【 広告 】

明日から夏休み、そして週末はまたコンサートへ

 

皆さんご機嫌よう。

しばらく間が空いていますが、算命学をやめたわけでもこのサイトを放置しているわけでもないんです。

ホントよ!

本日で学校の年度末、明日から夏休みに入り少し時間が出来るかも?と漠然と期待しています。

いや、よく考えたら明日からずっと子供たちが家に居るのでもっと時間なくなるのかしら・・・

考えないようにしよう。

学校があると学校と習い事の送り迎えで1日は潰れエネルギー切れし、他に何もできなくなるんですよね。

小学校がとても遠いのだ

子供複数いて家事も仕事もフルでやってらっしゃるお母さま方、尊敬します。

どうやってそんなにちゃんと生きられるんですかあああぁぁー?!

といつも心で叫んでいます。

いやいや、他人と自分を比較するのはやめましょう。いいことないもんね♪

 

そんな感じで日常生活だけでへっとへとのわたくし、昨日も微熱で寝込んでしまいましたが

日曜日は!コンサートに行く! ← またか・笑

今度行くのはこれ。

 

この中国系カナダ人ピアニスト、ユジャ・ワン 王羽佳、Yuja Wang)さんはピアノ界ではスターだよね?

で、YouTubeとかで聴いてみても特に好きと言うわけではないのですが、何故ライブに行ってみようかと思ったのかというと

彼女 凄い身弱なのよ、最身弱さん。

 

天馳星が炸裂しているところを見たい!

という一心でチケットを購入しました。

彼女いつもかなり露出の激しい衣装で、それが話題になったりするのですが

演奏が始まれば私は音の世界に完全に入って視界はあるようでない状態になるので

正直ビキニでもパンイチでもなんでもいいです。

 

いやいやしかし最初にこの命式を見た時思ったのは

そそそsssそんな身弱でソリストとして世界飛び回るってどどどdどうやって??

だったのです。

楽器のソリストって無茶苦茶エネルギーいるんですよ。演奏会終わった後は完全に屍になってたもんな、若き天将星の私でも。

彼女はまだ30代前半で子供がいないにしても、相当へとへとじゃないかとか気になるのです。

それに人によるにしても、女性は毎月調子が悪くなる時あるじゃないですか。

人によっては月の半分は体調が悪く、私はそのタイプど真ん中なので

世界を移動しつつ自分のコンサートに全身全霊最高レベルに持って行って全部出し切って・・・ってどうやって?

しかも時差あるんですよ、時差。時差はしんどい。欧州と東アジアみたいに昼夜逆転ケースは特にめっちゃしんどい。

ねえ、どうやってやってるの???

とすごくすごく不思議なのです。

まあ実際、身弱さんでも第一線でソリストとして活動なさってる方もおられますけれども。

例:内田光子さんも天馳星・天馳星・天胡星の身弱さん

 

日曜に行く予定のコンサートはピアノソロコンサートじゃなくてピアノ、チェロ、クラリネットの室内楽なのですが

チェロ奏者がユジャ・ワンさんと日干支同士天剋地冲の関係で、彼も最身弱

片方は従生財格月干破格(虚気で完全格)で、もう片方は殺印相生格月干破格。

こんなん見たら絶対に生で聴きたくなりますやん!!

そんな特異すぎる理由でコンサートに行くのも私くらいだろうけれど

全部ブラームスというプログラムもいい♪

 

こういう一流のコンサートが例えば上の場合、子供はたったの7ユーロで入れます。

うちの子はまだ小さくて静かにしていられないのとコロナが心配というので今回は連れて行きませんが

大きくなったらどんどん一緒に行こうと思っているのです。楽しみ~♪

 

Portrait of Sarena Lederer, 1917 by Egon Schiele

『 は~、明日からやっと夏休みだわぁ 』とわりとズタボロの私

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

コメント

  1. このお姉さん、私も好きです!いつも、モータウンのシンガーみたいなド派手な服装とヒールの高いハイヒールで、素敵なボディーラインをご披露してくれるけど、それがティナ・ターナーの様に、セクシーなのに、いやらしい感じが全くない、めっちゃカッコイイ感じで、けど、見た目ではなく、音の世界に引き込まれる感じ。他の人では出来ない、彼女オリジナルな感じがとても良いですね。コンサート楽しみですね!

    • おお~!ご存知の方がいらっしゃって嬉しい♪
      この平気で一線も二線も超えちゃえるのが天馳星のいいところなんですよね。
      それがいい方に出るとすごい魅力になります。
      今回はソロではないのでイマイチ分かり辛いかも知れませんが、彼女の天馳星×2を楽しんで来ようと思います。

タイトルとURLをコピーしました