天南星

十二大従星の天南星(冠帯)関連の記事です

算命学

暑い日には熱い命式を、料理研究家リュウジさん

あーっついよね! こちらも最近こんな感じ   ずーっと寒かったので友人と このまま冷夏で終わるんやろね~ とか言ってたのですがこの暑さ! 暑い暑い言ってても仕方ないがねー! と言わ...
学問的重要事項の考察

天南星と十大主星の組み合わせ

本日は天南星( 冠帯 )はどんな十大主星とコンビで出て来るか見てみましょう。 天南星といえば青年の星。 女王の星とも言いますが、その言葉のイメージ通り大変華やかです。 天南星を持っている人は黙っていても 独特の華やかさ があります。 私の頭の中の天南星は絵にすると絶対にこれ。
算命学

東と南の星の関係

自分の気持ちの上での初動、モチベーションと 行動の上での初動、モチベーションとの関係
算命学

十二大従星 (十二運勢)が3つとも同じ人一覧

十二大従星が3つとも同じ人 ( 一般人除く ) を一覧にしてみたのです
ameblo時代の記事

冠帯の陰転(2)陰転は感染する

昨日からの続き 注:念のため書いておきますが、この冠帯陰転さんは当然ながら鑑定依頼者ではありません ≪ 自分の世界 ≫ と言う枠、私という別の人間と自分との間の境界線を勝手に超えてきて、お前のせい...
ameblo時代の記事

冠帯の陰転(1)骨なし反骨精神

私は最近では 自分がどんな人物と関わるか、付き合うか に非常に気をつけているので、なかなか 陰転 の実例を目にすることがありません。 陰転とは、四柱推命でいう通変星や十二運勢の性質があまり好ましくない形で表面化すること。 ...
ameblo時代の記事

『 冠帯 』の人は一目見て分かる独特の華やかさがある(1)

いつも思うんですが、冠帯( 算命学でいう天南星 )を持つ人って見て分かります。 一目で分かる華やかさ がある。 華やかといっても煌びやかな中に黒が20%くらい混じる感じ。 赤・黒って感じかな? 冠帯って ...
ameblo時代の記事

モテる男の命式:エルドアン(2)

土の三刑 は、時には命にかかわるようなすごい面倒な事件、出来事、病気に見舞われる って星回り。 てことは、この人インタビューでも答えてるように、自作自演とかそもそも事前にクーデター情報掴んでたわけではなく、トルコの歴史&経験からそうい...
ameblo時代の記事

モテる男の命式:エルドアン(1)

今度こそ 軽い記事 を書こうと思ってスタートしたのに、まためちゃ濃くなってしまったわ・・・ さて・・・ モテる男の命式 正財: 男性から見たら妻を表す 偏財: 男性から見たら正妻以外の女性...
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました