【 広告 】

『自分一人で生きていると思うなよ』の意味(2)

 

暦上の7月限定(=8月6日まで):世のため人のためZOOM鑑定1割引きキャンペーン、ご予約はこちら

 

 

普通の人には怪しまれること請け合いなこの記事の続きです:

『自分一人で生きていると思うなよ』の意味(1)
人は一人で生きるにあらず とはよく言われますが、それの私流解釈。 そこに至るまでに私が経験したこと。

 

普段目に見えない存在がつかず離れず自分のことを護っていてくれているのを知っていて

だからこそ産後、限界まで自分をこき使ってこれ以上どうすればいいか全く分からず、絶望感で一杯だった時

 

何故!こんな!人生で最も助けが必要な時に!

全然助けてくれないんだ!

 

と怒りを炸裂させた瞬間に私が見たもの。

 

例の如く、あちら側の世界に繋がるのは0.00000000000001秒くらいの一瞬です。

 

 

 

爺さんたちが桜の木らしき大きめの木をぐるっと取り囲んで

 

 

実に朗らかに楽しそうに

 

 

 

酒盛りをしている!!

 

 

 

 

それが見えた瞬間の私

 ・・・。

 

こっちが瀕死の状態で息も絶え絶えだというのに

こいつら酒飲んで盛り上がっていやがる!!

呆&笑

言葉悪くてすみませんですがホントこんな気分だったのさ

 

でも何故  でなく  だったのかというと

 

その光景が実に和やかで、楽しそうで、ほわんと平和で、幸せそうだったからなのです。

ワハハと大笑いしながらめっちゃ盛り上がっとったわ。

 

そしてもっと驚いたのは、皆さんもおそらく自分を守ってくれている存在がいると知っていても

自分についてくれている存在は、せいぜい2~3人(体?)だと思うでしょう?

私が驚いたのは

 

大きめの木をぐるっと大きな輪になって取り囲む彼ら彼女ら

それが1重ではなく 円が2重になるくらいすごくたくさんいたことです。

 

なに?!

私担当の人( 守ってくれてる存在 )

こんなにたくさんいるの??

 

とそこに驚きましたよ。

そんなにいっぱいいるのか・・・。

 

これなんですよ

人間は一人で生きているわけではない

の本当のところは。

 

 

こちらに続きます:

『自分一人で生きていると思うなよ』の意味(3)
先ほど全く完成していないほぼ空っぽな記事をアップロードしていることに気付きました(笑笑 続き書こう♪ と思いながら、予約投稿で保存して寝てしまったのだな・・・しかもその状態で既に500人近くに閲覧されて...

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 算命学・易学へ

57+

コメント

タイトルとURLをコピーしました