【 広告 】

今年律音、今勢いのあるジャシンダ・アーダーンNZ首相

 

ボリス・ジョンソン英国首相、続報がないのでちょっと気になっていますが

 

 

順調に回復に向かわれているといいですよね。

 

でこの記事はジョンソン首相が去年律音の年で、次の年である今年前半は注意した方が良い時期というお話を書いたのですが

律音繋がりで。

 

今年は干支が庚子(かのえね)の年なのですが、世界でもコロナ対策で注目されている国の一つであるニュージーランド。

その首相であるジャシンダ・アーダーンさん。

 

彼女が庚子の人なんですよね。

そして案の定、安定のエリート星である 貫索星+天禄星の組み合わせをお持ちですね(笑

 

そして今月が庚辰の月なので

天干が庚庚庚

地支が子辰申の三合会局が揃うというすごい勢いのある波に乗れる運気です。

 

先日、今は地球全体の天中殺かもねという記事を書きましたが

 

 

天中殺は今まで隠れていた、見え辛かったことが明るみに出て来る時期。

この地球全体のコロナ騒動で、各国の能力やエネルギーもさることながら

国の在り方、国民に向かう政府の姿勢なんかが見事に浮き彫りになっています。

そりゃもう見事です。

50年近く生きていて、私はこんなの初めて見ましたね。

きっと1900年頃のスペイン風邪の時もそうだったのかな・・?

 

で、国の存続のために如何に国民を大切にするかが見事に可視化されているわけですが

政府が国民に対して国の運営、その過程を出来るだけ透明に分かりやすく伝えようと、頻繁に国民に向けてメッセージを送っている国が結構あります。

私がいるドイツでもそうですが、フランス、イギリスもまあまあ、オーストリアのクルツ首相もそりゃ頻繁に繰り返しメッセージを投げかけています。

そんな国の一つがNZであり、等身大でメッセージを送っているのがこのジャシンダ・アーダーン首相。

 

彼女の凄いのは、まだ子供さんが小さくて寝かしつけ直後にヨレヨレになりながらも

家でメッセージ動画を撮って、国民に伝えようとするところ。

その様子は以下の動画、残り1分あたりから見れます

FBで流れてきた画像↓、まぁ国の規模が全く違うので単純比較はできないと思いますが

 

上: 集団免疫のために多くの人が愛する人を失うだろう、そのためには大きな痛手を被るんだ

下: ワクチンが出る前に集団免疫を達成しようと、そのために大勢のNZ人が亡くなるなんて、そんなことを私は許すつもりはない

 

これぞ庚(かのえ)のリーダーですよね!

で、彼女にとって今現在の運気は一気に色んな事が展開していく勢いのある流れですが

小さい子を抱えつつこの未曽有の大事態に国のトップとして立つ

しかも三合会局・・・大丈夫かいね!?

と思ったのですが、命式を見ると彼女最身強なんですよね。

しかももともと宿命に大半会をお持ちなので、この状態でも空中分解するようなことはないと思います。

 

 

人数凄い押さえられてるよね。

テスト数も人口490万人で9万人テスト済みでこの数値は優秀なのでは。

 

彼女は今年、来年とまだまだ要注目ですね。

 

 

ワイルド・ニュージーランド~美しき野生の楽園(吹替版)
太平洋のはるか南、ほかの大陸から遠く切り離され独自の生態系が生まれている土地、ニュージーランド。 8,000万年前の地殻変動の結果、どの大陸からも切り離されたため、野生の大型の陸生哺乳動物が存在せず、固有種が数多く生息する。間欠泉が噴出し続ける厳しい自然の中、共存する生物たちの神秘に迫る。(C)BBC 2016
大自然と街を遊び尽くす ニュージーランドへ (旅のヒントBOOK)
南半球にある自然あふれる国、ニュージーランド。 北島、南島それぞれに魅力的な自然スポットや街が あり、オーガニックで先進的な暮らしや文化が根づ いています。本書では「Nature」「Organic Living」 「Culture」「City Guide」の4章構成で、ニュージ ーランドを多面的にご紹介! 絶景のトレ...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました