【 広告 】

気付いたわ

 

分かったわ。

 

昨日の記事

目に見えなくとも確かに存在する
書きたいことは山ほどあれどなかなか記事が書けないのは、多分天中殺月だからだな・・・ ということにしています。 書きたいことのテーマがいちいち大きすぎてまとまらないのと、全体的に調子が出ません。 で 今日はまた...

 

どうしてこの女性の事件が気になって仕方ないのか分からないと書きましたが、分かった。

 

この記事

ドイツで移民擁護派の政治家射殺される、ネットに歓迎ヘイト投稿殺到
【6月10日 AFP】ドイツで今月、移民擁護派の地方政治家が自宅で射殺される事件があり、これを歓迎するヘイトスピーチ(憎悪表現)がインターネット上にあふれている。

 

ドイツで移民擁護派の政治家射殺される、ネットに歓迎ヘイト投稿殺到

ドイツで今月2日、移民擁護派の地方政治家が自宅で射殺される事件があり、これを歓迎するヘイトスピーチ ( 憎悪表現 ) がインターネット上にあふれている。

ドイツ政府は7日、ヘイト投稿を強く非難した。

殺害されたのは、独中部カッセル県のWalter Lübcke ( ワルター・リュブケ ) 県知事 (65)。

アンゲラ・メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟 ( CDU・CSU ) に所属する政治家で、移民の擁護を公言していた。

( 中略 )

カッセル市内の自宅テラスで、至近距離から頭を拳銃で撃たれて死亡しているのが見つかった。

自殺を示す兆候はなく、警察は殺人事件として捜査している。

捜査当局によると犯行の動機は不明だが、リュブケ氏は以前から殺害を予告する脅迫を何度となく受けており、政治的な動機による事件の可能性は排除できないという。

 

私は仕事柄、生年月日の分かる人に関してはできるだけ命式を見るようにしているのですが

この事件と 昨日の記事の岩本和子さんの事件 と、両方の共通点

運気停止・破壊条件×2 且つ 運気拡大条件 の重なり

なのです。

下の政治家さんは今年の年運が 天剋地冲×2

私も天剋地冲×2。

しかもリュプケさんより影響が濃く出る形。

更にリュプケさんも私も、大運の切り替わりで要注意時期の 接運 が重なっており、私は更に今月・来月が月運天中殺。

 

 

そっか!

 

私がもっと気を付けろってことなんだわ !!

 

と気付きました。

( すごい要注意時期である ) 天剋地冲の1年も無事に3分の1経過して、何だかすっかり気を抜いていましたよ。

 

で、万年暦を見てみたら今後の要注意は7、9、11月 ( もちろん日運まで細かく見れます )。

 

なるほど・・・

 

ってことは8月なら旅行OKやな?

 

などと考えていました。

 

いや、今年中に後もう一度どうしても日本に一時帰国したいのですよ。

それを8月にするか10月にするか・・・

とりあえず7月を無事に乗り切らないといかんね。

何事もなく無事に1年が過ぎますように。

 

お亡くなりになったリュプケさんには心からご冥福をお祈り申し上げます

 

ドイツの政治教育 成熟した民主社会への課題 (岩波オンデマンドブックス) | 近藤 孝弘 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで近藤 孝弘のドイツの政治教育 成熟した民主社会への課題 (岩波オンデマンドブックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。近藤 孝弘作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またドイツの政治教育 成熟した民主社会への課題 (岩波オンデマンドブックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました