も別段良くない組み合わせ。

で、結婚した年を見てみると1996年なのです。

正確な日付が分からないのですが

節分前だとすると天中殺。

節分後だとすると今度は天剋地冲の年回り。

ムガベ氏自身が酷く剋されるという意味での天剋地冲。

さすが天剋地冲の男(違)

これは60年に1度の最もしんどい1年で

だからこそ

『 何かしなきゃ!どうにかしなきゃ!』

という精神状態になりがち。

それでトチ狂って結婚したんかぃ・・・

 

この時にムガちゃんが私の助言を求めに来たら

 

いいか、よく聞け。今年はとりあえずやめておけ。

今年1年は色々しんどいかも知れんが、とにかく動かず、じっと息をひそめて(息はひそめんでもええ)

頭の上の嵐が通り過ぎるまで待つんだ!

行動するな!決断もするな!じっとしてろ!分かったか !?

 

と言ったでしょう。

まあそんな年なんですよ、天剋地冲の年って。

しかも

既婚の彼女を略奪する形で結婚し、元夫はお詫びに?

現在中華人民共和国駐在大使に抜擢

って。

オイオイ 。

国民の700万人が飢餓状態であっても、生活は常に極めて豪華。

夫人は大統領同様にジンバブエ国内において独裁と人権侵害に関与しているとされ、現在は大統領や側近ともども欧米・豪州等への入国が禁止されている。

コンゴ民主共和国に夫人名義でダイヤモンド鉱山を所有しているほか、マレーシアの別荘を拠点にシンガポールや香港などで買い物旅行三昧。

こんな感じで軌道の外れたムガちゃんの軌道修正するでもなくマルコス婦人の上を行くダメっぷり・・

やっぱり天剋地冲や天中殺での結婚はやめといた方がええよ、うん。

 

で、現在したい放題したツケが回って来て、クーデターからの失脚という流れになっていますが

現在のムガちゃんの運勢

大運:天中殺

年運:天中殺

月運:天中殺

さもありなん  ですね。

 

サミュエル・・・(もうええ)

 

おまけ:

ジンバブエはローデシアとしてイギリスから独立宣言

これが 1965年11月11日 なんですが、この日付の運勢を見るとどう見てもダメっぽい という運勢なんですよ。

独立しても続かない。

そしてそれが国際的に認められず、ジンバブエとして再出発

それが 1980年4月18日この時の命式(国の命式になる)が

金性ばっかり!!びっくりするわ、もう

 

以上です。

こんなマニアックな記事にお付き合い頂いた読者の皆様

あなたもスキモノねぇ~

じゃなくて、どうもありがとうございました

今後もよろしくね

 

喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日 (集英社学芸単行本)
石油やダイヤモンドのほか、多くの資源に恵まれているアフリカ大陸。だが、そこ&...
アフリカの森の女たち――文化・進化・発達の人類学
「ねえ、聞いて」――ある暑い午後、アメリカから来た人類学者の部屋を訪れた女性たち。 中央アフリカ共和国で隣り合って暮らす農耕民ンガンドゥと狩猟採集民アカの女性たちは、それぞれの生活、人生、「女になること」の意味を語り出す。 子どもはどのように生まれ育つのか? なぜ愛する人の死は悲しいのか? 家庭内暴力や「粗暴なセックス...

コメント

タイトルとURLをコピーしました