2022-12-01

◆ 算命学

干支・十干・十二支が重なると衝撃は大きい、そして身強の方がやはり持ちこたえやすい

12月の壬子に入るまでの期間で、最後から2番目の山場が昨日来ていました。昨日は丁亥の日だったので、日運も合わせると6重冲動、うち2つは天剋地冲という踏んだり蹴ったりな感じの暦だったのです。
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました