【 広告 】

あの世的感覚そのまんまで生きる人たち:絶・死・胎(=天馳・天極・天報)(1)

 

 

この間の記事 で、こっちに生まれてくる前の世界における

神様の手下的ナニモノかの言葉

 

 

ナ『 いやでもな、あっちの世界にはこっちと違って色々制限があるねん。パッと思ったことを全部同時に思い通りに進行させるって無理よ?だから仕事を本気でやりたいなら、それしてる時間は誰かに代わりに子育てをしてもらったり・・・』

 

 

を書きましたが、これホント。

 

思ったことは自分に関してだろうが周りの環境だろうが即実現

体がないので思った瞬間にはもう目的地にいる

(場所の概念もないんだけど)

あと時間の感覚もない

(というか時間の概念もない)

 

空間時間肉体を引きずって生きる という 制限がなく

全ての本質がモロ出しというかそれしかない世界(※)

 

 

そしてその感覚をそのまんま引きずって生きているのが(強度順に)

 

四柱推命でいう

 

絶 > 死 > 胎

 

算命学でいう

 

天馳 > 天極 > 天報

 

なのです。

 

(自分にこれらの星があるかどうか見てみる?→ こちら)

 

 

 

 

絶 > 死 > 胎 はちなみに大昔に流行った動物占いでいうと

 

絶 = ペガサス

死 = 象

胎 = 狼

 

となります。

 

 

絶 > 死 > 胎 はしかし、一直線上に並んでいて『 感覚のあの世指数 』が違うだけかというとそうでもなく、少しずつカラーが違います。

 

 

( ´∀)σσ明日に 続く

 

 

 

 ここで書いた あの世の感覚 って、私は小さい頃

『 何で皆知らないんだろう?当たり前のことなのに・・キョロキョロ ??

とずっと思っていました。

これどれくらいの人が知ってるのかしらね?

 

 

 

 

 

花束 多忙のため11月いっぱい鑑定受付フォームを閉じています 花束

 

 

  にほ んブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました