【 広告 】

あんたこの世へ何しにきたの(1)

私の命式の一部にこういう部分があります

正官行動、男性を表し

変転変化という意味があります。

ということはこの部分の読み方、そして本人の可能性としては以下のパターンが少なくとも考えられるわけです。

 

≪ その1 ≫

行動×変転変化×2=あちこち動き回る、飛び回る

 

≪ その2 ≫

男性×変転変化×2=異性関係取っかえ引っ変えしまくり

 

≪ その3 ≫

行動×男性×変転変化=男性を取っかえ引っ変えしまくりながらあちこち飛び回る

 

 

私の場合はどうかというと、小学校の卒業文集に

私は世界中を飛び回る生活をしたい 

と書くくらい、子供の頃から

世界中を見てやる  

と思っていました。

そして今現在、小さい子がいながらも隙あらば一人で飛び回っているのは、このブログでもダダ漏れの通り。

なので分かりやすく ≪ その1 ≫ のタイプです。

≪ その2 ≫ ≪ その3 ≫ についてはまるっきりその願望はありません。

道徳的に~というよりも、単に相手の老若男女に関わらず自分の世界に沢山人が出入りするのを好まないからです。

 

しかし思い返せば実際にアホみたいに異性が寄ってくるタイプだったので ( 300年前のことやから怒らんとって )

≪ その2 ≫ にも ≪ その3 ≫ にも成り得たわけです。

その実現可能性はちゃんと目の前に存在していた、命式通りに。

 

そ れ で 、ですよ。

 

私の

世界中を見て周りたい、世界を飛び回る生活をしたい

これはおそらく、生まれる前に

世界中を見て周ろう、世界を飛び回る生活をしよう

とそのつもりで生まれてきたからこそ、この組み合わせ ( 能力、可能性 ) を持っていると私は考えています。

そして ≪ その1 ≫ 型 は、この世・この社会の倫理、道徳、社会通念、礼儀、その他うんちゃらに反しないので

責めを負うべき振る舞いではなく、非難されたり村八分に遭ったり磔 ( はりつけ ) にされたり生きたまま焼かれたり投石されたりすることはない。

 

では ≪ その2 ≫ = 男性×変転変化×2=異性関係取っかえ引っ変えしまくりの場合はどうか。

この世に生まれてくる前に

今世は命ある限りできるだけ多くの男性とお付き合いしよう、記録に挑戦だ !

と決意してこの組み合わせを持って生まれてきた人がいてもおかしくない。

でもそれだと社会通念との軋轢が大変なことになります。

しかし反対にこの社会に

少子化対策で女性はどんどん色々な男性と縁を持ってじゃんじゃん子供を産むこと推奨。

多くの男性と縁を持つ女性ほど価値があって国宝扱い!

という共通の価値観が流れている。一方で

あちこち移動しまくりたいだ?

別の国に行ってみたいだと?

兵庫県で生まれたんだから兵庫県から出るな、国を出るなんて非国民!

即終身刑!

という風潮が蔓延していたとしたら?

 

おそらく私はあの手この手で法の抜け道を探って、非難迫害されながらもやっぱり世界を飛び回る方を選ぶと思うのですよ。

 

ここからが本題です ( 前説明長いw )

 

ここで 四柱推命や算命学で鑑定をする人がすべきこと は

『 異性関係取っかえ引っ変えしまくりたい、記録に挑戦したい 』 という ≪ その2 ≫ のタイプの女性が来た時に

宿命の中にその可能性が存在しているかどうかを 解析して伝えること。

そして他の可能性として

≪ その1 ≫ 行動×変転変化×2=あちこち動き回る、飛び回る

もできるし

≪ その3 ≫ 行動×男性×変転変化=男性を取っかえ引っ変えしまくりながらあちこち飛び回る

ということも可能であると読み取って伝えること。

 

それだけ なんです。

 

間違っても

女性なんだから大人しく一人に絞ってなさ~い

何というだらしない考え方なのだ

正気かぁ?

みたいなことを言ってはいけない。

何故ならこれは

四柱推命でも算命学でも陰陽五行解析でも何でもなく

単なる社会通念の受け売り

そして

個人のゴミみたいな価値無き感想 

でしかないからです。

 

鑑定依頼者はそんな ゴミ を受け取るためにわざわざお金と時間とエネルギーを使って鑑定を受けに来ているわけでは ない からです。

 

(`・ω・´) 明日に続く

あんたこの世へ何しにきたの(2)
鑑定の際には四柱推命・算命学から導かれた解析結果のみを伝えるべきであり 単なる社会通念の受け売りやゴミみたいな個人の価値無き感想を混ぜではいけない とい 昨日の記事からの続き 鑑定師は命式からその人の選びうる道、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました