【 広告 】

算命学の鑑定を受けると一発で正解を得られるのか

 

本日の神の1曲。ショパンの前奏曲。

 

これは Presto con fuoco と名付けられているのですが、燃え上がるように素早く、という感じの意味。たった1分の曲なのに最高でしょう!うひゃーかっこいいー!!

 


 

 

さて。

10月は相性鑑定、ご家族の鑑定のお申し込みを沢山いただきました。

そうすると同じ一人の方(お申込者様)と何度も顔を合わせてお話することになるのです。たとえば4人家族だと4人分なので基本4回の鑑定となります。

注:もちろん時間のご都合に合わせて4人分だけど3回で済ませてとか、何とか2回で、などご要望には応じられます。

 

これは以前から思っていたことなのですが、やはり日を置いて何度かお話することでより深く色々探って行くことができる。というのもいつもの図ですが、算命学で分かるのはこの左側

 

 

宿命の部分。それをお伝えする。

右側の環境の部分は今までどんなことがあったか、どういう心理状況だったか、家族や仕事仲間など人間関係はどうだったかなどはご本人にしか分かりません。もちろんこれからの決断についてもです。

 

この『 本人にしか分からない部分 』ってものすごい大事なのですよ。

 

私もこの宿命の部分に関しては自分のことはもちろん知っています。

それと絡めてかつてどうだったかを拾って行って宿命と照らし合わせて総合的に色々判断するのですが 昔のことってそうそう一気には全部出て来ません特に心の奥底にぎゅっと押し込めてしまっていた記憶や感覚、本当の気持ち。でもそこらへんが実はめちゃくちゃ大事なのです。えっ、そんな些細なことが?といったような気持ちの動きや、違和感や、出来事などもです。

 

で、その辺りって結構時間をかけてゆっくりと、特にぼ~っとしている時に少しずつ浮き上がって来て

ああ、そういえばこんなことあったわ。あれって算命学でいう◎◎やん。

などと不意に理解に繋がったりするのです。

そしてそれは気合を入れて頑張れば即座に出て来るようなものでもありません。

 

つまり私は今でも自分の人生について考える時に、上の図の左側『 宿命 』と右側の『 自分で変えられる部分 』を常に行ったり来たりしているのです。無意識に。そしてゆっくりゆっくり開花するように色々なことがほどけていきます。

 

そして ゆっくりでいいのです。

だって今まで生きて来た何十年もの積み重ねの中に沈む様々なヒントが、鑑定の2時間弱くらいで一気に全部噴き出して一挙解決!なんてあまりにも不自然だから。

人間もこの地球を含めた宇宙の一部であり、その変化というのはいつも時間をかけて起こるもの。自然の世界においては時間をかけて季節が移ろい、植物も動物も成長して行くのと同じ、時間をかけて良いのです。時間はかかるものです。

 

なので同じ方と例えば4回お話することになると、鑑定と鑑定の間の時間、私もぼ~っとしている時に

そういえばアレについてはあのように仰ってたけど、その時実はこういう感じでご家族は◇◇と思ってらっしゃったりしないかな?そうであれば別の解釈にも繋がるよ。

などとぽつぽつ思いついたり、分かったりすることがあって、それを次の鑑定の時にお話しできる。そうすると二人でより深く掘っていけるという感じなのです。

 

これはとても面白い。

お一人の鑑定ももちろん好きなのですが、人間は生きている以上やはり誰かと繋がっているわけで

既婚者であれば夫婦で一つの運命共同体だからご両者見た方がより色々分かるし

ご家族がいればそこでもやはり運命共同体なので全員分を見た方が更に理解が深まる。

未婚の方でもご両親やご兄弟の命式があれば同じようにそこから解が見つかることは多い。

 

そんなことをよく思った10月でした。

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 

 

これはフランスで見かけた、景観に配慮して向かって左隣りのような木組みの建物のフリをしているマクドナルド。息子が見つけて笑ってしまった。

 

鑑定ご予約はこちら

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました