【 広告 】

家族の実感

 

赤薔薇 あなただけのためのカレンダー、2020年版

赤薔薇 ZOOM鑑定 : 再開しました

赤薔薇 ドイツで対面鑑定 : 再開しました

右矢印 ご予約・ご購入は 予約フォーム からお願いいたします

※ 学割スタートしています → 鑑定料は約半額。ご希望の方は個別にお知らせください。
※ 営業日は平日ドイツ時間10時~17時、土日祝日はお休みです

 

 

 

私は6種類の天中殺の特徴を結構詳しく書いた表を、お手洗い ( バスルーム )に貼っています。

 

トイレに座ると2mくらい離れた目の前の壁にあるそれが自動的に目に入り

 

繰り返し読むことになるので頭に入りやすい、と。

 

大昔の受験の時から変わらない勉強スタイルw

 

 

で、昨日三男が朝、お手洗いと居間をバタバタ走って何度も往復するので

 

何やってるのかな??と不思議になって見に行くと

 

 

天中殺の説明にある文字を目に焼き付ける

 ↓

居間でそれを再現して書く

 

 

を繰り返しておりまして、それがこれ

 

 

 

すごい、何となく文字になってる!w  注:6歳児

 

 

長男には日本語を教えようと張り切ってチャレンジしたものの

 

印星 ( 龍高・玉堂 )なしの勉強大嫌いで全く手つかず。

 

 

けれども下の双子は印星が両方あり無限に知識を吸収できるタイプなので

 

小学校に上がったら日本語も教えて行こうかなと思っていたところなので

 

こうやって勝手に興味を持って学んでくれるのは大変嬉しいのです。

 

 

結局居間との往復をやめてバスルームで勉強し始めたww

 

後ろにズボンが掛かってるのは、もう着替えて幼稚園に行く時間だったからです

 

 

 

で、最近家族が出払った時間に初めて

 

ああ、家族で生活してるな

 

と実感しました。

 

 

長男が生まれて既に10年経過の今頃?

 

はぁ??

 

 

という感じですが

 

今までの期間は何と言うか乳幼児の世話が過酷過ぎて

 

 

毎日その日一日を何とか無事にやり過ごすだけで一杯いっぱい

 

一日をやり過ごせたら今度は引き続き一夜を何とか乗り切るのにいっぱいいっぱい

 

一夜を過ごせたら・・・以下無限ループ

 

 

みたいな感じでしたので

 

ほわ~んと家族の感覚とか、一緒にいる楽しさとか、ありがたみとか

 

そういったものを堪能する時間的、エネルギー的余裕がなかったのです。

 

 

それが最近、下2人もようやく “ 気が狂ったように泣き叫び文句を言い続ける時期 ” から卒業し

 

ぼちぼち人間らしくなってきて

 

 

そう

 

人間という仲間5人で生活してる!

 

という 実感 が出てきたわけです。

 

 

 

これも三男が描いたもの

 

皆大好き Ninja GO ( LEGO )

 

 

一度子供の作品を気に入って壁に貼ったが最後

 

僕のも!

僕のも貼って!

 

と3人が次から次へ持って来てくれるので

 

美術館のように壁の広くないうちの家は子供の作品でほぼ隙間がないくらいになっていますw

 

お洒落でスタイリッシュな ( 同じか?)とは程遠いですが、皆が満足なのでこれでよし グッキラキラ

 

 

クリスマスツリー

 

 

人は子供の頃、もしくは10代で欲しかったのに得られなかった何かを一生希求する

 

と聞いたことがあります。

 

 

それを考えると私の場合は

 

( 以下途中毒親内容なので反転しないと読みづらくしています、苦手な方はパスしてね )

 

口を開けば誰かの悪口、愚痴、批判、侮蔑、嘲笑、私に向かう人格否定の言葉、罵詈雑言が99%であるような人物のいない家庭

究極の怠惰であるからこそ暇もエネルギーも無限に持て余し、他にすることがないのでギラギラした眼差しで隅から隅まで娘の一挙手一投足を見張りコントロールし、少しでも娘が楽しそう、幸せそうだと察知するや否や全力でそれを叩き潰し、罵倒し、足を引っ張り、邪魔をし、娘をはじめ誰かの不幸・艱難辛苦が何よりの大好物、それをニラニラ眺めながら “ 自分より不幸な人間の存在 ” を堪能するしか楽しみがないような人間(母)のいない家庭

 

 

心からホッとできる家庭

 

自分が無理しなくても、自然体でいても罵倒されない家庭

 

落ち着いてしたいことに取り組むのを邪魔されない家庭

 

私はここに居てもいい、と思える居場所のある家庭

 

ここが好きだと思える家庭

 

 

本来であれば殆どの人が普通に当たり前に経験するような

 

いわゆるごく普通の家庭生活。

 

 

これが私の世界には存在しなかった。

 

そしてそれを欲していました。

 

それが一番大きな、私の “ 欠け ” でした。

 

 

当時の家庭状態があまりに酷かったので

 

自分が将来本当の意味で幸せな家庭を実現できるとは思っていませんでした。

 

というよりも、それを想像したことがなかった。

 

出来なかったのだと思う、具体例を知らなかったから。

 

 

それ以前に

 

自分はどう生きたいのか

 

という個の確立みたいな部分でものすごく藻掻いて、努力して、必死だったので

 

その先の “ 誰かと共同で集団として生きる ” ことにまで頭が回らなかったというのもある。

 

 

でも結果的に

 

想像もしていなかったような大満足な家庭を実現できて

 

夫には本当にあり得ないほど甘やかされて

 

子供たちは真直ぐいい子たちで

 

本当にありがたいな、と思います。

 

 

家族が私に与えてくれる影響

 

私という個が家族に与える影響

 

そこから確立された私個人が社会でできること、社会に与える影響

 

これをベースに

 

家族が 個人 に与える影響

 

個人が家族に与える影響

 

そこから確立された 個人 が社会でできること、社会に与える影響

 

その辺がやはり私の人生を通じての研究のテーマですね。

 

 

昨日長男を迎えに行った時の青空

 

 

 

 

 

下矢印 いつも応援ありがとう 下矢印

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ

 

 

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >soulconnection-222さん
    そうなんですね、どうもありがとうございます。
    子供時代毒親に散々やられてどうすれば・・?と大人になっても滅入ってしまう人はたくさんいるので、何とか「それでも何とかなる道はあるよ!」と伝わって欲しいんですよね。
    いつも応援ありがとうございます♪

  2. SECRET: 0
    PASS:
    佳代さんのブログ読むようになって日は浅いですが、深く読みこんでいるのでもはや身内のような感覚さえ湧いてきます。
    だからこそ思いました。
    本当に良かったね!
    本当に素晴らしいと思う!
    こんな風に人生を送っている人のブログに出会えて私は幸せです。
    幸せになってくれてありがとう!!

タイトルとURLをコピーしました