【 広告 】

私の内側の葛藤

 

少し前に書いたこの記事:

 

 

ものすごく目に見えない何かが変わって行っていて、どう考えてもこの “ 気 ” の動きの変化に影響を受けて訳が分からないくらいしんどいです。

正直、皆一体どうやって元気に生きてるんだろう??とほとほと困り果てるくらい。

成長期でも病気でもないのに、外回りの仕事やスポーツしてるわけでもないのに

疲れすぎてお昼30分くらい寝る

そして夜も10時間は熟睡っておかしいでしょう。

どれだけ睡眠であの世に逃避してるんだよって感じです。

 

私の後天運を見ると、私は今4柱異常干支の時期なのですが

私の場合はそれよりも 来年接運ど真ん中 なのでその影響?

今までの人生 ( ピッタリ算命学のカレンダー通り ) 接運ごとにものすごく大きく人生が変化してきているので、それ?

いや、でもどう考えてもそれだけじゃないな

何がどうと具体的に説明できないけど、とにかく “ 気 ” の動きが強烈すぎる

と思っています。

 

だからこの辺の記事で

 

現実的に強く目に見える形で逞しく生きれる人が羨ましいなあ

と書いていたのです。

 

そういう人を目の当たりにすると、頭では

持って生まれた宿命の形がまるっきり違うからそうじゃなくていいんだ

と理解はしていても

特に前線で戦っているわけでもない私がこんなにヘロヘロでダメじゃないか

もしかして自分を甘やかしすぎじゃないか

もっと自分に厳しく鞭打ってもっと頑張らなくちゃいけないんじゃないか

みたいな自罰的錯乱思考が出て来るのです。

 

どうしてもっと分かりやすく頑張りが評価される形の( 要は実にこの世向けな ) 宿命で生まれてこなかったのだろう

何でこんなしんどい人生になってるんだろう

この意味は!?

と精神面もすっごい苦しいんですよね。

 

え?

これって真っ暗な記事なの?

自分では この思考が標準装備 なので、真っ暗という意識はありませんでしたが

お読みいただいて気が滅入っちゃったらごめんなさいね。

私の内側の葛藤で一番大きいのはいつもこれです。

 

こんな感じで生きていますが、それでも私にとって本当に助けになるのが夫の存在。

共感力が強くて細かいところまで私に寄り添ってくれて・・・

なんてことは一切ありませんよw?

 

ただ、彼は私と違って 実に現実的 で ( 異常干支も宿命中殺もない )

どっしり安定していて、とにかく根っから明るい。

いてくれるだけで安心。

 

今ヨーロッパ各国は、それぞれに目に見える状況が激変して行っています。

ものすごい勢いでメリメリと社会が変化していっている。

明日がどうなるか全く分からないそんな中、極星車騎星、晩年期天将星の彼は

ここぞとばかりに戦闘態勢を整えて燃え上がっていますw

渦中に放り込まれるほど本領発揮というのはホンマやな・・

と算命学とともに夫を眺めている日々です。

本当に夫が逞しい人で良かったです。

 

そんな感じでして、ちょっとメール鑑定やメールのお返事など

仕事がめちゃくちゃ早い私には珍しくなかなか進めず、お待ちいただいている皆様には申し訳ないと思っています。

もう少しお時間いただけると幸いでございます。

 

 

The colossal head of ancient Persepolis, the Achaemenid Empire 550-330 BC day Iran

これを見るとすごいホッとするのですが、私だけですかね?近くで見てみたいな。

 

イランの家めし、いただきます! (わたしの旅ブックス)
イランの家めし、いただきます! (わたしの旅ブックス)
米国とイランはなぜ戦うのか?
米国とイランは1980年に断交して以来、40年にわたって対立を続けてきた。 トランプ大統領の登場で、その対立は激しさを増し、2020年1月3日のソレイマニ司令官殺害でピークに達した。 その後も米国の圧力は続き、イランの抵抗も続いている。危機は去っておらず、両国の対立が軍事衝突に発展する可能性は高い。 なぜ米国とイランは...
中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)
イランとサウジの国交断絶はまだ予兆に過ぎない かつて「悪の枢軸」と名指しされ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました