【 広告 】

運格と人格と子丑天中殺

 

わーい!

この間の今日ですが、Instagramのフォロワー数が100になりました。フォローして頂いた皆様ありがとうございます♪

 

今の時代って好きな場所の様子がマスコミによってでなく一般人の目を介して、リアルタイムでどんな感じか知れて楽しいですね。ドイツの黒い森の山の上とか、パリの色々な建物のクリスマス用装飾とか、モスクワのトレチャコフ美術館はとか、日本の寺院+紅葉の様子とか。日本のカフェでこんなお料理が出たとか、自宅でのパーティーの様子とか。見ていてとても楽しく、次はどこに行こうかな?と常に考えています。

 


 

 

ところでベラルーシの独裁大統領、アレクサンドル・ルカシェンコ。

白いTシャツにエプロンでも着ければまさにその辺のケバップ屋

のオヤジにしか見えない、普通にその辺歩いてそうな一見人の良さそうなおっちゃん。

 

 

・・・・・。

 

なんだかこれを思い出しましたよ。

 

この人は権力をかさに好き放題やっており、それが人権侵害に繋がることも多く、国内でも反対する人が多い。あまりに目に余る政治的決定に対しEU諸国が異を唱え始めたのが癪に障り

 

今まで移民がEUに雪崩れ込むのを我々が頑張って止めてやってたのに!

オマイらが俺様に対してそう出るならわしにも考えがあるんだからな!

 

とばかりにEUに流れ込みたい移民をベラルーシを中継地点として取り込み、そこから国境を隔てたポーランドに国ぐるみで送り込むようなことをしているわけです。それが現在大問題に。

とまあその辺の事情や政治的なことは私が説明するより調べて頂いた方が正確に分かるかと思います。

 

このルカシェンコおじさん、戊午なのですよね。私は夫が戊午なのでつい同じ日干支の人は注目してしまいます。

他に戊午の人は(敬称略で)野球の新庄監督、ジョン・キューザック、加藤諦三、ナタリー・ポートマン、武内亮、ジェームズ・マカヴォイ、テニスのナブラチロワ、ピアニストのIgor Levitなど。

 

ということは子丑天中殺であり、これだけ好き放題無茶苦茶してるのだからいつ淘汰されるのだろう?と思って天中殺入る前から気になっていました。彼はまだ淘汰はされていませんが、やはり隠れていたことが明るみに出やすい天中殺。彼の正体が世界に知れ渡り・・・というより上の物言いを見ていると彼自身本音を隠す気もなくぶちまけていますね。

 

で、子丑天中殺の人はまあ強い人が多いです。というか皆さん身強なのよね。その中でもルカシェンコは天将星が2つの最身強。ああ、最身強・・・

算命学ではその人の姿を命式からある程度推測することはできます。日干がこれで月支がアレ、命式中に何々の五行があるからこんな感じの人、といった感じでおおよその傾向を予測するのです。ただこれはあくまで予測であり、やはりその人の人となり、特に人格や品格の高低は命式だけで判断はできません。

それはこの右側によるところが大きいからです。

 

で、ルカちゃんの命式を見るとですね・・・あれもこれも揃っています。とてもバランスがいい。敢えて言うなら天将星2つもあってエネルギー強すぎということだけ。

あれもこれも揃ってバランスがいいということは上格の命式ということ( もう一度念のため:ここでいう上格は人間性とは無関係 )。つまりこの世の人間社会で頭角を現しやすいですよということ。そしてバランスが良いので、生育環境や自らの判断、努力次第では素晴らしい人格者にだってなれる可能性が高かった人。

 

そこでふと思い出すのが、算命学で言う

 

運格は人格を落とす

人格は運格を落とす

 

の話。

 

運格は社会で活躍しやすいか、出世しやすいかみたいなところを見ます。これは特に難しい話ではなく、皆さんも経験がおありでしょう。周りの誰かがちょっと昇給した、小金を稼いだ、ほんの少し社会的ポジションが上がった、くらいで別人かと思うほど上から目線の横柄な態度を取るイヤな奴になってしまう。そういう人はとても多い。あれです。本当にたかがそんなショボいことで??みたいな些細なことで、めちゃくちゃ偉そうになって周りの人を粗末に扱い始めるアレ。あれがまさに運格は人格を落とす。

 

逆に人が良すぎてどこまでも綺麗に生きようとすると、今度はこのドロドロのあくどい社会で(笑)なかなか上に上がれない。それが人格は運格を落とす。

ただし。

運が上がることで自動的に人格が上がることはないけれど、人格を上げることで少しずつ運が上がるということはある、とも言われます。

ルカちゃん見てると、まさにこの 運格は人格を落とす の典型例だなと思うのです。ああ勿体ない、こんな命式なのに。

 

でも子丑天中殺はこの12月1月が本番。これを何とか乗り切れたとしても、来年は今度は半会2つと納音が同時に出るので足元を掬われそう。それでなくとも動画の様子を見ていると相当頭に血が上ってカンカンに怒っているようですし、命式と合わせて考えても心臓、小腸、消化器系あたりに来るなあ・・・という感じです。

 

 

しかしこういう独裁国に生まれたりそこで生活せずにいられるというのは有難いことですね。

 

応援ありがとうございます♪  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました