【 広告 】

異常干支の謎

 

皆さんこんにちは。すっかり春ですね。

日本もお花見ができるくらい桜が満開なようで、ネットで眺めて楽しんでいます。

今週から春休みが始まったので早起きや送り迎えが一旦停止でホッと一息。

さて、そういうわけでドイツも夏時間に切り替わりましたので

鑑定時間が10月30日まで、日本時間の17時スタートになります。

ご承知おきのほどよろしくお願いいたします。

 


 

私は自分の部屋に算命学の色々な図や表を貼りまくっていて、受験生の部屋のようになっているのですが

今日は十大主星が中殺された場合をもう一度勉強し直して

そこから 6種類の天中殺 × 生年中殺 or 生月中殺 をもう一度見直して

更にそのつながりで部屋に貼ってある異常干支の表をずーっと穴が開くほど見つめながら考えていました。

 

この異常干支たちは何故異常と言われるのか。

暗号異常干支は分かるのですよ。

暗号異常干支たちはそもそも結合するはずのない空間要素と時間要素が干合変化を起こすという異常事態を内包する

その縦の結合を伝って宇宙の気がこの世に漏れ込んでくるから異常性が出る。

( ってこれじゃ何のことかサッパリ分からないと思いますが

この辺天中殺、宿命中殺、異常干支、天剋地冲をまとめて全部説明できるのです。

が、それを纏めるまでもう少し理解を深めたいのでまだ書いていません。そのうち書くと思います。)

 

謎なのは通常異常干支だよ。

甲戌、乙亥はそれ自体が丸ごと天中殺みたいな天中殺干支とも言えるので、異常干支なのは分かる。

戊戌は縦横交わる中央の土性が強く、しかも因縁の溜まりやすい戌が地支で霊山を表すから?

でも戊辰は異常干支ではない。

同じ因縁の溜まりやすい戌がつく庚戌、壬戌も異常干支ではない。

庚子は水の上に岩が浮いているという自然界にあり得ない様子を表すから異常?

それと同じく辛亥は水に沈む宝石の原石・・・でも天恍星という現世星。

13の異常干支はそこから出て来る十二大従星が殆ど死後にもかかわらず

辛亥=天恍星

丁巳=天将星

の2つだけは生前の星。

でも丁巳は異常干支なのに、同じ火性で最身旺の丙午は異常干支ではない。

そもそも60ある干支の中からこれら13を『 異常ですね 』と選び出したのは誰なのだ?

そしてその根拠は?

 

異常干支に関しては情報がなさ過ぎて謎が多いのです。

以前国会図書館で原典算命学大系に頭を突っ込んで読み漁っていた時、それに飽き足らず

限度いっぱいまでコピーして帰って来たのですが、そのコピーを探しても異常干支の項目がない。

私のことだからこういう場合真っ先に異常干支について調べ、見つけたらそこをまずコピーしたはずなのです。

でもないってことは大系にも記述がなかったか、もしくは私が見落としたのか。

 

でも多分今手元にある専門書などで、算命学を隅から隅まで熟知して空で全部細かいところまで説明できるくらいにまでなれば

異常干支の意味も自然と分かるようになるだろうと思っています。

時間はかかる。

でもあまりに意外なところに、さらっといきなりすごいヒントが出て来るのが算命学。

そして突然あれとこれがパッとつながるのが算命学。

この調子で進んで行こうと思います。

 

Portrait of the Artist Ilya Repin, by Valentin Serov 私の大好きなロシアの画家、イリヤ・レーピンも丁巳の異常干支さん。

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

+68

コメント

タイトルとURLをコピーしました