【 広告 】

本当に美しい人:Megan Rapinoeさん

 

~ 8月6日まで1割引きキャンペーン開催中 ~

赤薔薇 ZOOM鑑定 右矢印 日本時間で 17時 からと 21時30分 からの2枠からお選びいただけます

赤薔薇 ドイツで対面鑑定

キラキラ ご予約・ご購入は 予約フォーム からお願いいたします

※ 学割スタートしています → 鑑定料は約半額になります。ご希望の方は個別にお知らせください。

 

 

 

 

本当に美しい人というのはこういう人のことを言うんじゃないかと思う。

 

 

 

 

女子サッカーワールドカップで優勝したUSA代表チームキャプテン、Megan Rapinoeさん

 

 

 

「 くそったれのホワイトハウスになんか行くもんか 」 国歌を唱わないピンク髪の反逆児ラピノーはヌードも披露

 

„ I´m not going to the fucking White House.“

 

 

ラピノー選手はサッカー雑誌のサイトの動画で

 「 W杯に勝っても、くそったれのホワイトハウスになんか行くもんか 」 

と宣言。

 

これに対してドナルド・トランプ米大統領はツイートで怒りの反論。

← この人ホントしょっちゅうツイートしてるよね。ヒマなのかな・・・

 

「 私は犯罪と司法を改革し、黒人の失業率は過去最低レベル。

貧困指数は史上最高レベルまで改善した。

私は米国代表と女子サッカーの大ファン。

ミーガンは口を動かす前に勝つべきだ。

仕事をまず終わらせよ」

 

「 W杯に勝っても負けてもホワイトハウスに招待する。

ミーガンは祖国、ホワイトハウス、星条旗に敬意を表すべきだ。

彼女やチームのために多くのことがなされてきた。

身につけている星条旗に誇りを持て。

米国は偉業を成し遂げつつある」

 

同性愛者であることを公言する反逆児ラピノー選手は

「 私は特別にユニークに、そしてかなりディープな米国人だと思っている」

とラピノー流愛国心を披露。

 

「 この舞台に立つためにどれだけの時間と労力、誇りをかけてきたかを考えるとホワイトハウスに行く気にはなれない 」

 

「 自分たちと同じ考えとは思えない政権とW杯を分かち合うことの意味をよく考えるようチームメートに促したい 」

 

と一歩もひるみませんでした。

 
 

 

 

 

 

 

 

 

パッと見て受けた印象が

 

あ!この人は本質と外側がズレてない

 

だったのです。

何度も書いていますが、そういう人って本当に少ない。

 

ズレのない人は独特の強い魅力があります。

だって薄まってないんだもの。

濃いんですよ。

そりゃ魅力的です。

 

で、この人の命式を見てみたら、彼女も今年天剋地冲なんだな。

彼女は 乙巳 ( きのとみ )の人です。

 

専門的な説明は省きますが、私も今年天剋地冲であるけれども彼女の天剋地冲とはちょっと意味合いが違います。

 

 

しかしいずれにせよ、今年 ( もしくはズレ込んで来年 ) 一年が大きな転換点になる可能性大な時期。

 

 

癸巳の希望の星であるラリ・ザーラ選手と天剋地冲による突破

 

でも書きましたが、自分が人生賭けるくらい入魂している世界で、自分だけでなく周りの世界・人々にも密接に関わりのある大きな壁を砕ける時期というイメージです。

天剋地冲って環境がバラバラに壊れるという意味がありますのでね。

 

 

で、 ( きのと ) の人なので確かに和合協調精神が強く、チームプレーに向く人です。

 

が、びっくりしたのはスポーツ選手にあるといい

車騎星、牽牛星 が なく

陰占にも金性がほぼない、皆無とは言えないけどね・・・

くらいのものだったこと。

 

敢えて言うと寅卯天中殺の人は車騎星的なカラーを帯びるので、そこからの闘争心でずっと来れているのか・・?

 

でもどっちかというとスポーツみたいな有形の世界よりも、学問とか芸術とかそういうった系統に合う人です。

 

 

FIFA会長は女子の賞金を倍の1億ドルに増やすと宣言しましたが、男子の2022年カタール大会の賞金は6億4900万ドルとまだ6倍以上の開きがあります。

このため表彰式で「男女の賃金格差をなくせ」とブーイングが浴びせられました。

 

ラピノー選手は「私たちは次のステップに行くべきだ。どのように世界中の女子連盟やプログラムを支援していくのか。

FIFAは何をして、私たちは世界中の女子リーグをサポートするために何ができるのか。

会話を次のステップに進めるべきだ」と訴えました。

 

 

確か、なでしこジャパンが優勝した時もその後も、飛行機移動はエコノミークラスと聞いて

 

いやいやいや・・・滝汗

そんな偉業を果たした人たちにいくら何でもリスペクトなさすぎちゃう?

常識を疑うわ

 

っていうか馬鹿なの?

 

と仰天した記憶があります。

 

おそらくサッカーだけでなく、女子スポーツ界全般的に選手の扱いはそんな感じなのでしょう。

 

そんな環境を変えていく突破口になれるのが彼女のような人なのかも知れませんね。

 

壁は厚いけれど、一点ここを突けばヒビが入るという場所を自分の運気に乗って粉砕に入る。

卵の殻がくしゃっと割れるイメージ。

 

おそらくこうして自分の人生・運気の流れを生かして周りに貢献することで、すごい徳を積んでいくことになるんだろうな、なんて思いました。

 

 

 

追記: 「このチームには、ピンクの髪もタトゥーもゲイもいる」 女子W杯で頂点に立った選手が訴えること

 

 

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました