【 広告 】

“ 目的地に着かない ” 天才、再び

 

やっぱり 私は “ 目的地に着かない ” 天才 だと確信した!物は言いよう

 

デュッセルドルフを 午前11時 に出てウィーンのホテルに着いたのが 18時 って

一体何をどれだけ迷い彷徨えばそうなるのか!!?

だって  飛行時間はたった90分  ですよ。

飛行機のチェックインや手荷物検査だってそんなに時間がかかるわけでもなく

ウィーンの飛行場から 中央駅 までは何の苦も無くストレートに来れたのに

そこから何時間も迷いすぎ

( 注:ホテルは中央駅から 徒歩圏内 )

自分でも毎度のことながら訳が分からないや・・・ショックもやもや

しかも

今まで外国でデータローミング不可能だった(のでネットに繋がらなかった)のは携帯の契約によるものだろうと思い

ちゃんと契約変更してきてウィーンでもばっちり街中でネットに繋がりまっせ♪

GoogleMapのナビあるからもう迷わないもんね♪

さすが私~ (*^ω)ヌホホ ピンクハート 

と思ってたのに

全然繋がらないじゃないかー!

とまた古い画像を持ってくるw

ウィーンは近いし言葉も隅々まで通じるし、庭みたいなもんよ グッ

と思ってる割にこれですからね。

 

中央駅のインフォメーションで乗るべき電車について指示を仰ぐ

一駅乗ると更に近いため

ちゃんと言われたプラットフォームに行き 間違った電車に乗る(何故なのか)

随分行ってしまってから気付く

仕方ないので降りてその辺でタクシーを拾おうと決意

タクシー全然おらんわ メラメラ

ちょうど見知らぬバスが来たのでとりあえず中央駅に戻る

もう探すのは嫌なのでタクシーで解決しようとする

『 姉ちゃん、これここからめっちゃ近いで!歩いていける距離やけどタクシーで行ったら20ユーロもらっちゃうことになるけどどうする?』

と実に良心的なおっちゃんの勧めで歩いていくことにする

( 思わずトルコのぼったくりタクシーを思い出し、おっちゃんの正直さに感心する )

そこから近距離のはず、言われた通りに進んだはずなのに、何故かまた全然違う方向へ行ってしまう( だから何故なのか )

自分がどこにいるかさっぱり分からない チーン

近くの花屋に駆け込んで尋ねるも、またまた随分遠いところまで来てしまっていることが発覚( なんでや )

ちなみに重いスーツケースを引き摺りつつ歩き回っているその段階で 暴風&大雨

とりあえずまた中央駅まで戻る( 中央駅好きか )

何だかんだでようやく辿り着くも、宿が開いていない~!( だから何故なの・・・)

宿主に電話 『 宿泊予約した者で今ドアの前にいるんですけど、閉まってて入れないんですわ。何でやのん(怒)!?』

相手 『 姉さん、うちHotelちゃう。間違い電話やで。』

私 『 ひぇ~・・・これまたエライすんません お願い!!』

相手『ええんやで^^』

Hotelの下の怪しい飲み屋のおっちゃんから正しい電話番号を入手して事なきを得る

18時、遂にお部屋に到着(95分死亡状態)、完!

やっぱり天才や~ ヽ(゜▽、゜)

やはり私専用の高性能ナビである夫に一緒に来てもらわねばダメですね

ウィーンには日本と同じくらいのレベルのモンブランがありましたピンクハート

ドイツにはモンブラン自体が存在しないのよ!ありがたき幸せ ラブ キラキラ

 

無形文化遺産 ウィーンのカフェハウス その魅力のすべて
Amazonで沖島博美の無形文化遺産 ウィーンのカフェハウス その魅力のすべて。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました