作家

天中殺

土局潤下格で霊山の人、作家の金原ひとみさん

作家の金原ひとみさんのこの記事 「 日本に一時帰国してフランスに戻り、シャルル・ド・ゴール空港から自宅にタクシーで向かう道すがら ほっとするのではなく、なぜここにいるのだろうという思いが芽生え...
異常干支

霊感と30歳の年柱納音など

これまた辻仁成さんの記事が面白かったので: マネキンがウインクして来たり、動物や樹木、虫と会話したり、妖精に囲まれて育ったり 私には全くそういう経験はないけれど、あってもおかしくはないよなあ、などと拒絶せ...
ドイツ日常生活

ハレの幸福とケの幸福

「 ハレとケ 」とは、柳田國男( 民俗学者、官僚 )によって見出された、時間論をともなう日本人の伝統的な世界観のひとつ。 民俗学や文化人類学において「 ハレとケ 」という場合、ハレ( 晴れ、霽れ )は儀礼や祭、年中行事などの「 非日常...
天剋地冲

「チェブラーシカ」シリーズの作者、エドゥアルド・ウスペンスキー

父は暴君だった─「 チェブラーシカ 」の作家の娘が衝撃のDV被害告白 ロシアの児童文学家エドゥアルド・ウスペンスキーの絵本シリーズ『 ワニのゲーナ 』に登場する、チェブラーシカ。 日本でもアニメ化されるなど人気の高い愛くるし...
私について

『 多数派と真理を混同してはいけない 』

私はあの ベルリン天使の詩 の映画を思い出す時に 分かる人、必要な人にだけ通じる存在でいいと思うのです。 皆誰もが自分独自の真理と世界を持っていて、それぞれが全然違う。 多くの人と重なる人もいるけれど 多くの人と共通項があって、多くの人に賛同してもらえればそれが成功だとか、それが自分の本当の幸せかと言われるとそうじゃない。
◆ 重要

映画 “ ベルリン天使の詩 ” が最も伝えかったこと(2)

昨日の記事の続き: さて。 天使視点で世界が描かれる時、人々の心の呟き が聞こえるのですが これがね。 映画では本当に細やかな声で、もそもそ言っていて聞き取りにくい。 そ...
◆ 重要

映画 “ ベルリン天使の詩 ” が最も伝えかったこと(1)

昨日の今日ですが “ ベルリン天使の詩 ” という1987年のドイツ映画、観ました。 早っ!w 今ってYouTubeで映画一本2.99ユーロとかで観れるんだね、知らなかったわ。 便利だよねえ。 ...
異常干支

ノーベル文学賞、“ベルリン天使の詩” のペーター・ハントケ氏

さて。 キタよ。 キタ。 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ←だから古いとあれほど こう立て続けに三柱異常干支の人を発見するなんて、何か今月はツイてるのかも♪...
異常干支

辻仁成さん

辻仁成さんのツイッター うんうんそうだそうだ と思うことが良くあります。 けれどもそれよりも毎度強く感じるのは ものすごく辛そう ものすごくしんどそう ということ。 私は...
異常干支

三柱異常干支の人々( 随時更新中 )

干支というのは60種類ありますが、その中で 以下の13の干支が異常干支 と言われるものです。 甲戌、乙亥、戊戌、庚子、辛亥、丁巳 辛巳、壬午、丙戌、丁亥、戊子、癸巳、己亥 ここでご紹介するのは命式内の干支全て=100%が異常干支の人たちです。 だいたい100人に1人の確率でしか存在しません。 三柱異常干支を持つ人一覧:
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました