【 広告 】

“ 私らしい自業自得 ” で呆れてモノも言えない怪しいお話

 

 

よく

 

「 もし人生を途中からやり直せるとしたら、いつからやり直したいですか?」

 

って質問あるじゃないですか。

 

 

あれね、昔から

 

 

真顔 < いやいや、ど〜っこにも戻りたくないから!

 

どこからやり直しても苦しいわ。

しかしもしホンットにいつにでもというのなら、生まれる前!

 

生まれる前の私のところに行って

 

 

巨大ハリセンで思いっきり後頭部バチコーン!!と叩いて

 

 

「 やめとけー!

 

今しようと思ってること、ロクなことにならんから 

やぁ ー めぇ ー とぉ ー け え え え え ーー!

( バッチコーン!もう一発 )

 

 

 

 

これ一択だと思ってたんです。

今でも思ってますよ、ええ。

や め と け 。

 

 

私はですね、今までの人生、誕生以降はどこに戻ってもやっぱり同じようにすると思うし、今と同じようになると確信してます。

何というか、どう考えてもどこも手抜きしてないのよね。

いつも全力出しすぎやろ、と。

 

だから今まで以上のことは、過去に戻れたとしても期待できないのよ。これ以下にはなっても。

あの時ああしてれば・・・ってのがない。

ってことは、戻ってもしんどい体験繰り返すだけですしね。

 

 

だからといって後悔がないかといえば、後悔だらけ

というより、よく言ってますが後悔はこの一点のみ

 

「 そもそもこの世界に生まれてきたことが大失敗ショック

 

なんでここにいるねん、と。

なに間違ってこんなとこに来てんねん、と。

魚がめっちゃ頑張って木の上で生活してる、みたいな感じですよ 矢印 うお座 +こきひ やしの木

そこで

バオバブの木よりラグーンみたいな水の上に生えてる木の上の方がまだ何とか生きやすいかもニコ?

みたいなのをひたすら試行錯誤している。

 

それでも木の上生活としては随分幸せに生きてはいると思います。なので他の木上生活者からすれば

 

「 あんたあれもこれも恵まれて何文句言うてんの?

ええやないの。贅沢言わんとっ( =言うなよ )!」

 

でしょう。

 

そう言われたところで、そもそも木の上ってのが違うねんてばー 

 

って感じなんですよ。

 

 

いや、今が不幸とか苦しいとか全然思ってませんよ?

かなりあれもこれも満たされてるし、自分らしい〝 この世的生き方 〟としては今の段階で考え得るベストレベルで出来てると思うし。

( まだまだ行ってもらわんと困るけどな )

 

 

 

 

ただ、何で私はここ ( この世 ) にいるねん、と。

ここじゃない感 がずっとある。

この感覚はもう物心ついた時から一瞬も消えていません。

どれだけ素晴らしい満たされた状況で最高の幸せを感じてもね。

 

 

 

というところまではまぁ普通の話なんですが ( 普通とは・・)

 

ここからの話は書こうかどうかしばらく迷っていまして。

 

 

 

でも何となく自分のブログなのに 自分のぶっちゃけブリがどうも足りない 気がしてですね。

 

 

 

 

 

書 く わ !

 

 

今回の記事はこれ以降四柱推命全然関係ないです

大分怪しい話です

わけの分からない話が苦手な人はまた明日ここでお会いいたしましょう 

 

 

 

 

赤薔薇

 

 

 

 

一ヶ月前くらいにですね。

 

 

子供達の晩ご飯も終わり、通常通り子供達は居間で喧嘩しつつ大騒ぎしてるし、もうわたしゃ知らん、本日は閉店〜ドア !

 

と思って台所でコーヒーを入れてそれを自分の部屋に運んでいました。

 

そしてコーヒー片手に居間を出て廊下にさしかかった瞬間に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この世に生まれる直前の自分に戻ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感覚を思い出したんじゃなくて、完全にリアルにその時の自分に戻った。

雷がピカッ 雷 とごく一瞬光るくらいの0.005秒くらいのごく一瞬ですよ?

 

 

 

 

 

 

 

私はそこで。

 

 

 

この人生でダントツに 最高にワクワクしてた 爆  笑 キラキラ

 

 

いや、まだ人生始まってない段階やったけど。

あんなに喜びと楽しみが爆発する経験の記憶は他にない。

全然ない。

 

 

もうこれ以上ないくらい

 

「 うわー!やったー!!

これからや、これから!

全部体験できる、めっちゃ楽しみ!

もう最高〜!!

ワ〜キラキラ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)キラキラ!!!

 

 

というあの

 

全身から喜びが宇宙いっぱいまでドッカーンと広がるワクワク感 クラッカー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや〜・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれはね・・・

 

 

ハリセンばちこーん!くらいじゃ到底ストップできませんわ。

 

全然無理。

 

とんでもないしんどい苦しい人生送ることになりますのに!!

やめとけー!!と言ってくれる人(?存在)はいなかったのか。

いや、あの調子じゃいても聞かなかっただろう・・

私のことだし。

 

 

これぞ本当の 自業自得

 

 

そんなわけで・・・

 

実際に体験してしまったので、こんなところに来てしまって・・・と被害者ぶることも出来ないと分かりました 

( まぁ今までもそんな被害者意識はなかったけどw )

 

 

 

それにしても

 

こういう重要情報って本当に全く予期してない時に、超短時間 ( 雷のピカッ雷 ) でダバッ!といきなり繋がって分かるのよね。

しかもピカッ!の割に流れ込んでくる情報が大量。

これは毎度のことですけども。

 

 

 

その時。

 

生まれる直前のシーンでは、私の眼の前に誰かいたわ。

これから生まれる存在をチェックする係員みたいなもんかな?

しかし、そんなもん目に入らないくらい喜んでたのよね。

呆れるわ・・・やめとけよ・・・

 

 

私はですね、死ぬ瞬間に絶対絶対強く意識して向こうの世界に到着するまで忘れないようにしよう!と思ってることがあって。

それは

 

「 二度とこっちの世界には生まれてこない、忘れるな!!これが最後だ、何があっても!」

 

ということ。

 

こっちからあっちに戻る時にまた記憶をすっからかんにして ( されて?) またこっちに舞い戻ってくるなどということになったらエライことですわ。

目も当てられん。

そんなん絶対嫌やもん。

 

 

もし大罰ゲーム的にまたこっちに舞い戻ってこなければならないのであれば

 

あっち基準の 

 

「 わ〜い  。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ !」 

 

という感覚で色々選択するのではなく

 

 

ちゃんと 

 

この世基準で隅から隅まで全部気をつけて選ばんかい ムキー 

 

と思っています。

 

果たしてどうなることやら・・・

 

 

 

とりとめのない話になりましたが、まあこんな感じ。

 

こういう怪しい話ってやたら

 

 「 そういうわけでここは素晴らしいんです!全てに感謝です!」

 

みたいに 猫も杓子も綺麗にまとめられる じゃないですか。

あれ嘘くさくて嫌いなんですよ。

 

 

なわけで、自分をそのままストレートに書いたらこんな風になりましたとさ。

 

ウヒヒ :*:・( ̄∀ ̄)・:*: < おしまい 合格

 

 

人は「あの世」で生き続ける
ベストセラー『ザ・シークレット』(ロンダ・バーン著/角川書店)の山川紘矢・亜希子さんとの共訳者であり、米国のモンロー研究所で、人間の意識や死後の世界について学んだ著者が綴った、本書は「あの世」のガイドブック。 愛する人を突然亡くした人、死ぬのが怖い人、あの世にいってしまった愛する人と交信したり、再会したい人にぜひ読んで...

 

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >むぎよもさん
    こちらこそありがとうございます♪

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ナツ子さん
    こちらこそリブログさせていただき、またご訪問までいただいてありがとうございます。
    実はブログ最初から全部読ませていただいていますw
    今後も楽しみにしています♪

  3. SECRET: 0
    PASS:
    本当にお会い出来て嬉しいです(爆)。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    佳代さん、おはようございます。
    リブログ、ありがとうございます。
    同じ経験をされた方っていらっしゃるんですね、
    私もびっくりです。
    でも、あちらの世界の情報伝達手段って、とても合理的ですよね。
    あれだけの情報をほんの一瞬で伝えられるなんて。
    それにしても、佳代さんって物事の客観的な分析力がすごいですね!
    佳代さんにちょっと親近感を持ったナツです。
    ではまた~

タイトルとURLをコピーしました