【 広告 】

2020年12月23日生まれの特殊命式

 

これといった理由もないのに心身ともに調子が大変悪い、何故だ!?

 ↓

はっ!もしや今現在の暦・・・?

 ↓

(調べる)

 ↓

やっぱりそうだったか!

 

という流れを一体何度繰り返しているか分からない私ですが、普段は暦見てないからすっかり忘れちゃうのよね。

案の定昨日、今日としんどい暦でした。

本日は己亥の日で私にとっては天剋地冲の日(+三柱異常干支の日)だったのでしんどかったのだけど

ってことは明日は庚子の日、ってことは明日生まれの子は庚子の律音がある三柱異常干支の子だな

と思って命式を出してみたら、大変特徴的で個性的な命式だったので

ついTwitterに命式を読んだものを軽く書きました。

 

せっかくなのでこちらにも書いておきますね。

 

 

昨日、今日、明日と3日続けて三柱異常干支の日が続いてるのだけど

明日生まれる子供は庚子・戊子・庚子という律音ありの天極星3つという超身弱で変わった命式。

井蘭斜格( 漢字合ってるかな?)なはず。

感性がクリアに澄み渡る、月も星もハッキリ見える冬の夜の空気みたいな人。

霊感強いだろうな。

地頭が良くて上手く導かれればスーパー頭脳明晰になる。

あれこれ手を出さず一つの分野にずっといる方が良いが、モノを扱う、体力勝負的なことはやめた方がいい。

頭脳、感性を活かせる無形の世界で無形の激動を生きると無理がない。

周りに馴染みにくい超一匹狼。

宿命に沿う生き方をしていると現実的なことで助けてくれる人は必ず現れるが

それを配偶者や家族に自ら期待しない方がいい。

というわけで、三柱異常干支仲間の世界へようこそ。

なんだけど、上記の生き方は最終的に本人が( 諦めなければ )到達する生き方で

始めは皆のように社会の良しとする模範的、理想的な道を行こうと七転八倒するはず。

現実的に壁にぶち当たりまくるけれど、それでいい。

それがないと本当の自分に辿り着けない。

超特殊命式の定めですね。

更に言うと女の子であれば変剋律瑠型、威型、玲型など当てはまるので、人生全般病気・怪我注意。

特に午や未が重なる時期は健康(目、腎臓、膀胱、体内水周り系)と安全第一で何もなければそれでよし!

くらいの感じで無理しないことが大切。

でもどこまでもストイックに頑張っちゃうタイプなのよね・・・

 

後で調べてみたところ井蘭斜格には入らないかな。

後天運との兼ね合いで入格することはあるけど。

とにかく皆と一緒に何かする、みたいなのは嫌いで一人が好き。

孤独の中で幸せを掴む。

中庸がなく好き嫌いも、好かれる嫌われるも両極端。

運の上がり下がりも激しく両極端。

キレ者すぎて周りが阿保に見えてしまうけれど、悪い人ではなく基本無欲なお人好し。

しかし周りの環境に染まりやすいので、身を置く環境はもの凄く大事。

もしマフィアの一族に生まれたなら、純粋にそのカラーに染まるということ。

 

あまりにも珍しい特殊命式だったので、思わず解析してみました。

私の命式は究極の孤独命式なのですが、この命式はそれ以上かも。

こういうのって必ず意味がある。

孤独にならなければ見つけられない、得られない宝があなたの人生に用意されてますよということ。

 

将来が楽しみですね!

 

Christmas in Madison Square Park – Paul Cornoyer (American, 1864 – 1923)

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

+62

コメント

  1. いつも楽しく拝見しております。
    私も命式に庚子が二つある女子です。たしかに、怪我病気は人より多いほうかなと思います。

    • こんにちは。
      庚子が2つだけでは何とも言えませんが、お怪我など注意されるに越したことはないと思います。

  2. 佳代さん、はじめまして。2年ほど前から佳代さんのブログを読んでいますが、コメントするのは初めてです。
    私は佳代さんと同じ年生まれ、三柱の地支は亥が三つで、今日の記事の命式とは違いますが、自分のことが書かれているようでハッとしました。特に ” 無形の激動を生きると無理がない“ モノを扱う、体力勝負的なことはやめた方がいい”というのが本当にその通りで、それらと正反対のことをしていた時は生きているのがとても嫌でした。
    私も40代前半で出産して、今は5歳の娘の子育て中で、電話が嫌い、数字が得意、以前趣味でですがクラシックギターをやっていたり…佳代さんと共通点が多く、勝手に親近感を持っています。算命学は本格的に習ったことはなく、ネットなどで少しだけ知識を得ている状態です。でも、佳代さんの算命学とは無関係の記事も好きで、ずっと読んできました。これからも素敵な記事を読めるのを楽しみにしています。(毎回の絵のチョイスもセンスが良いと感心しています。)

タイトルとURLをコピーしました