【 広告 】

異常干支や宿命中殺を面白おかしく悪く描写する奴は許さん

 

今日の記事は長いですわ!


 

こぉ~んな不幸な人生送ってる人がいましてねぇぇぇ

実はこの人は〇〇って異常干支の人だったんですよお(ニヤニヤ)

それとは別にあんな災難やこ~んな最悪なことが次々起こってる可哀想な人がいましてねええええ

この人は△△と◆◆の二つが異常干支の命式だったんですよおおお(ほくそ笑み)

まだ他にもいて~、家庭がどうで仕事がうんちゃらで友人関係が・・・

あっちもこっちも不幸だらけの気の毒な人

この人はなんと宿命全部が異常干支だったんですよおおおおおおおおお(ぐふふふふ・嬉々♪

 

 

みたいな文章を見かけまして

 

 

脳内でバッチクソにしばき倒しておきました。

 

 

おるわ~こういうやつおるわ~(全力嫌悪

どこの世界にもいるよね、“ 人の不幸は蜜の味 ” な人。

自称何十年( 十何年だったかも?どっちでもええわ )算命学を勉強したってことらしいですが

その何十年、見事に無駄にしたんやなあ、と。

その人の記述を私は 馬鹿がうつるので 全体の10分の1も読みませんでしたが

たったそれだけの中に異常干支の記述だけでなく、他にも間違い・嘘てんこ盛り。

こいつ高尾宗家の教科書も専門書も全然読んどらんやろ?

こんなもん基礎の教科書に正反対のことが書いてあるがな。

という正論でも何でもない

単なる脳内 “ あんなこっといいな♪でっきたっらいいな♪ボクチンすごいワールド ” をドヤ顔で得意げに

自分は何でも知っている、算命学では何でも分かる(キリッ

と嘘八百が書き連ねてある何某かを目にしました。

注: ブログではありません。

 

私なんかはそんなものを目にしても、即座に “ 脳内バチクソしばき倒しの刑 ” を実行できるくらい元気だからいいのです。

  賛成、これも追加で!

 

自分で勉強もしていますし

異常干支が何か、算命学が何でこれやあれやの言葉が出て来た時はどういう意味があるかなど分かりますので

うっかりゴミが視界に入っただけのことです。

 

しかしそもそも、あれもこれも努力してみたのにどう頑張っても上手く行かない

人生どん詰まりでしんどくて苦しい

何故なのか、どこかに答えを見つけられる道があるのではないか・・・

と必死に解を求め算命学みたいなニッチな世界に辿り着いてきた人というのは

大抵、足掻き切った最後にほんの少ししか残ってないエネルギーを振り絞って鑑定師のところに来てくれるわけですよね。

心細いしヨレヨレですわ。

もちろんそこまで行かなくとも興味があるというだけで来て下さる方は、そこまでヨレヨレじゃないでしょう。

でもまぁ宿命中殺や異常干支なんかを持っていてそれゆえの生き辛さから、何とかそれでも頑張れる方法を見つけ出そうと

算命学に辿り着く人。

そういう人はまぁ真面目なのでネットでまず言葉の意味を調べたりします。たいていビビります。

脅し文句みたいなこと書いてあるサイト多いもんね。

初めて宿命中殺やら異常干支みたいな言葉を見たら仰天しますよね。

怖いわそりゃ。

やっぱり自分は何かアカンのか、と。

生まれ持ったもので、努力したところでこれ以上どうしようもないのか

決まりきった変化させられないもので自分はやっぱり残念な生まれなのか、と。

不安になりますよ。そりゃそうだわ。

そういう人たちを、舌なめずりしながらニヤニヤ顔で

ほ~らやっぱり♪あなた異常干支あるからダメじゃないですか、はぁ・・・(溜息

宿命中殺あるし不幸なのはねえ、仕方ないんですよ~ん♪♪

( でも自分は異常干支も宿命中殺もないもんねえ~だ! )

などと言いつつますます苦痛を増幅させて、彼らが苦しむのを心の底から堪能する。

 

いるいる、いるわー!こういうやつほんっとにどこにでもいるわーーー!!

 

***

 

ところで最近どこかでお勧めされていたこの漫画を読んでみたのです。この漫画を読む習慣皆無な私が。

強制除霊師・斎 (1) 怨念旅館 (あなたが体験した怖い話) | 小林薫, 斎 | 歴史 | Kindleストア | Amazon
Amazonで小林薫, 斎の強制除霊師・斎 (1) 怨念旅館 (あなたが体験した怖い話)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
強制除霊師・斎 1-10巻 新品セット | 小林 薫, 斎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小林 薫, 斎の強制除霊師・斎 1-10巻 新品セット。アマゾンならポイント還元本が多数。小林 薫, 斎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また強制除霊師・斎 1-10巻 新品セットもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

これは実在した若い女性除霊師さんの実話らしいのですが、実に明るく軽く描かれています。

読みやすくて量も多くなく、10巻一気読みしてしまいました。

私は霊能者にも除霊にも興味はないのですが

私が感知している目に見えない世界( あの世系 )

この人に見えているところは果たして一致するだろうか多分一致するんだろうけど?

という興味があって読み始めたのですよね。

まぁ同じあちら側の世界に接触していても、接触する部分も仕方もそこからすべきことの管轄も異なるので

この本に書いてあること全てが分かるわけではありませんが( 私は霊感がありませんし除霊も知らない )

私の掴んでいることはほぼこの人の掴んでいるところと一致するな、と分かりました。

 

それはいいのですが、ああやっぱり!と思ったこと。

この本に繰り返し出て来るのですが、死んだ後もなお成仏できずこの世に残る霊とか

特に生きている人にちょっかい出す悪霊というのはたいてい

 

ひたすら他人の不幸を望んでそれを見てほくそ笑んでいる、それ以外楽しみがない
他人の幸せな様子が許せない、だから死んでなお人の足を引っ張る

 

いるいる、いるわー!こういうやつほんっとにどこにでもいるわーーー!!

 

 

この記事と内容が被りますが

人生を疎かにすると自分の存在の真ん中に空洞が出来てしまう話
数か月前に中国版『 陰陽師 』の映画をNetflixで観まして。 これは予想外にといいますか、あまりにも斜め上な感じですごい面白かったので映画の感想はまた明日書こうと思います。 さてこの映画を観た時、最初の方にこ...

 

誰でも他人を見ていいなあと羨ましく思うことはありますよね。それは普通。

そこから先が分岐点。

・ なるほどああいう選択肢や現実もあるんだな。ちょっと自分でも行けるかどうか努力してみよう

・ 自分はこーんなに恵まれないのに( 被害者ポジション&悲劇のヒロイン気分どっぷり )なんであいつだけ良い思いしてるんだよ。許せん。あいつの幸せぶち壊す( 全力足引っ張り )

だいたいこの2パターンに分かれるでしょう。

羨ましいと思ってもすぐ忘れるような場合は、無害なので前者に属すと考えて。

 

だいたい羨む気持ちが妬みから他人の不幸を願う破壊的思考になる人というのは

まーやることやってませんわ。

ぐだぐだ言ってる間に自分でやれや、といいたくなるほど自分は面倒な努力はしたくない。

指一本動かしたくない。

のんべんだらりと過ごしていても有名になりたいし、周りからきゃーきゃー憧れられたいし、一級の生活をしたいし、大金持ちにもなりたい。

自分が羨むあの人が陰でどんな努力をしたり、どんな辛酸を舐めて来たか

どんな長い道のりを歩んできて、今この瞬間も地味な努力を重ねているかなんて

それを想像するのすら面倒くさいし興味がない。

ただただ結果だけを見て、ズルイ!と思う。成果だけ欲しい!

なんでそれが無理なのよ!私こんなに可哀想なのに!私はそれにふさわしいのに!

それが実現できないのはあいつのせいだ。許せん!

みたいな無茶苦茶な思考回路なんですよね。

我が儘度、自分本位度の針が振り切れてしまってる。

 

何故そんなによく知ってるかというと、まさにそういう人物と生まれてから24年間一つ屋根の下で暮らしていましたもので・・。

 

自分に対し24時間隅から隅まで全力で監視&妨害してくる敵を知らずに、どうやって自分を守るのか、どうやって戦えるのか。

この戦場を生き延びるには敵をよく知らねば、と思ってものすごい神経を研ぎ澄まして観察し尽くしていましたので

このあたり誰よりも得意分野なのです(全然嬉しくない)。

 

そういう思考の人はそれがその人の気質そのものみたいになってしまうところがあります。

 

で、上のマンガは幽霊とか悪霊をお片付けするお話ですが

そういう幽霊や悪霊が肉体を纏ってこの世で生きている、みたいな人は大勢いる。

肉体があるかどうか、所属がこの世かあの世かだけの違いで、中身は同じなんですよ。

そしてそういうタイプの人は、知らず知らずに同じような人間や魑魅魍魎を自分に引き付けて乗っ取られるし

グルグル巻きの団子状になる。

『 類は友を呼ぶ 』にこの世とあの世の境なんてないのです。

その辺もとても分かりやすくマンガで表現されています。

 

 

ここで最初の “ 人の不幸は蜜の味 ” 丸出しの自称算命学鑑定師の話に戻りますが

算命学は知識があって正しく鑑定できたとして、そこからはその鑑定師がどこを見て話をするのかで随分カラーが変わってきます。

( 上のタコは知識もへったくれもないのでそのレベルに達していません )

何の努力もせず楽して果実だけ掠め取ろうとする人間が、そのカスみたいな劣等感を慰めるために

他人の命式を悪く悪く解釈して、悩んでいる人を脅して

ビビっている姿を見て『 これより自分は上♪ 』と溜飲を下げる目的で算命学を使う。

そして、あんたなんかどうせアカンやろ、と他人からエネルギーを奪うだけ奪って放置するのか

その人の可能性を一緒に探る方向で使っていくのか。

 

前者の何がマズイのか。

他人の人生の邪魔をする(※)ことで自分の脆い精神を支えようとし始めると

同じ種類の魑魅魍魎が寄ってくると上で書きましたが、そこから先は坂道を転がり落ちるように

余程のことがあって自分で気づく、そしてこれではいけないと気を入れ替えない限り

どんどん深みにはまって抜けられなくなる。

何故ならそっちの堕落の方向へ行く方が楽だから。

長い目で見ると苦しいけれど、今この一瞬を考えると、地味な努力をするより人を呪う方が楽。

だからそっちの方向へ流れてしまう人は多いし

だからこそ一歩そちらに踏み出すとわっ!と仲間が寄ってくる。

そんなことを続けていても誰も救われず、どんどん深みにはまっていくだけでひたすら苦しい。

苦しいからますます幸福な人を恨み、言葉で、行為でその幸福なり成功なりを破壊してやろう、という悪循環。

 

算命学はそんなくだらない使い方をしていいものではありません。

長い歴史の中で星の動きを観察し天地の法則を見出し

暦学を完成させそこから算命学や四柱推命を編み出した東洋の賢人たち

彼らがそんなエゴから来るゴミみたいなしょぼい “ 自分慰め目的 ” で学問に携わっていたら

ここまで完成されたものにはならなかったでしょう。

高尾宗家の言葉に

天中殺というと不吉な【悪】という観念が大きいと思いますが、そのような幼稚な思考を捨てて考えていって下さい。

というのがあります。

薄っぺらい表面だけの言葉やイメージに捉われてないで、もっと大局的に観察しろと。

異常干支という言葉にも全く同じことがいえるというわけです。

異常干支というと不吉な【悪】という観念が大きいと思いますが、そのような幼稚な思考を捨てて考えていって下さい。

 

 

(※)邪魔をするって言葉は普段何気なく使いますが、よく見ると【邪】と【魔】の組み合わせ。

漢字ってドンピシャで本質を表していますね。

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

+81

コメント

タイトルとURLをコピーしました