【 広告 】

自分が自分の中心に戻るための特効薬:Friedrich Gulda

 

めちゃくちゃ好きでたまらないピアニストが2人いるのですが、一人はFriedrich Gulda(フリードリッヒ・グルダ)というオーストリアのピアニスト。

 

 

 

彼の在りし日のインタビューで以下のようなものがありました。

Natürlich ist es, dass ich mache, nicht nur musikalisch sehr verschieden sondern auch qualitativ. Aber vielleicht kann man sagen, dass ich in jeder Art von Musik, die ich spiele, die “specific kind ob magic“ ausstrahlen kann. Das ist etwas was ganz tief drin ist. Ein gewisser unzerstörbare Kern.

Egal was ich spiele. Ich spiele immer Gulda.

 

私がやってることはもちろん音楽面だけでなく、質の面でも非常に多岐に渡ってるよ(注:クラシックだけでなくジャズ、サックスなども)。でも私がやってる音楽というのはどの種のものでも、明らかにある種の魔法と言えるかも知れないね。それは非常に深い部分に存在して、きっと破壊し得ない核なんだ。

私は何を弾こうとも、いつもGuldaを演奏するんだよ。

 

そうそうそう!!そうなのよ!

 

これ聞いた時鳥肌が立ちました。

 

私がいつも考えてること、核という言葉までドストレートでそのまんま。

しょっちゅうこのブログで書いてることそのまんま。

 

色んなことをしたり、色んな場所に居たり、役割が変わったり・・と、外側がどう見えようとも、その人が自分の中心である核の部分をどれだけそのまま生きているか、それを如何にストレートに表現してるか、少なくともそうしようと努力してるか。

 

そこ!人生で何よりも大事なのはそこなのよ。

このブログのサブテーマ

 

自分として生まれてきた以上、自分であること以外にすることなんて何もないのよ

 

はまさにこれなのですよ。

 

そして確実な技術と経験に裏付けられた演奏で、その自分の中心にある最も大切な部分、自分の本質であり核の部分を生きる・表現することを生涯に渡って追究し続けた偉大な演奏家。

 

そういった本当の意味での一流のものに触れると、濁っていたり中心から乖離しかけていた自分がバシッと本質に戻る とのです

 

本物は周りにいい意味で伝染する。

偽物もそのニセモノたる在り方が伝染病のように簡単にうつるので、できるだけニセモノからは離れる。

本物の芸術に触れると、浮遊していた自分が自分の芯・核にパシッと戻る。

 

これはもしや最強の浄化でパワースポットかも知れない、と思っています。

 

ちなみに彼の命式はこちら

さすがに!傷官+帝旺 という 芸術家に最高の組み合わせを持ってるよね。

そして演奏家としての才能だけではなく、商業的にもイケる才能として人と財を集める財星はこういう仕事の場合絶対に欠かせないと私は確信しているのですが、彼は

偏財×正財× に手堅く着実に進む建禄

確固とした自分を持ち自主独立して生きる比肩

素直で控え目、おしゃれの長生

 

うんうん、持ってますよね、やっぱり!

結構なお年でも全く弱ることなくすごいパワーで演奏されてましたものね、身強じゃないとあれは無理よ。

舞台での演奏ってどれだけエネルギー使うか・・

 

それにしても彼の動画は観始めたら止まらない。

 

そしてこういうのを積極的に観ることが出来るほど、自分が心身共に健康であることを嬉しく思います。

以前弱り切っていた頃には、音楽がとにかくどうにもこうにも全く受け付けられなかったのでね。

応援ありがとうございます♪  

 

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >kさん
    こんにちは^^
    つい周りの騒音に気を取られて一番大事な『自分は本来どうなの?』を忘れがちです、私も。そういう時にパッと中心に戻れる自分なりのやり方を見つけておくといいですよね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    今春(笑)鑑定して頂いたk子です。自分を生きる、これを知りたくて、これに惹かれて、鑑定申し込んだのをつい日常忘れがち。こちら読んで再度決心します。いつも自分本来でいよう。

タイトルとURLをコピーしました