【 広告 】

【お役立ちかも】2月4日立春で祝杯を挙げる人

 

皆さんこんにちは。

2021年度=辛丑の1年が終わって立春から壬寅の1年を待ち侘びている私ですが、なんでってめちゃくちゃしんどいからやねん!(泣)

私の接運、プラスもともと暗合が止まらない宿命なのに今年の大運から更に2つ干合が加わる、そこに夫の年運天中殺。

こうなって来ると月運で(元々宿命に2つある)冲動が更に重なって、冬になって水性が旺じて水性過多に拍車が掛かり、日運まで冲動なんてことになるともう泣きっ面に蜂!傷口に塩酸塗り込む!洗濯機故障に加えて食洗器故障!(←は?)状態になって瀕死ですわ、ひんし。

こんな状態で冲動が重なりまくる時の苦しさというのは、他のどんな苦しさとも違う。明らかに違っていて、もうこれ以上生きてるの嫌だしんどすぎる何故私は生まれて来たんだ何故まだ生きているんだどうにかならんのかこれ!?いや、ならないから何とか耐えるしかない・・・みたいになります。

 

それが立春で私の接運ど真ん中年も(何その言い方)夫の天中殺も過ぎ去るので随分楽になるはず、多分!

いや

 

無事に立春を迎えたら祝杯を挙げたよ、クリスマス年末年始誕生日より遥かにめでたいに決まってる!

 

などと考えていたのですが、私以外にもたくさんいらっしゃるわけですよ、祝杯チームが!(本日は『!』が多いな)

というわけでここに書ける分だけの祝杯チームを書き出してみましょうか。

 

こちらの 無料で命式が出せるページでご自身の命式を出します。

そして以下の赤で囲ったところに子丑天中殺と出たあなた。

 

子丑天中殺の皆様

 

(この1月12日生まれの方は戌亥天中殺ですね)

 

子丑天中殺の皆様、この2年色々としんどかったかも知れません。よく自棄にならず頑張ってここまで過ごされましたね、素晴らしい!たとえ目に見える物理的環境・状況が文句なしの完璧であったとしても、精神が穏やかになれないような時期だったかも知れません。普段通りに淡々と過ごしていても『 なんでやねん、なんでこれがこうなるねん思てたんと違うー(ブー!』という思いをしたことが結構あったかも知れません。立春以降はその長いトンネルから抜けて、随分楽になるはずですよ。おめでとうございます!この2年別に何もなかったけど?普通に過ごせたわ~♪という子丑天中殺の皆様も含めて、年運天中殺明けの祝杯を挙げましょう。

次点として、子丑天中殺のパートナーをお持ちの方も祝杯チームに入ります。

 

乙未、丁未、辛未のある人

 

ご自身の命式の日干支、以下の赤で囲ったところ

 

乙未、丁未、辛未 が出る人。

今年一年は今までの継続がパタッと止んだ、流れがひっくり返った、環境が激変した・・など大きな変化のあった時期だったかも知れません。その変化の内容の良し悪し問わず、変化というのは人間に負荷をかけるもの。目に見える物理的環境に何もなくとも、目に見えない部分では向かい風を真っ向から受けているような1年でした。なので消耗は激しかったはずなのです。よく頑張ってここまで来られましたね!

 

向かい風運気、イメージ図

Steinlen. La Rue Caulaincourt, 1896

 

立春以降はその運気的向かい風から抜けるのです、おめでとうございます!特に乙未の人は60年に1年廻って来る最も過酷(である可能性が高い)時期を過ぎました。

日干支が乙未、丁未、辛未である人たちは、たとえ何もなかったし何も感じなかったよ?という人も、山場を過ぎたのです。これは祝杯を挙げるに値することですぞ!

次点として、月干支や年干支に 乙未、丁未、辛未 が出る人も祝杯チームに入って来られて全然OKです(笑

 

日干支が辛丑の人

 

日干支が辛丑の人は、これまで宿命に沿った生き方を出来ていて尚且つ自分でも納得している、そしてますます頑張りたい!という場合、この1年はすごい追い風が吹いて大飛躍できたはずです。おめでとうございます!

しかしたとえ宿命通りに生きていた場合でも、もちろん宿命からズレて生きている人も、今年1年は60年に1度の大きな人生の分岐点となる時期でした。人生航路の大きな変化があったかも知れません。それが好ましいものであったとしても、環境の変化、進路の変化はなかなかしんどいものです。なので辛丑の人も立春で祝杯チームですね。

いや、私別に何もなかったけど?という辛丑の人も、それは宿命に合った生き方を出来てますよ、このまま行ってOK!という天からのGOサインが出たということなので、やはり祝杯チームの仲間なのです。

 

注1:もちろん後天運を加味すると他にも沢山ありますが、それらは個別に見ないと分からないので、とりあえず書き出せそうなものを書いてみました。自分はどうかな?が気になる方は是非鑑定にいらして下さいね。

さあ祝杯の準備をしよう♪

 

注2:祝杯を挙げながらで良いのですが

日干支に 乙未、丁未が出る人は次の年にズレ込んで影響が出たりすもするので、半年くらいは無茶せず用心するに越したことはありません。

日干支に辛丑が出てこの1年大きく花開いた人は、追い風が消えていく時にしんどいかも知れないのでやはり用心するに越したことはありませんね。

 

応援ありがとうございます♪  

 

壬寅=春の海 に漕ぎ出して、船の上で乾杯しましょうか?

Konstantin Ivanovich Gorbatov (Russian, 1876–1945)

 

余談ですが、上の1月12日生まれの人。

 

地支が全部同じですね、珍しい。人生の波、運気の上げ下げが極端な人です。

このページの人たちの仲間になります。

十二大従星 (十二運勢)が3つとも同じ人一覧
十二大従星が3つとも同じ人 ( 一般人除く ) を一覧にしてみたのです

 

コメント

  1. 祝杯嬉しい…!
    と思いコメントを見たら仲間たちが…笑

    わたしも日干支丁未・年干支辛未です。今年は仕事や家族のことで今までにない大きな変化がありました。
    辛いことや悲しいこともありましたが、悪い事ばかりではなく、よい出会いや転機なども様々あり。。あり過ぎて、年末年始は抜け殻になっていました。やっとエンジンがかかり始めた感じです。
    この1月はダブル辛丑でなんだか総仕上げ感ありますね・・(1月中に転居先も決めようとしてます。2月からW天中殺だし)・・今年はゆるく生きたいです。

    佳代さんの記事いつも楽しく読んでます。今回温かい言葉に思わず初コメントしてしまいました。(わたしは天剋地冲の記事から佳代さんのファンになったので、今回もちょっと繋がってて嬉しくなりました。)
    あと少し、休み休み、乗り切りましょう〜!

    • とりさんも未2つ持ちということは今現在冲動が重なっていて、来年(2022年度、立春から)最初2か月は天中殺が年運月運重なりますね。
      てことはここ4か月くらいも山場かも知れません。是非天中殺の2年はゆる~く通り抜けて下さい。
      激動の2021年度もあと少し、その分のお祝いはパスしなくてOKです!笑

  2. 不躾かと思いますが、祝杯チームへのラストスパートのエールにムネアツで初めて書き込みます。月干支辛未です。因みに日干の地支も未です。今年は職場の人間関係のトラブルで退職し、その為尊敬する上司と離れ、その後メンタルを病み(今は元に戻りました)生家の親戚達と絶縁関係になり、我が家の貯金が底を尽きました。今月に入っても人間関係が壊れ続けています‥。自分でうっかり壊したものも、壊れてしまったものもあります。こんなにも何もかも無くなる年ってないんじゃ‥(因みに月干支納音でした)あと少し、生き延びます。耐えて度量を育てます。泣。

    素敵なブログで笑いに変えられる佳代さんの強さを尊敬します。長々と失礼致しました。ありがとうございました。

    追記
    絵のセレクトのセンス大好きです。
    (美大油絵科出身)

    • 未が2つだと今現在冲動が重なってますね。まさにラストスパートという感じです。
      1年激動の時期を過ごされてそこまで環境が変わると、来年から完全に新しい生活がスタートすることになり第二の人生!という感じじゃないですか?
      是非新生活を楽しんで下さいね。
      絵のセレクト気に入って頂いて嬉しいです。そして美大油絵科すごい!

  3. 佳代様

    いつも更新ありがとうございます。

    丁未の私、、確かに!この一年目まぐるしい環境の変化ありました!

    祝杯あげていいのか~とblogを拝見して喜びつつ、、寅卯天中殺の始まりに戦きつつ、、複雑な心境です(^_^;)

    このご時世、生きのびているだけで丸儲けですよね(^_^)v

    どうぞ佳代様もご自愛下さいませ。

    • そうそう、丁未の人は天中殺スタートなのですよね、親友がまさに丁未なので覚えています。
      でも今年という結構しんどい1年を終えることにお祝いして良いには変わりありません。
      来年から2年無事に通り抜けて下さい♪

タイトルとURLをコピーしました