【 広告 】

ウィーンおばけ話(1)

 

ウィーンの中央駅ってショッピングセンターのようになっていて、初日もう暗いし他に探す気力もなく、そこでご飯食べてたんですよ。

 

 

で、駅の構内放送がずっと鳴ってるのですが

 

ピンポンパンポ~ン♪

○○の電車は40-50分遅れます

 

ピンポンパンポ~ン♪

▽▲の電車は150分遅れます

 

ピンポンパンポ~ン♪

■◎の電車は3035分遅れます

 

ピンポンパンポ~ン♪

○☆の電車は5-20分遅れます

 

ってそんなんばっかり延々やってるww

 

そして5回に1回くらい

 

ピンポンパンポ~ン♪

 

○●の電車は

 

来ないことになりました

 

ってどんな鉄道会社なのか  < まぁドイツでもよくあるけどさ

 

 

という愉快な構内放送を聞きながらご飯を食べていたら、思い出した!

 

昔学生の頃何度かウィーンに来た時は、寝台列車で寝て来たんだった。

ケルンからなので多分10時間くらいかかった気がするけど、寝てたら着いたのでいつも楽だったな~♪

 

で、ウィーンにはコンクール兼講習会( 要はワークショップ )のために来ていたのですが

紹介された宿泊施設がウィーンの大学の学生寮。

懐かしい < そのコンクールでは2位でした

 

 

で。

 

 

私に割り当てられた部屋は奥に向かってに異常に細長~い部屋だったのですが、ちょっと気味が悪い部屋だったのですよ。

その建物自体は窓も多く明るい感じだったのに、です。

 

 

こんな感じでベッドがあったのですが、初日に 夢 を見ました。

実際には部屋にこんな風に椅子は一切ありません。

 

 

 

 

夢の中では、私の寝ている反対側の壁Bを背に私の方に向けられた椅子が壁沿いにずらっと並んでいて

そこに老若男女が私の方を向いて座ってるのです。

満席。

でも皆さん、俯いてて顔が暗くなってて表情が見えない。

ちょっと服装が一昔前の感じだった記憶があります。

戦時中の貧しい人たちといった感じかな・・

 

 

夢の中で私は怖いという感覚は皆無で

 

こんなだらけ切った格好で寝てるところを、こんなに大勢の人に間近で見られるのは緊張するなあ

もっとピシッとちゃんと美しく寝なければ

 

とか思ってるんですよね 笑

 

 

 

次の日友人がその部屋に遊びに来たのですが

 

 

友:佳代さ~ん、遊びに来た!

ドア、ガチャっ

 

 

 

っ 滝汗

 

 

 

 

 

 

この部屋なんか怖くない (((( ;°Д°))))

 

 

 

 

 

私: やっぱりそう思う?

 

 

これこれこういう夢を見たんだよね。

ここにずらっと椅子が並んでて

 

 

 

友: ひぃっ・・アセアセ

 

 

 

私: そこに満席に人が座ってるんだけど、皆俯いてて顔が暗くて見えないのよ

 

 

友: ひぇぇ・・・!

 

 

 

やっぱり俺怖いから帰るわっ!

 

 

 

と速攻で帰って行きましたw

 

 

そしてその次の年にもそこに宿泊したのですが、すごいたくさん部屋数あるにもかかわらず

 

 

 

 

まさかのまた同じ部屋 笑い泣き www

 

呼ばれたな

 

 

 

その時は何もなかったけどね。

 

まっ、私はお部屋でもなんでも丁寧に綺麗に使いますので、きっと気に入られたんだな♪

 

 

 

しかしそんなことは一切気にせず・・・

当時私の家にはお風呂がなくて(シャワーのみ)、その寮にはあったのですよ!

なので、毎日昼からお風呂に浸かって堪能していたのでした。

しかも貧乏学生だったしそこ安くて便利な場所だったから、まぁ何かいるみたいだけど別にいっか~♪ と思って。

全く邪悪な感じはなかったからね。

 

 

そして 今年春宿泊したホテル ですが・・・

 

 

明日に続く

ウィーンおばけ話(2)
昨日からの 続き そして 今年春宿泊したホテル ですが・・・ そこも部屋に入った瞬間 ああ、これはちょっと・・ と思ったのですよ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました