【 広告 】

私はこんな感じで干支や宿命の特徴を捉えている

 

◆ “ これさえ押さえておけば人生怖くない ” のお話会

→両日満員御礼となりました、どうもありがとうございます

◆ まもなく4月、東京での対面鑑定の募集をスタートいたします。

私の日本滞在日数が大変限られておりますので、少人数しか募集できず申し訳ないのですが、奮ってご応募くださいませ。

 


 

なんかすごいいっぱい記事を書いてたのですが、急に

またこんな ( あの世系のこと ) 書いてもきっと誰にも分らんわい

とやさぐれて、いきなりUPする気が無くなりました。

 

なので別の話題。

 

ベートーベンって生年月日が不明なのです。

 

が、おそらく1770年12月16日なんじゃない?というのが主流説。

これは彼が同年12月17日にボンで洗礼を受けたという記録からの推定なのです。

それが最近

1770年12月に生まれたのは確かだが、16日っていうよりかなり高い確率で12月の日曜日のどれかに生まれたと思われる

という説を見かけましてね ( ドイツの新聞記事で読んだんだけど、リンク見失った・・)。

 

で、前々から書いているように私はベートーベンは ( つちのえ ) の人だと思うのです。

彼の作品はどれも戊臭が濃いですもん。

それもドイツの山の空気なんだよね。

そこで1770年12月で可能性のある3つの日曜日の命式を出してみたのですが

9日だと 乙未 ( きのとひつじ ) で絶対違うと思う、却下。

すると2日と16日が残りますが、各命式はこう

 

 

こんなん絶対2日生まれちゃう!?

 

やっぱり ( つちのえ ) やったやん。

それも 戊子 ( つちのえね )二柱異常干支、しかも真ん中が ( 天馳星 ) 

そしてベートーベンって引越し魔で有名ですが

戊子の命式だとちゃんと変転変化の星、 ( 天報星 ) がある。

ご丁寧に第二宿命も

しかし陽占や天中殺を見れば見るほど、どちらも行ける気もする。

しかしそれ以前にやっっっぱり彼の作品はどう聴いても 戊 ( つちのえ ) なんだよー!

と思うのですが、どうでしょうかね?

 

戊&絶の人の作品を、丙寅 ( ひのえのとら ) の傷官・帝旺が演奏するとこうなる。

 

ちなみに 辛巳 ( かのとみ ) のショパンを、癸丑 ( みずのとうし ) の 劫財・帝旺 が演奏するとこうなる

これめちゃくちゃ好き

 

私と同じ 癸 ( みずのと ) の 傷官・帝旺 でも、それが中殺されると世界観はこうなる

マーク・シャガール、本当に空間枠が無い。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました