【 広告 】

孤独の中でこそ本領発揮できる調舒星(傷官)

赤薔薇 ZOOM鑑定 右矢印 日本時間で 17時 からと 21時30分 からの2枠からお選びいただけます

赤薔薇 ドイツで対面鑑定

キラキラ ご予約・ご購入は 予約フォーム からお願いいたします

※ 学割スタートしています → 鑑定料は約半額になります。ご希望の方は個別にお知らせください。

 

 

 

皆さん自分の本質、キャラを代表する星ってあるのです。

それは大抵 命式の真ん中の星=主星 なのですが

私の場合初めてそれを聞いた時から違和感がありまして。

 

私の主星は 牽牛星 という

 

プライド、責任感、品格、積極性、知性を伴う行動の星

 

で、それが2つもあるので確かにそのカラーは濃いですわ。

 

 

しかし 調舒星 ( 傷官 ) を知った瞬間に

 

これだ!私を的確に表すのはこの星だ。

 

と思ったのです。

 

 

それから勉強が進んで

 

やはり私の代表星は調舒星だったね

あの最初の感覚は正しかったわ

 

と確認する次第です。

 

 

どんなところが?というと

 

調舒星 といえば 孤独の星。

 

私の命式は究極の孤独命式なのです。

 

よくまあここまで極端に一匹狼の性質に偏ったもんだ・・w

 

と我ながら呆れてしまうほどです。

 

 

  • 私の調舒星を見ると、私という世界を廻るエネルギーの流れの行き着く先 であり
    調舒星にエネルギーが溜まる。
    だからそこをどんどん使って、燃焼して行くことで人生がスムーズに流れていく。
    もっと言うとこれを使わないことには、この世で果たすべき役割を果たせない、くらいの重要ポイント。
     
  • 最も仕事に繋がりやすい、社会で認められやすい星。
     
  • そして ( 誰でもが持っている ) 5つの星のうち、最も才能として発揮しやすい星。
     
  • また、私は思考が複雑、集団の中で浮くため集団に溶け込みにくい一匹狼
    自意識が強く自分の世界を作っていくという性質がある
    そして行動しながらもそこに集中しきるよりも、大いに思考が混ざるタイプであり
    上の性質とも合わせるとやっぱり芸術系とか宗教など無形の世界の世界になるのですが、このタイプが最も発揮しやすい能力(星)が調舒星
     
  • 第二宿命に現れる星が調舒星
     
  • 私の本質は癸 ( みずのと ) という水性ながら、自分の中で無意識に発生し表面的に見え隠れする性質が丁 ( ひのと )
    この ( ひのと )は本質がずばり調舒星そのもの。
     
  • そして午未天中殺に属しますが、これは別名調舒中殺とも言い、やはり最終的に孤独をその本質とするもの。

 

 

もうね

 

どこ見てもどこほじくり返しても

 

重箱の隅4点全て丁寧に突きまくっても

 

出てくるメッセージは

 

いいから黙って調舒星を活かせ

そのために大いに孤独であれ

 

なんですよ。

 

普通はまあ誰でも、孤独性と集団に溶け込む和合協調性なんかが混ざっているものなんですけどね

 

 

じゃぁ調舒星って何なんだよ?ですが、これは

 

 

自分の世界をとことんまで精製して

 

混じり気なく外側に伝える・表現するというのが本質。

&nbs
p;

自分の価値観、世界観、人生観、美意識などにとことんこだわり

 

それを一部の隙もなく1㎜のズレもなく完璧に表現したいのです。

 

 

 

例えば満開の桜の花を目の前に感動したとします。

 

それを誰かに伝えたい時

 

桜の花が満開で綺麗でした♪

 

じゃ全く伝え足りない。

 

何故ならその瞬間に調舒星は

満開の桜の奥にもっと広大な世界をキャッチしているからです。

 

その時に見た花びらの濃淡からかつて経験した桜の季節の痛みを思い出し

同時にキャッチした風の匂いや温度に

かつて触れた誰かのぬくもりを、自分の内側で再現し

周りのどよめき、眩しさ、その他その場の様々なことが内側の世界に引き起こす変化など

 

その時の自分の世界は一体どうだったのかを誰かに伝えたい。

もっというと、それを通じて 『 私はこうなのだ 』 を表現することが何よりも大切。

 

その時、平坦でストレートな伝達ではとてもじゃないけれど足りないのです。

 

 

だからこそ、その手段が

音符に直して演奏することであったり

一枚の絵になったり

一冊の小説になったりして

表現がどこまでも広がりを持つのです。

 

 

その瞬間、周りには分からずとも

何かに触れた時に起こる内側の反応は果てしなく大きい。

 

それはつまり、それだけ感性が豊かで

他の人には分からないような、目に見えるものの向こうの更に向こうに広がる大きな世界を

細かいところまで瞬時にキャッチしてしまうからなのです。

 

 

そう、無意識にキャッチしてしまい

そして表現する時には妥協を許さない完璧主義。

 

そういった、持って生まれた調舒星の才能を活かそうと思う時

 

絶対に必要なのが 『 孤独 』です。

 

 

感性を研ぎ澄まして

目に見える向こうの向こうの繊細な動きまで正確にキャッチするのに

周りと慣れ合ってワイワイがやがやしている場合ではない。

邪魔です。

濁ります。

 

自分の世界を表現するのに

万人ウケするるように、皆に分かりやすいように伝えようなんて考えていたら

間違いも嘘もなく細かいところまで完璧に

自分で納得できる、こだわりにこだわった丁寧さをもって表現することなんてできない。

 

究極にこだわった表現なんて、ほんの一握りの人にしか本当の意味では理解されないものです。

理解されない。

 

それがベタっと世間一般にウケてしまう時、それは単なるエンターテイメントであり

調舒星の真髄とは別の種類のものになってしまっているということになります。

 

 

ということは必然的に

 

インプットにもアウトプットにも 『 孤独 』 が不可欠ということになるわけです。

 

 

調舒星が本領を発揮しようと思ったら

 

皆に分かってもらおうという大衆迎合性や

誰かに共感してもらおうといった甘さ

 

はスパっと切り捨てなければいけない。

 

 

 

それは究極の孤独の道になるでしょう。

 

でも皆仲良くワイワイの中では調舒星の鋭さ、光は消えてしまうのです。

 

一生涯誰に分かってもらえずとも一人我が道を行く。

 

その覚悟ができて初めて、調舒星が輝く下地ができる、スタート地点に立てるのです。

 

 

 

クローバー

 

 

 

なーんていきなり調舒星について書こうと思ったのは

今一人になれる時間が全然ないから!えーん

 

先週末も4日連続、幼稚園と小学校がお休みで

家がうるさすぎて死にそうになっていましたが

今週末も3日連続だよ・・・

そうだったそうだった、6月っていつも精神的に苦しいんだったわ。

 

などと思い出し、一人時間を確保すべく

子供たちが寝た後近くのホテルのラウンジにきてこの記事を書きましたでござる。

 

 

 

 

 

Willard Metcalf, On the Suffolk Coast, 1885

この絵の醸し出す静けさが最高 ラブ

 

 

 

 

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >Mrs.Maddonaさん
    お子さん大きくて日中外出されていてもそんな感じなんですね。戊で主星傷官だとうちの夫と同じですが、彼も平日仕事で疲れて、週末は子供たちがうるさくて一層疲れる・・みたいなことになってます。
    ご主人もお元気であれば何か外で趣味とか見つけられるといいですよね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    邪魔です。濁ります。←これ凄く分かるなぁ。確かに人が居ると考えごとが出来ない、落ち着かない。私も今、息子も娘も家に居て各自、自宅から学校やら仕事やら通ってます。夫はリタイアで1日中家に居ると言う生活に疲れが出て来てます。ゴルフでも何でもいいから、どっか行って!って思うもんね。私は主星が傷官で一人でいると、どんどんアイデアが溢れてくるんだが・・・。今ムリ!w しんど。

タイトルとURLをコピーしました