【 広告 】

夫婦の運は2人で1つというのがよく分かる時

 

昨日なんとなくユーロ・円の為替を見ましたら

 

なにこれ円の価値がめちゃくちゃ下がってる!!

今現在 1ユーロ=136.52円 ですが、3月6日の時点では1ユーロ=124.95円 だったのですよね。これは円をユーロに換算してお支払いいただいている私としてはちょっと困るなあと。こちらは全く鑑定料を変えていないのに、為替変動で勝手に1割UPみたいになってる。どうしたものかなあ。

 


 

 

さて。

夫婦というのは恋人同士の時とは打って変わって、夫婦になった瞬間から二人の運は完全に一体となります。

あはは~そんなの迷信だよぉ~

と言いたくなるのは分かる。目に見えませんものね。気のせい気のせい、と。

 

これに関して算命学でよく言われるのは、(外で稼ぐ仕事は特にしていない家にいる)奥さんの宿命中殺や後天運天中殺の影響が旦那さんの社会での活動に影響するというもの。

たしかにそれもある。でもそれだけじゃないなあ、という事例をよく見かけるのです。

 

誰かに何かあって新聞を賑わすようなことになっている。その人の命式を見ても、今年は特に後天運的条件は何も出ておらず

何故この人は今こんなことになっているのか?なんで今なの??

と昔は思っていたのです。

しかしその配偶者さんも生年月日を公にしている場合、命式や後天運を見ることができますよね。

そこで

ああ!ご本人は今年特に何も出ていないけど、配偶者さん側にてんこ盛りに出てるわ!

というパターンがすごく多い。というか殆どです。

 

それほどまでに夫婦というのは運命共同体、運気的視点で見れば二人で一つの有機体なのです。特に子供が出来るとその傾向は一層強くなります。

これが家族にとって大きな出来事になる場合、やはり子供側の命式や後天運にも同時に合図が出ているものです。

 

それを知っていれば夫婦間で「 私は私(俺様は俺様)、あんたのことなんか知らん 」みたいにはならないはず。自分だけ運が良くても相手がどんどん下がって行けばやはりそれと連動して自分の人生も下り坂になりますのでね。どうせなら二人で工夫して共同の運気を盛り立てて行こうというのがやはり得策ですね。

( 以下余談あり )

応援ありがとうございます♪  

 

Rose in a dish by Henri Fantin-Latour

 

鑑定ご予約はこちら

 

 

ちなみに算命学では夫婦間において “ 外で活動する側 ”“ 外で特に活動していない側 ” の運気の影響が出ると言われます。これは恐らく “ 外で活動する側 ” に出る現象というのは分かりやすく目につきやすいからそう思われたのでしょう。だって外で活動してるから。仕事が上手く行っているか否か、人間関係が上手く行っているか否かあたりは誰の目にも明らかで分かりやすい。

でも私が今まで見たところでは、その反対も然り。

家に居る奥様にご主人側の運気の影響がどーんと出る場合もある。でも家に居るのでそういう内の世界のことはなかなか傍目には分かり辛い。だからこそそっちは見過ごされがち、という話です。

本当のところはお互い同じくらい影響を与え合っているものですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました