【 広告 】

艾未未(Ai Weiwei)展(1)

 

Ai Weiwei 展 がこの街に来ているので行ってみました。

 

彼は中国の芸術家で、反中国共産党的メッセージ、世界の資本主義や世界経済のいびつさ、そこで苦しむ人々をアートで表現する人。2010年には中国当局に軟禁され、予定していたイギリスの展覧会に行くのに国を出られなかったり、その後ドイツに出国できたりとまぁそんな感じの人です ( 適当すぎてごめん )

ちょうどドイツに逃れて来た頃、しょっちゅう新聞雑誌に取り上げられていたので私でも知っている、と。

 

で、感想ですが

 

私はやっぱりモダンアートは好きじゃない ( 直球 )

 

政治的メッセージをふんだんに込めた、というか濃縮した作品が多かったのですが、テーマも会場の雰囲気も重すぎて

何か変なもの拾って帰って来たかも・・・というくらい今現在疲れています。

 

彼が中国当局に拘束され牢屋や取調室でどんな様子だったかを再現した部屋があるのですが、トイレだろうが寝る時だろうが常に公安の見張り2名がぴったりくっついていてものすごい狭い汚い部屋で窓がなく・・・ちょっと見ただけで息が詰まりそうになったり。

 

これが Ai Wei Wei さん

 

世界的に問題になっている難民をテーマにした作品とか

 

ゴムボートで国から逃れようとする人たち。なんかめちゃくちゃ重いんだわ、これが。

こういうのに感銘を受ける人がいるのは分かります。

でも、私が好きな方向は、絵画でも音楽でも彫刻でもなんでも

作者本人はどうなのか?

その本人の中心の本当に奥の奥、一番その人の本質をストレートに表現しているもの

に感銘を受けるのです。

 

多くの人に向けた 『 今の世界は、政治は間違っている!こんなに苦しんでいる人がいる!』 というメッセージを新聞記事などで知るのはOK。私も世界政治・経済系のニュースは結構積極的に読んでいます。

でも、それが芸術と混ざると ああ私が欲してるのはこれじゃないなってなるんですよね。

 

まぁそれはともかく、十二支の作品も2パターンありましたよ。

子丑寅卯

 

卯辰巳

 

巳の拡大

 

午未申

 

酉戌亥

 

ってこれ、全てLEGOでできています。

 

興味深かったのは、この壁紙というか背景

 

これ中国の戸籍かな?と思ったのですが、借用証書らしいです。

 

つづく

艾未未(Ai Weiwei)展(2)
艾未未さんの作品はテーマは重かったですが、巨大な権力に対するとてつもない怒りとか、虐げられている人々に触れた時の悲しみやドロドロした濃い感情が強く伝わってきた、そうう芸術の形もあると知れて勉強になったという一日でした。

 

応援ありがとうございます♪  

 

Amazon | Ai Weiwei | Holzwarth, Hans Werner, Buergel, Roger M., Callahan, William A., Lally, James J., Rojas, Carlos | Buildings
Amazon配送商品ならAi Weiweiが通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Holzwarth, Hans Werner, Buergel, Roger M., Callahan, William A., Lally, James J., Rojas, Carlos作品ほか、お急ぎ便対象商品は当...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました